MoonDAOで『宇宙旅行』のNFTチケットが当たるキャンペーン開催
  • MoonDAO は、Blue Originから宇宙旅行のチケットを2枚購入した。NFTの公開抽選機能を利用し、当選者を決定する。
  • 『宇宙旅行』のNFTチケットをミント(発行)すれば、誰でも宇宙に行くチャンスが手に入る。NFTチケットをミントするには、あらかじめムーンリストに登録のこと。
  • NFTチケットは5月29日午後3時(UTC)以降、無料でミントできる。

MoonDAOは5月5日、Blue Originのロケット「ニュー・シェパード号」の宇宙旅行チケットを購入したと発表した。さらに後日、MoonDAOは、新しい NFTコレクション「Ticket to Space」の所有者は、宇宙に行くチャンスを獲得できると発表した。

MoonDAOは「Ticket to Space」NFTを無料で配布しているので、宇宙に行くチャンスは誰にでもある。NFTをミントさえすれば、Blue Originのロケットに搭乗する権利が得られるのだ。『宇宙旅行』のNFTチケットは9,060ピースに分割され、一人一枚だけ入手できる。ユーザーは事前にムーンリストに登録しておく必要がある。

『宇宙旅行』のNFTチケット(無料)

MoonDAOの「Ticket to Space」NFTをミントするには、MoonDAOのムーンリストに登録いただきたい: app.verisoul.xyz/moondao.

ムーンリストへの登録は簡単。ユーザーはTwitterかDiscordのアカウントで本人確認を行う。ムーンリストに参加すると、5月29日の午後3時(UTC)にNFTを作成するための名簿に追加される。

抽選方法

6月5日に、すべての「Ticket to Space」NFT所有者のスナップショットが作成される。NFT保有者は公開抽選の対象となり、当選者は宇宙(そら)に飛ぶことができる。ただし、当選者はBlue Originの要求する身体的要件を満たす必要がある。また、Blue Originは、単独かつ絶対的な裁量により、すべての応募者を審査し、宇宙旅行の権利を承認または拒否する権利を留保するものとする。

「Ticket to Space」NFTの特典

宇宙へ行くチャンスとは別に、NFTの保有者は、DAO(分散型自律組織)のガバナンストークンであるMOONEYのエアドロップを受ける特典が与えられる。MOONEY保有者は、DAOの正式なメンバーとなり、MoonDAOの経営上の意思決定に参加することができる。さらに、DAOプロジェクトへの特別アクセス、宇宙旅行者の歓送パーティーへの参加権、NFT所有者専用のDiscordへのアクセスなど、様々な特典を受けることができる。

MoonDAOの原点

MoonDAOは、2021年11月、宇宙研究と探査へのアクセスを分権化するというミッションのもとに設立された。Juiceboxでローンチされた当初の目標調達額は45万ドルである。以来、メンバーを宇宙飛行士として宇宙に送り出すことを目標に、2,623 ETHの調達に成功した。 (終了時点で約830万ドルに相当) 

同コミュニティには現在、4,000万ドルを超える資金を有する。コミュニティにとって最近の宇宙旅行プロジェクトは、MoonDAOの設立目的である宇宙探査の最初のマイルストーンとなるが、これはまだ序の口にすぎない。プラットホームには、すでに今後数年のロードマップが掲載されている。

MoonDAOの次の一手は?

MoonDAOは、宇宙研究と探査へのアクセスを分権化するという野心的なミッションを持つ。宇宙関連プロジェクトの国際協力を促進し、新しいタイプの組織の構築に力を尽くしている。

組織のミッションに従い、MoonDAOは最近MoonDAOプロジェクトを計画した。これは、MoonDAOの掲げるミッションを推進する世界中のプロジェクトに、最初の1ヶ月で5万ドルを提供するものだ。プロジェクトは、研究、エンジニアリング、ガバナンス、国際宇宙協力、アートなど多岐にわたり、現在進行中のプロジェクトには、MoonDAOサテライトの建設、宇宙空間でのミュージックビデオの制作(世界初)、MoonDAOロケットの設計につながる予備プロジェクトが含まれる。

MoonDAOに参加するには?

MoonDAO Discordに参加するだけだ。誰でも簡単にMoonDAOに参加することができる。コントリビューターは、MoonDAOのガバナンストークンMOONEYを購入することもできる。トークン所有者はDAOの経営に参加し、人類を銀河系の未来に導き、人類全員を宇宙船に搭乗させるという究極の目的に向かって尽力する。

MOONEYトークンには、利益の配当がない。もっぱらガバナンストークンとしての機能を有する。また、トークンは、会社資産の分割所有権も有しない。詳細と免責事項については、FAQを確認いただきたい。

詳細については:

MoonDAOを紹介するブログ記事も参照いただきたい。