テレビ朝日新番組 お願い!ランキングpresents「そだてれび」で放送!「エモエフティーやってみた!」 漫画家・藤村緋ニ先生と共同でOpenSeaにてNFTのオークション販売を開始。

漫画 × NFT市場の将来性 ユニークかつナラティブな魅力・価値の提供に向けて

この記事では、CryptoGames株式会社が、テレビ朝⽇で放送中の新番組 お願い!ランキングpresents「そだてれび」内の企画である「エモエフティー やってみた!」と共に漫画家・藤村 緋ニ先⽣の書き下ろし作品のNFTアートの販売⽀援を実施したことをお知らせいたします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を⾏う、CryptoGames株式会社(東京都渋⾕区、代表取締役:⼩澤 孝太)は、テレビ朝⽇で放送中の新番組 お願い!ランキングpresents「そだてれび」内の企画である「エモエフティー やってみた!」と共同で、NFTマーケットプレイス「OpenSea」における漫画家・藤村 緋ニ先⽣の書き下ろし作品 「GLORY JK DAYS 」のNFTアートの販売⽀援を実施したことをお知らせいたします。

漫画家・藤村 緋ニ先生の書き下ろし作品「GLORY JK DAYS」NFTアート


■ 漫画家・藤村 緋ニ先生の書き下ろし作品「GLORY JK DAYS」NFTアート 販売概要

漫画家・藤村 緋ニ先生の書き下ろし作品「GLORY JK DAYS」NFTアート


実写映画化された人気漫画「神さまの言うとおり」で知られる藤村 緋ニ先生がはじめてのNFTに挑戦する本取組は、2022年5⽉12⽇20時までの期間で1点限定で販売されます。 

NFT名:「GLORY JK DAYS」 
販売場所 URL:https://opensea.io/assets/0xbc6729b2acc0639be26bdedc1fd67083f3fc350b/1 
販売終了⽇:2022年5⽉12⽇20時(JST)
※販売終了時期は変更となる可能性があります。 
販売開始価格:0.1wETH〜 

■ 漫画コンテンツ × NFT市場の将来性 

個人のクリエイターが作品をNFTを活用して発表することで、従来のファンや国内外のNFTコレクターから高い関心を集め、そのことでデジタル上で独自の世界観を作品として表現する場や相互的に交流を深められるコミュニティが新たに構築されています。

漫画コンテンツ領域においては、その作品が本来的に有するストーリー性や画力といった魅力・価値のみならず、作者がコミック上で読者とふれ合う質問コーナーを設け、作品に独自性を創出するといった取り組みが行われてきました。

また、コミック上の挿絵として、過去に登場したキャラクターが登場する並行世界が描かれることなども作者が作中では表現していないユニークかつナラティブな魅力・価値をファンに届ける取り組みとして展開されています。

実写映画化された人気漫画「神さまの言うとおり」で知られる藤村 緋ニ先生がはじめてのNFTに挑戦する本取組においては、4人の女子高生の日常を描いたイラストが書き下ろされており、藤村先生の描く新たな世界観が表現された作品となっています。

これまで描かれることのなかった表現によって、作者が手がける漫画を親しんできたファンにユニークかつナラティブな魅力・価値を提供することは、新たなビジネスの可能性を広げることにも繋がっていくことでしょう。

作者自身が思いのままに作品を表現し、その表現自体をデジタルコンテンツとして提供できる場が生まれることで、漫画コンテンツのみならずさまざまな領域でコンテンツの資産化が促進されるとされ、より多くのクリエイターとファンがデジタル上で新たなエコシステムを構築することを私たちは目指しています。

■ 本取組におけるロードマップ 

1 OnCyberにおける藤村 緋ニ先⽣のNFT展⽰会

OnCyberにおける藤村 緋ニ先⽣のNFT展⽰会


本取組で発⾏、販売されているNFTをメタバース空間「OnCyber」にて展⽰いたします。 
下記のURLからどなたでも作品の鑑賞が⾏えるためお気軽にご参加ください。 

「エモエフティーデジタル美術館」
 URL:https://oncyber.io/spaces/zGdKp8C8NzAvekdSln1q 

また、チラシやポスターに印字されたQRコードから藤村 緋ニ先⽣のNFT展⽰会に参加することもでき、イベント時に活⽤することでリアルとデジタルが溶け合う新たな経済圏に関する理解醸成を図ります。 

2 OpenSea オークション販売 

暗号資産を購⼊したことのない⽅でもオークションに参加できるようにメタマスクの開設方法・ETHからwETHへのスワップ⽅法を下記のURLにまとめています。 

・メタマスクの開設方法

OpenSea オークション販売


URL:https://note.com/nftstudio/n/n12ce8823e34c

・ETHからwETHへのスワップ⽅法

OpenSea オークション販売


URL:https://note.com/nftstudio/n/n3b6f0acc8609

ウォレット開設や暗号資産の取り扱いがはじめての⽅向けのサポート体制も整備していますので、お困りのことがございましたら「info@cryptogames.co.jp」までお問い合わせください。 

3 漫画コンテンツ × NFT市場の創出

今後も様々な漫画家が「エモエフティーやってみた!」の企画に続々参戦を予定をしており、番組放映、連携を通じてデジタルなコンテンツエコシステムの構築を促進することを目指してまいります。

◼藤村 緋ニ先⽣について 

藤村 緋ニは、2011年「別冊少年マガジン」の『神さまの言うとおり』(原作:金城宗幸)で漫画家デビューし、2013年には第弐部である『神さまの言うとおり弐』(原作:金城宗幸)を連載するなど卓越した画力と表現力が日本国内でも高く評価されている人気漫画家です。
その他の作品に『グラシュロス』(原作:金城宗幸)、『愛しています、キョーコさん。』(原作:のざわたけし)、『永久×バレット 新湊攻防戦』(原作:モリオン航空)などがあります。

◼「エモエフティーやってみた!」について 

お願い!ランキングpresents「そだてれび」のロゴ


お願い!ランキングpresents「そだてれび」(週⽉〜⽊曜 深夜0時45分〜1時20分 ※関東ローカル)で放送! NFTアートにプロの漫画家が挑戦!世界的にも⼈気の⾼い『⽇本の漫画家が描く“美少⼥”』をNFTアートとして販売する企画!! 

番組HP:https://www.tv-asahi.co.jp/onegai_chosenkyo/ 
番組Twitter:https://twitter.com/onegairank

◼️CryptoGames株式会社について

CryptoGames株式会社のロゴ


NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。

2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

社名: CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7,300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

TV Asahi's new program "Please! Ranking" presents "Emo FT I tried it!", which is being broadcast on "SodateRebi", has started selling NFT auctions at OpenSea in collaboration with manga artist Akeji Fujimura.

Manga x NFT Market Future To provide unique and narrative appeal and value

CryptoGames Co., Ltd. supported the sale of NFT art for "GLORY JK DAYS", an illustration drawn by the manga artist, Akeji Fujimura, at the NFT marketplace "OpenSea".

This project was carried out in collaboration with "Emo FT I tried it!", Which is a project in the new program "Please! Ranking" presents "Sodaterebi" being broadcast on TV Asahi.

漫画家・藤村 緋ニ先生の書き下ろし作品「GLORY JK DAYS」NFTアート


■ Illustration "GLORY JK DAYS" NFT art sales overview drawn by cartoonist Akeji Fujimura

漫画家・藤村 緋ニ先生の書き下ろし作品「GLORY JK DAYS」NFTアート


Akeji Fujimura, who is known for the popular live-action manga "As God Says", will take on the challenge of NFT for the first time. 

NFT name: "GLORY JK DAYS"
URL: https://opensea.io/assets/0xbc6729b2acc0639be26bdedc1fd67083f3fc350b/1
End of sale: 20:00 on May 12, 2022 (JST)
* Sales end time is subject to change.
Sales start price: 0.1wETH ~

■ Manga content × Future potential of the NFT market.

Individual creators use NFT to present their works, which has attracted a great deal of interest from traditional fans and NFT collectors in Japan and overseas.

As a result, a place to digitally express a unique worldview as a work and a community where mutual exchange can be deepened are newly constructed.

In the manga market, efforts have been made to create uniqueness in the work by setting up a question corner where the author can interact with the reader of the comic, in addition to the attractiveness and value such as story and drawing power.

In addition, as an illustration on the comic, the parallel world in which characters that appeared in the past appear is drawn as an effort to deliver unique and narrative charm and value to fans that the author does not express in the work.

In this initiative by Akeji Fujimura, who is known for the popular live-action movie "As the Gods Will", to challenge NFT for the first time, illustrations depicting the daily lives of four high school girls are drawn down.

It is an illustration that expresses a new world view drawn by manga artist Akejii Fujimura.

Providing unique and narrative charm and value to fans who have been familiar with the manga created by the author through expressions that have never been drawn will lead to the expansion of new business possibilities. prize.

It is said that by creating a place where the author himself can express his work as he wishes and provide the expression itself as digital content, the capitalization of content will be promoted not only in manga but also in various fields.

We aim to create a new ecosystem digitally for more creators and fans.

■ Roadmap for this initiative

1 Akeji Fujimura's NFT exhibition at OnCyber

OnCyberにおける藤村 緋ニ先⽣のNFT展⽰会


The NFTs launched and sold under this initiative will be displayed in the metaverse space "OnCyber".
Anyone can appreciate the work from the URL below, so please feel free to join us.
"Emo FT Digital Museum"

URL: https://oncyber.io/spaces/zGdKp8C8NzAvekdSln1q

You can also participate in the NFT exhibition of Akeji Fujimura from the QR code printed on the leaflets and posters.

By utilizing it at the time of the event, we aim to foster an understanding of a new economic zone where real and digital are fused.

2 OpenSea auction sale

The following URL summarizes how to open MetaMask and how to swap from ETH to wETH so that even those who have never purchased crypto assets can participate in the auction.

・ How to open MetaMask

OpenSea オークション販売


URL: https://note.com/nftstudio/n/n12ce8823e34c

・ Swap method from ETH to wETH

OpenSea オークション販売


URL: https://note.com/nftstudio/n/n3b6f0acc8609

We also have a support system for those who are new to opening wallets and handling crypto assets, so if you have any problems, please contact "info@cryptogames.co.jp"

3 Manga x NFT market creation

In the future, various manga artists are planning to participate in the "Emo FT Try!" Project one after another.
We aim to promote the construction of a digital content ecosystem through program broadcasting and collaboration.

■ Introduction of Akeji Fujimura

Akeji Fujimura made his debut as manga artist in 2011 "As the Gods Will" (Original: Muneyuki Kaneshiro) in "Bessatsu Shonen Magazine", and in 2013, the second part "As the Gods Will" (Original: Kaneshiro). Muneyuki) is serialized. He is a popular manga artist whose outstanding drawing power and expressiveness are highly evaluated in Japan. Other works include "Grashros" (Original: Muneyuki Kaneshiro) and "I love you, Kyoko-san. (Original: Takeshi Nozawa), "Permanent x Barrett Shinminato Battle" (Original: Morion Airlines), etc.

◼ About “Emo FT I tried it!”

お願い!ランキングpresents「そだてれび」のロゴ


Broadcast on “Please! Ranking” presents “Sodaterebi”! (Weekly to Sunday midnight 0:45 to 1:20 * Kanto local) .

Professional manga artists challenge NFT art! A plan to sell the world-famous “Beauty girl drawn by a Japanese manga artist” as NFT art !!

Program HP: https://www.tv-asahi.co.jp/onegai_chosenkyo/
Program Twitter: https://twitter.com/onegairank

◼️ About CryptoGames Co., Ltd.

CryptoGames株式会社のロゴ


CryptoGames Co., Ltd., which develops NFT services, officially released the blockchain game “Crypto Spells” that can be played without wallet Ethereum on June 25, 2019. Crowdsale sales exceeded 900 ETH, the highest record in Japan at that time. In June 2020, we also carried out the first terrestrial TV commercial. In March 2021, we released the creator’s NFT sales platform “NFT Studio” that supports credit card payments, and in April 2021, we started offering “NFT Studio OEM”.
Company name: CryptoGames Co., Ltd.

Established: April 20, 2018
Capital: 73 million yen (including capital reserve)
RepresentativeDirector: Kota Ozawa
Business: Development and operation of blockchain game “Crypto Spells” and NFT service
URL: http://cryptogames.co.jp/
Email: info@cryptogames.co.jp

企業情報

企業名CryptoGames株式会社
代表者名小澤孝太
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。