日本初のNFTアート発アニメ化プロジェクト「Zombie Zoo」のアニメ化映像を公開!抽選でNFTプレゼントキャンペーンを開催中!

日本初のNFTアート発のアニメ化プロジェクト「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」のアニメ化映像が、東映アニメーション公式YouTubeチャンネルに公開されました。

原案は、メディアやSNSで大きな話題を呼んだ9歳の日本人少年・Zombie Zoo Keeper(ゾンビ・ズー・キーパー)によるNFTアートコレクションです。

ディレクターをずっと真夜中でいいのに。やGReeeeNのMVを手がけるYURUPPEのYP氏、 キャラクターデザインとアニメーション作画を「デジモンアドベンチャー」と初音ミクのコラボ企画などに参加したサメヤマ次郎氏が務めており、テーマソングを手掛けるのは、ドラマ出演や主題歌タイアップ、大型CMタイアップなどで大活躍中のFIVE NEW OLD。本映像のために新曲「Nowhere」が書き下ろされました。

「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」とは、9歳の日本人の少年・Zombie Zoo Keeper(ゾンビ・ズー・キーパー)によるNFTアートプロジェクトです。2021年に夏休みの自由研究として、母親であるアーティストの草野絵美さんと共に始めました。累計250点以上にも及ぶピクセルアートは全てiPadで描かれており、NFTマーケットプレイスのOpenSeaで販売されています。

この発表に対して、原案を作成したZombie Zoo Keeper氏の父親である山岡潤一氏は、

「🚀 #ZOMBIEZOOANIME
GIVEAWAY🚀4/5

息子原案の ZOMBIE ZOOが
東映アニメによって映像化しました🎊」

と投稿。

NFTのプレゼント企画などを通して、大きな盛り上がりを見せています。

そして、この発表を受けてSNS上では、

「ZombieZooのアニメPV
とても感動しました…
絵描きにとって自分の絵が動くというのは夢だと思います。

そんな夢を思い出させてくださりありがとうございます🙂」

「Zombie Zoo Keeper くん こんなかたちでも活躍とは 楽しみですね♡」

「日本初!Zombie ZooがNFTからアニメ化したのだけど、このYouTube見るだけでワクワクしかない🥺🔥子どもといっしょに見たいなぁ✨めちゃくちゃ楽しみ!!!」

など、期待感と満足感で溢れていました!!

▼本件プレスリリースはこちら