NFT活用で二次創作活動を支援する『ニジソー』がローンチ!第1弾は話題沸騰「CryptoNinja」の二次創作作品の公式公認申請を受付

本日、一般社団法人オタクコイン協会・BlockBase株式会社は、二次創作クリエイターが、二次創作作品を申請し公式権利元から承認されると、公式二次創作コレクション(コントラクトアドレス)で二次創作作品のNFT化を行える新サービス『ニジソー』をローンチし、第1弾として話題沸騰中のNFTコレクション「CryptoNinja」の二次創作イラストの公式公認申請を受け付けると発表しました。

新サービス『ニジソー』のイメージ

昨今、注目されているNFTを活用すると、インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけの作品」を創り出すことができ、一点モノのデジタルアート作品を販売することができるようになります。すでに、マーケットプレイスには1作品数円から数百万円を超えるものまで、多種多様なNFT作品が存在しており、人気のNFTからは既に多くの二次創作が生み出されています。

『ニジソー』は、こうした二次創作文化をさらに発展させるための仕組みを提供します。

今回募集する「CryptoNinja」の二次創作イラストは、新規作品(未公開イラスト)はもちろん、まだNFT化されていない発表済みのイラストなども対象となります。1人何作品でも応募可能ですので、ぜひお気軽にご応募ください。

■二次創作クリエイターのメリット
1. あなたの二次創作イラストが、公式公認の”お墨付き”で販売できる
2. あなたの二次創作イラストがOpenSeaなどの公式権利元の公認二次創作コレクションに並ぶ
3. あなたの二次創作イラストが売れると、権利元に自動的にロイヤリティ還元ができる
4. OpenSeaで定額販売やオークション販売などさまざまな販売方法でNFTを販売できる
5. 二次創作イラストがイーサリアム+IPFSで作成されることで、より永続的な価値担保と保存が可能

■ 二次創作作品の公式公認申請の受付はこちら
https://niji.so 

※Twitterログイン後、公式公認の申請を行ってください
※クリエイターごとに何作品でも応募が可能です。また、二次創作ガイドラインに沿ったものであれば、できるだけ公式公認を承認させていただきます
※【重要】承認された作品のmintが可能になるのは2021年10月中を予定しています
※申請されたイラストと同一作品のNFT化(別チェーンも含む)はご遠慮いただきますようお願いいたします
※イーサリアム上のNFT(ERC721)+IPFSで、イラスト1枚につき1トークンのみを想定しています
※NFTは、CryptoNinja公式のコントラクトアドレスにて、二次創作クリエイターのメタマスクウォレットでNFTをmintでき、二次創作クリエイター自らがOpenSeaで値付けしてさまざまな方式(オークション含む)での販売が可能です
※mintしたNFTは、OpenSeaなどの公式権利元の公認二次創作コレクションの一覧に表示されます
※NFTのmint時やOpenSeaでのNFT販売の際は、メタマスクウォレットとGAS代支払いのETHをクリエイターご自身でご用意いただきます

■ 二次創作クリエイター支援サービス『ニジソー』とは
「ニジソー」は二次創作イラストを公式公認でNFT化して販売できるサービスで、下記の図のような仕組みで公式公認のNFTを、二次創作クリエイターが生成することができます。

『ニジソー』の仕組み

■ 「CryptoNinja」とは
「CryptoNinja」は、最近のトレンドになっている自動生成されたNFTではなく、すべて一枚一枚丁寧に描いていくハンドメイドNFTとなっており、初期版(Genesis 0)は世界に50体のみの希少性の高い限定ニンジャです。将来、ゲーム化される可能性を見越した、忍術や流派、武器やパラメータなどが設定してあるなど、想像する楽しさが伝わってくるNFTとなっています。
https://opensea.io/collection/crypto-ninja-nft?locale=ja

■ BlockBase株式会社について
・会社名:BlockBase株式会社 https://block-base.co/
・所在地:東京都新宿区袋町5-1
・代表取締役:真木 大樹
 取締役 : 山村 賢太郎
・主な事業内容:
ブロックチェーン技術・関連ビジネスのコンサルティング業務
プロトタイプ開発を含む、開発・企画・運用

■ 一般社団法人オタクコイン協会について
オタクコイン協会は、日本のアニメ文化を世界に広げるため、ブロックチェーン技術をアニメ業界内への浸透・導入・活用を目指し、前身のオタクコイン準備委員会を含め、2017年12月よりアニメ文化発展のための活動を行ってきました。
また、アニメをより世界に広げる活動の一環として、多言語・複数メディア同時展開によるアニメスタジオインタビューを敢行。アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」、Facebook2,000万人登録「Tokyo Otaku Mode」、中国語圏大手の「Bahamut」など、世界中のアニメニュースサイトが連携した「世界が注目するアニメ制作スタジオが切り開く未来」を企画・主導し、日頃なかなかスポットが当たらない、アニメ作品を生み出すアニメスタジオ15社以上に、アニメ制作へ懸ける思いや制作の裏話を含めたインタビュー(http://bit.ly/AnimeInterview
)を敢行するなど、地道な活動を続けてきています。

<オタクコインについて>

オタクコインのイメージ

オタクコイン』は、アニメ・マンガ・ゲーム等の日本のカルチャーを愛する世界中の人をつなぐコミュニティ通貨となり、日本のカルチャーのさらなる発展を目指します。オタクコインが世界中で流通されることで、自分が好きなアニメ・マンガ・ゲーム等の業界の発展に寄与できる「コミュニティ通貨」の実現を目指しています。現在は、スマートフォンアプリを通じてオタクコインのバウンティ・キャンペーンを実施中です。詳細は、オタクコイン公式サイトをご覧ください。

◆ オタクコイン公式サイト
https://otaku-coin.com/ja/ 
◆ リリースに関するお問い合わせ
https://otakucoin.typeform.com/to/t0ht7i

一般社団法人オタクコイン協会
〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目5番3号

企業情報

企業名NOBORDER.z FZ一般社団法人オタクコイン協会
代表者名理事一同
業種財団法人・社団法人・宗教法人

▶︎プレスリリース詳細はこちら