【Web3.0会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」が都内某所にオープン予定】MAYCを日本で初めてアイコンに使用

〜猿のNFTでつながる大人気コミュニティ「Mutant Ape Yacht Club」。そのアイコンを使用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」がリアルの世界に!〜

世界的なNFTコレクション 「Bored Ape Yacht Club」(読み:ボアード エイプ ヨット クラブ。以下BAYC)に用いられている猿のキャラクターが、“突然変異した”というコンセプトで誕生した「Mutant Ape Yacht Club」(読み:ミュータント エイプ ヨット クラブ。以下MAYC)。

そのアイコンを日本で初めて利用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」が2022年10月、都内某所に誕生予定であることが発表されました。

MUTANT STAND 概要

「MUTANT STAND」は、国内外でのWeb3.0コミュニティの交流や活性化を目的として、NFTを中心にWeb3.0と様々なカルチャーを独自の視点からクロスオーバーしたイベントやコンテンツ、グッズ販売などを現在企画中とのこと。これに先駆けて、ティザーサイトがオープンしました。(オンラインストアは近日オープン予定)

HP:https://www.mutantstand.xyz/ 
Instagram:https://www.instagram.com/mutantstand/ 

スヌープドッグ、エミネム、ステファン・カリー、ジャスティン・ビーバーら、さまざまなジャンルの著名人が手にする人気プロジェクトBAYCやMAYCなどのジェネレーティブNFTは全てが「一点モノ」となっているため、希少性が高く、価格も高騰しています。

BAYCとは?を詳細に知りたい方はこちら

2022年3月時点で、総取引数量は1200億円相当となっています。それを三次元に登場させた「MUTANT STAND」は、都内からグローバルにWeb3.0の可能性を拡張し、加速してゆくでしょう。

SNSでの反応

「このような取り組みや世界観が創出されていくタイミングを実感出来て楽しい」

「海外に続き、日本でも NFTコミュニティのリアルイベントが開催される予定です✨」

「MUTANT STAND is scheduled to open in October 2022 in Tokyo.
For the first time in Japan, a members-only community space using the Mutant Ape Yacht Club icon.
Soooooo excited!」

「猿がキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━!!!!!」

「MUTANT STAND」の詳細情報は以下まで

問い合わせ窓口:llfg@mutantstand.xyz 
担当:井田
公式サイト:https://www.mutantstand.xyz/

他のWeb3リアルコミュニティスペースが知りたい方はこちら