「昭和百年展 in 渋谷芸術祭2022」開催

リアルとメタバースを融合したアート展示とNFTの販売を開始

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、大日本印刷株式会社が、国際文化観光都市となることを目指して東京都渋谷区が取り組む文化事業「渋谷芸術祭2022」において、リアル(実世界)とメタバースを融合した「昭和百年展 in 渋谷芸術祭2022」を開催することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

大日本印刷株式会社(DNP)は、国際文化観光都市となることを目指して東京都渋谷区が取り組む文化事業「渋谷芸術祭2022」において、リアル(実世界)とメタバースを融合した「昭和百年展 in 渋谷芸術祭2022」を開催します。2022年11月12日(土)に渋谷モディ 店頭プラザで展開されるアート展示に先駆けて、11月7日(月)から「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」でのNFTアート展示と、ウェブブラウザからアクセス可能な「バーチャル東京アニメセンター」でのメタバース展示を行います。また、開催を記念して、展示会来場者に向けて、NFT(非代替性トークン)の無償配布も実施いたします。

「渋谷芸術祭2022」メインビジュアル「渋谷芸術祭2022」メインビジュアル■「昭和百年展 in 渋谷芸術祭2022」の開催概要
1) 新進気鋭のアーティスト23名とサイバーパンクアーティスト8名の作品の展示イベント
○開催日時 : 2022年11月12日(土)~13日(日) 11:00~20:00
○会場 : 渋谷モディ 店頭プラザ(東京都渋谷区神南1丁目21−3)
○入場料 : 無料                  
○主催 : 大日本印刷株式会社
○参加アーティスト(五十音順) : Utomaru/がーこ/Kazuya Ohyanagi/金澤ひろし/KICO/ケイゴイノウエ/zaoeyo/たいら かける/高橋悠/Takuan Paradise/CHA2/Tsumugi/nagafujiriku/NIKO24/ハルタスク/藤田将/Max Prentis/藻洲転石/Yamamoto Yuma/ゆうたONE/澪衣/ROKUMORI/涌井嶺
○サイバーパンクアーティスト(五十音順) : OIRAN製作実行委員会/サイバーおかん/CHA2/にゃいでん/♠NoMuR(XXV-100)/BADASS ▽ DELTA〈未来の残党〉/Black Rocket Lab. y-kurokawa/rejoys
○見どころ
・30枚のディスプレイが彩るサイネージツリー
・電話BOX型フォトブース「CONNECT TO SHOWA100」
・和Cyber「OIRAN」降臨
・CYBERXPUNKERが手掛けるサイバーパンクコンセプト展示

2)「Collective NFT」のフィジカルアート展示
「昭和百年展」参加アーティストらによるCollective NFT「Showa100 Exhibition Artist Collection」全17点を「2.5Dアート」として展示します。 NFTから独自のレリーフ・ペインティング技術を活用した高品質のフィジカルアートを製造するプロジェクトGASHO2.0が手掛ける日本の特殊な塗装技術を使用したアートです。
○開催日時 : 2022年11月7日(月)~11月13日(日) 11:00~20:00
○会場 : 東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA
(東京都渋谷区神南1丁目21−3 渋谷モディ2F)
○入場料 : 無料
○主催 : 大日本印刷株式会社/協力 : 株式会社Raptors

3)昭和百年展 in バーチャル東京アニメセンター
ウェブブラウザでアクセス可能な「バーチャル東京アニメセンター」をオープンします。物理的な制約を受けないメタバースの特性を活かし、より多くの作品の魅力を伝えるため、参加アーティスト23名の150点を超える作品をバーチャル空間で展示します。動画作品も多数展示するほか、渋谷をモチーフにした周辺のストリート空間で「OIRAN」の3Dモデルを展示します。また、今回販売するCollective NFTも空間内に展示し、利用者は気に入ったNFTをNFTマーケットプレイスから購入できます。利用者が分身として選択できるアバターには、昭和百年展にも参加している6名(KICO、ケイゴイノウエ、高橋悠、藤田将、Max Prentis、ゆうたONE 【五十音順】)がクリエイションを手がけ、「サイバーパンク・ジュブナイル」を標榜した世界観で注目を集める音楽×物語×メタバース・プロジェクト「十五少女」の主人公の一人、「伊田知リン」が登場します。リアルな渋谷の会場に行けない世界中のアートファンも、作品の魅力を体感できる内容です。

バーチャル東京アニメセンター 展示イメージバーチャル東京アニメセンター 展示イメージ ○開催日時 : 2022年11月7日(月)~11月30日(水)
○会場 : バーチャル東京アニメセンター (https://tokyoanimecenter.jp/event/showa100_sas/
○入場料 : 無料
○主催 : 大日本印刷株式会社

4)NFTマーケットプレイスでのNFTコレクション販売
本展示会では、「昭和百年展」参加アーティストらによるNFTコレクションを販売します。
〇販売開始日 : 2022年11月7日(月)より毎日21:00スタートにて随時販売
〇NFTマーケットプレイス : Foundation
〇コレクション名  : Showa100 Exhibition Artist Collection
〇コレクションURL : https://foundation.app/collection/seac-3501
〇出品形態 : オークション

5)開催を記念したNFTの無償配布
展示作品でもある電話BOX型フォトブース「CONNECT TO SHOWA100」をNFT化して、リアル会場の展示会来場者に無償で配布します。「バーチャル東京アニメセンター」内でもクイズに答えることで、受け取ることが可能です。

〇配布開始日 : 2022年11月07日(月)~11月30日(水)
〇NFT配布サービス : SUSHI TOP SHOTSHOT
〇協力 : SUSHI TOP MARKETING株式会社
※「CONNECT TO SHOWA100」をお持ちの方は「NFT Shisha Bar Singularity Tokyo」にて、ノンアルコールドリンク1杯をプレゼントします(2022年11月7日(月)~13(日)の期間限定で実施)。

「CONNECT TO SHOWA100」Photo by 森山将人(TRIVAL)「CONNECT TO SHOWA100」Photo by 森山将人(TRIVAL)

【今後の展開】
DNPは、コンテンツ文化とクリエイティブ業界の発展を目指すDNPクリエイター共創サービス「FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)」と、リアルとバーチャルの双方で新しい体験価値を創出する「XRコミュニケーション事業」の掛け合わせなどにより、生活者に新しい価値を提供します。「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」のリアルな場に加え、「バーチャル東京アニメセンター」も活かして、企業や各施設との連携を深め、国内外のクリエイターやコンテンツホルダー等とともに、多様な企画を実施していきます。
「昭和百年展」は、和暦が「昭和」の場合、2025年が「昭和百年」になるという発想から始まりました。2025年という節目に向けて今後、さらなる規模の拡大を目指します。

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

企業情報

企業名大日本印刷株式会社
代表者名北島義斉
業種製造業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例