ケイゴイノウエ 作品の落札総額 日本円で1,000万円超え!世界規模のNFTマーケットFoundationにて。連作企画「NADESHIKO」第二作目「椿- TSUBAKI-」226万円で落札。

国内トップアーティストである、「Ado」「Eve」「Kizuna AI(キズナアイ)」らとコラボレーションを実施してきた、最先端を走る 映像イラストレーター/アーティスト ケイゴイノウエ。そのアート連作企画「NADESHIKO」の第二作目「椿- TSUBAKI-」が、世界規模のNFTマーケットFoundationへ出品され、4.6751 イーサリアム(ETH)日本円換算2,266,310円で落札される快挙を達成。現在Foundationへ出品されている16点の作品は全てソールドアウトされ、全作品の落札総額は日本円への換算で1,000万円を超えている。

シリーズ第2弾「椿-TSUBAKI-」

「椿- TSUBAKI-」

連作企画「NADESHIKO」の第三作目は12月4日(土)25:00(日本時間)でのリリースを予定。連作企画「NADESHIKO」は合計四作品を予定している。

シリーズ第2弾「椿-TSUBAKI-」の紹介
ケイゴイノウエ氏のNFT企画

KEIGO INOUE (@keigoinoue) | Foundation
https://foundation.app/@KEIGOINOUE

作品の販売画面

NFTとは(Non Fungible Token)の略、「非代替性トークン」とよばれることもある。
アートや音楽、コレクターズアイテムなど、唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産にブロックチェーン上で所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークンのことで。新たな売買市場やビジネスを創出する技術として注目されている。

  • Foundation

Foundationとは、新しいクリエイティブエコノミーを構築することを目的としたNFTプラットフォーム。クリエイターがイーサリアムのブロックチェーンを使用し、まったく新しい方法で作品を評価し、サポーターとの強いつながりを築くことができるプラットフォーム。

Foundation
https://foundation.app/

  • 【ケイゴイノウエ】
ケイゴイノウエ氏のアイコン画像


大阪府出身。 ゲーム会社でキャラクターモデラ―として勤務後、漫画家のアシスタントを経てイラストレーターの活動をし始める。2021年現在は映像イラストレーターとして活動。 ダンサーとしても活動をしていた経験からストリートカルチャーへの造詣も深い。 2020年SNSを中心に注目を集め、ビビットな色使いとモーショングラフィックスやエフェクト等を混ぜ合わせたサイバーパンクな世界観を表現したイラストを発表。 2021最も話題のアーティストAdo、Eve、アニソンシンガー ニノミヤユイ等のMV等を担当。

Official Web Site:https://www.keigo-inoue.com/
Twitter:https://twitter.com/mushiki_k
Instagram:https://www.instagram.com/keigoinoue_2020

企業情報

企業名ISARIBI株式会社
代表者名榊原敬太
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら