集英社マンガアートヘリテージ、GMUND AWARD 2021大賞受賞を記念し『ONE PIECE』『オルフェウスの窓』『バイオーグ・トリニティ』の作品を販売開始

世界的なデザインアワードのひとつ「GMUND AWARD」。そのアート部門において、集英社マンガアートヘリテージが大賞を受賞しました。これを記念した新作を販売します。

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社集英社がGMUND AWARD 2021大賞受賞を記念し、The Pressの新作を発表することをお知らせいたします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

GMUND(グムンド)は、ドイツ・バイエルン地方のテーゲルン湖畔に1829年に創業された製紙会社です。現在も稼働しているものとしてはヨーロッパ最古の、約200年前のペーパーマシンを使用しています。

そのGMUNDのファインペーパーを使ったプリント等を対象に、世界でもっとも優れたデザインやクリエイションを選ぶ「GMUND AWARD」。同賞のアート部門において、集英社マンガアートヘリテージが大賞を受賞しました。

https://www.gmund.com/events/gmund-award/

集英社マンガアートヘリテージは、2021年3月1日にサービスを開始した、集英社はじめての越境ECサービスです。「The Press」と名付けたシリーズでは、1960年代製のドイツ製活版平台印刷機を用い、マンガのモノクロの絵をプリント。NFTブロックチェーン販売証明書と連携させ、販売してきました。

プリントにあたり、数多くの紙をテストした中から選んだのが、コットン100%の「グムンドコットン マックスホワイト」です。その表面はスムーズで柔らかで、高い圧力でプレスされる活版平台印刷により、印刷面が沈む独特の表情が美しく現れます。

「GMUND AWARD 2021」の審査では、「マンガをアートに」という発想に審査員たちが驚き、比較するものがないために戸惑いもあったようです。最終的には、まったく新しい道を開いた点も高く評価され、大賞を受賞することとなりました。「触覚的なセンセーション(tactile sensation)」という言葉は、我々の挑戦に対する最大級の賛辞です。

この受賞を記念し、The Pressの新作を発表します。
尾田栄一郎『ONE PIECE』、池田理代子『オルフェウスの窓』、大暮維人『バイオーグ・トリニティ』。
この3作品から、印象的なシーンをセレクトしました。

(c)2022, Eiichiro Oda /Shueisha Inc. All rights reserved.
(c)2022, Eiichiro Oda /Shueisha Inc. All rights reserved.
(c)2022, Ikeda Riyoko Production /Shueisha Inc.  All rights reserved.
(c)2022, Ikeda Riyoko Production /Shueisha Inc. All rights reserved.
(c)2022, Oh!great & Otaro Maijo /Shueisha Inc. All rights reserved.
(c)2022, Oh!great & Otaro Maijo /Shueisha Inc. All rights reserved.

抽選販売申込受付期間は、2022年5月24日(火)〜5月31日(火)です。

↓プレビューと抽選販売申込はこちらから(作品詳細の閲覧には会員登録が必要です)。
https://mangaart.jp/ja/

エディションは各作品25枚に限定。その価値を保証し、次の世代へと引き継いでいくために、スタートバーン 株式会社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスを採用。来歴を永続的に記録していきます。

集英社マンガアートヘリテージ webサイト
https://mangaart.jp/ja

企業情報

企業名株式会社集英社
代表者名廣野眞一
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。