NFT3作品の合計約606万円!今話題のアーティスト「ケイゴイノウエ」の最新作-KEIGO INOUE 2022 First Collection-が自身の最高値記録更新で落札!

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、ISARIBI株式会社が、ケイゴイノウエ氏の最新作が自身の最高値記録更新で落札されたことを発表しました。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

KEIGO INOUEの2022年新作「KEIGO INOUE 2022 First Collection」3作品が合計20.02 イーサリアム(ETH)日本円換算 約606万円で落札。

KEIGO INOUE (@keigoinoue) | Foundation
https://foundation.app/@KEIGOINOUE

国内トップアーティストである、「Ado」「Eve」「Kizuna AI(キズナアイ)」らとコラボレーションを実施してきた、最先端を走るアーティスト「ケイゴイノウエ」。その、ケイゴイノウエのアート連作企画「KEIGO INOUE 2022 First Collection」の3作品「VOGUE」「WAVE」「COMMON ERA 2025」の3作品が、世界規模のNFTマーケットFoundationへ出品され、20.02 イーサリアム(ETH)日本円換算 約606万円で落札される快挙を達成。ケイゴイノウエのNFT作品の落札総額は63.7348 イーサリアム(ETH)となった。

NFT3作品の合計約606万円!今話題のアーティスト「ケイゴイノウエ」の最新作-KEIGO INOUE 2022 First Collection-が自身の最高値記録更新で落札!


「KEIGO INOUE 2022 First Collection」3作目の「COMMON ERA 2025」は、メタバース(仮想空間)関連会社 RTFKT Studiosの共同創設者であるBenoit Pagotto氏によって落札。過去に、彼の落札で注目度が上昇したアーティストコレクションは、売最低価格(フロアプライス)が、大きく上昇したこともあり、今後のケイゴイノウエのNFT作品に注目が集まる。

また、今回の「KEIGO INOUE 2022 First Collection」オークション終了後には、次のプロジェクトの予告が公開され次回作に期待が持たれる。
https://twitter.com/keigoinoueo/status/1495412826655002626

KEIGO INOUE 2022 First Collection「VOGUE」

「KEIGO INOUE 2022 First Collection」  「VOGUE」
「KEIGO INOUE 2022 First Collection」 「VOGUE」

KEIGO INOUE 2022 First Collection「WAVE」

「KEIGO INOUE 2022 First Collection」  「WAVE」
「KEIGO INOUE 2022 First Collection」 「WAVE」

KEIGO INOUE 2022 First Collection「COMMON ERA 2025」

「KEIGO INOUE 2022 First Collection」  「COMMON ERA 2025」
「KEIGO INOUE 2022 First Collection」 「COMMON ERA 2025」

KEIGO INOUE (@keigoinoue) | Foundation
https://foundation.app/@KEIGOINOUE

NFT
NFTとは(Non Fungible Token)の略、「非代替性トークン」とよばれることもある。
アートや音楽、コレクターズアイテムなど、唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産にブロックチェーン上で所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる非代替性のデジタルトークンのことで。新たな売買市場やビジネスを創出する技術として注目されている。

Foundation
Foundationとは、新しいクリエイティブエコノミーを構築することを目的としたNFTプラットフォーム。クリエイターがイーサリアムのブロックチェーンを使用し、まったく新しい方法で作品を評価し、サポーターとの強いつながりを築くことができるプラットフォーム。

Foundation
https://foundation.app/

【ケイゴイノウエ】

大阪府出身。 ゲーム会社でキャラクターモデラ―として勤務後、漫画家のアシスタントを経てイラストレーターの活動をし始める。2021年現在は映像イラストレーターとして活動。 ダンサーとしても活動をしていた経験からストリートカルチャーへの造詣も深い。 2020年SNSを中心に注目を集め、ビビットな色使いとモーショングラフィックスやエフェクト等を混ぜ合わせたサイバーパンクな世界観を表現したイラストを発表。 2021最も話題のアーティストAdo、Eve、アニソンシンガー ニノミヤユイ等のMV等を担当。

Official Web Site:https://www.keigo-inoue.com/
Twitter:https://twitter.com/mushiki_k
Instagram:https://www.instagram.com/keigoinoue_2020

<会社情報>

ISARIBI株式会社のロゴ


ISARIBI株式会社
設立:2020年4月

代表者:榊原敬太
WEB:https://www.isaribi.net/

所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-13-2 LIFORK AKIHABARAⅡ R5C
事業内容:エンターテインメントプロデュース / プロモーションおよびプランニング / エンターテインメントコンテンツ / イベント制作 / アーティスト・クリエイターマネージメント

ISARIBI株式会社は、代表取締役の榊原敬太を中心として、株式会社ホリプロインターナショナル、株式会社アノマリー、株式会社グローバルビジネスラボより資本出資を受け、資本連結している気鋭のクリエイティブ会社全10社(株式会社アブストリームクリエイション、アズビット株式会社、株式会社アニエラ、株式会社ARTiMADE、渋都市株式会社、株式会社Rebrast、Speeedy株式会社、株式会社addgroove、株式会社FNMD、株式会社霙柑)との機能協業体制を構築し、13個の「才能」と「技術」によって、新しい次代のエンターテインメントを創造し、革新的な事業を展開することをミッションとしています。

企画制作機能、営業・広告代理機能を中心として、エンターテインメント事業に付随する「企画・演出事業」「ライブ制作事業」「フェス事業」「マネジメント事業」「IP創作事業」「映像制作事業」「ダンス事業」「インフルエンサー事業」「YouTubeを始めとするインターネット関連事業」「地方及び地域創生事業」等々、全てをワンストップで発信、受注できる体制を構築、及び同技術のBtoB事業を展開しています。

《実績》
■WOWOW開局30周年記念オリジナル長編アニメ「永遠の831」宣伝プロデュース
■城北信用金庫「COSA ON online(コーサ オン オンライン)」クリエイティブ
■TVアニメ『デジモンゴーストゲーム』エンディングテーマ/主題歌 クリエイティブ(楽曲/振付/MV)
■プロダンスリーグ「D.LEAGUE」参画チーム 株式会社コーセー「KOSÉ 8ROCKS」プロデュース、運営サポート
■TBS「第63回輝く!日本レコード大賞」特別賞 Ado スペシャルMV「ギラギラ/Ado」クリエティブ
■Google「I DISPLAY music.」イラストレーション
■富士急ハイランド NARUTO・VRアトラクション「NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里」プロデュース
など

企業情報

企業名ISARIBI株式会社
代表者名榊原敬太
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!