NFT×アニメIP創出プロジェクト「SAMURAI cryptos」にアーティスト千葉道徳氏が登場

ブロックチェーン技術を用いたNFT事業支援を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、double jump.tokyoのNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じてサポートする、株式会社ゴンゾ(本社:東京都杉並区、代表取締役:石川真一郎、以下「ゴンゾ」)のプロジェクト「SAMURAI cryptos」(https://samuraicryptos.io/)において、プロジェクト第二弾のアーティストとして千葉道徳氏の参加が決定したことをお知らせいたします。

NFT×アニメIP創出プロジェクト「SAMURAI cryptos」にアーティスト千葉道徳氏が登場

第二弾では、シンボルNFT販売を11月5日からスタート。オリジナル作品のアートNFTオークションを11月11日から開催いたします。

(※著しいGAS価格高騰等、イーサリアムネットワーク状況により実施スケジュールを変更する場合がございます)


【シンボルNFT 販売】

シンボルNFTのイメージ

第二弾アーティスト千葉道徳氏のシンボルNFTとして、以下の4種類を販売/配布いたします。
・Shogun (販売数:1点、価格:4ETH)
・Ninja (販売数:10点、価格:0.2ETH)
・Soldier (販売数:700点、価格:0.02ETH)
・Stardust (配布数:3000点、価格:無料)

販売スケジュール
・11月5日14:00〜 (Ninja/Soldier)
・11月8日14:00〜 (Shogun/Ninja/Soldier)
・11月11日14:00〜 (Ninja/Soldier)
・11月14日14:00〜 (Ninja/Soldier)
※Stardustの配布は確定次第随時発表してまいります。

【アートNFT オークション】
11月11日14時から24時間、SAMURAI cryptosプロジェクトの第二弾アートNFTとして、千葉道徳氏のオリジナル作品を、世界最大級のNFTマーケットプレイスOpenSea(https://opensea.io)上にてオークションを開催します。

「不動明王」(英語名:FUDO)

■作品名
・「不動明王」(英語名:FUDO)

■アーティスト 千葉道徳氏 プロフィール
中村プロダクション出身。現在はスタジオへらくれす所属。様々なジャンルの作品の第一線で活躍するアニメーター。また「バジリスク~甲賀忍法帖~」や「戦国BASARA Judge End」など、キャラクターデザイナーとしても数多くの作品を手掛けている。

・代表作
「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」 キャラクターデザイン
「SK∞ エスケーエイト」 キャラクターデザイン
「機動戦士ガンダム00」 アニメーションキャラクターデザイン

■オークション概要
・オークションサイト:OpenSea
・形式:イングリッシュオークション
・開始価格:1ETH
・期間:2021年11月11日14:00 から24時間 (但し終了前10分以内に新たな入札があった場合さらに10分時間延長)
・販売数:1点

ゴンゾ代表取締役であり、本プロジェクトのプロデューサーでもある石川真一郎は、「本プロジェクトは、GONZOの次世代に向けたチャレンジプロジェクトであり、今後もどんどん最高のクリエーターたちによるSAMURAIたちを世に問うて行く。本当にエキサイティングな気持ちでワクワクしています。」と語っています。

また、本プロジェクトのパートナーであるdouble jump.tokyoの代表取締役CEO上野広伸は、
「従来のようなテレビやマンガからはじまるアニメではなく、NFTとDiscordコミュニティからはじまるアニメという、斬新かつ意欲的なプロジェクトに大変興奮しております。」
とコメントを出しております。

尚、本プロジェクトは、現在第7弾までのシリーズ展開を予定しております。

アーティスト小林誠氏による第1弾では、4種類2211点のシンボルNFT販売/配布し、毎回1時間以内に完売/配布完了、世界のNFTコレクターから人気を博しております。
また、オリジナル作品のアートNFT(1点)がオークション販売され3.1907ETHで落札となりました。

■SAMURAI cryptosプロジェクト 公式サイト
https://samuraicryptos.io/

■コピーライト表記
© 2021 GONZO K.K, All Rights Reserved.
Produced by double jump.tokyo Inc.

■「SAMURAI cryptos」プロジェクトについて
ゴンゾ代表である石川真一郎氏がプロデューサーをつとめる新プロジェクト。「ブロックチェーン・NFT時代に日本発のサムライとして狼煙をあげる」ことを旗印に、NFT時代の新しいアニメIP創出へのチャレンジを表明している。現在4人のクリエイターの参加が発表されている。
・小林誠(「ラストエグザイル」「機動戦士ガンダムZZ」他)
・千葉道徳(「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」「SK∞ エスケーエイト」他)
・飯島弘也(「アフロサムライ」「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」他)
・村田蓮爾(「青の6号」「LASTEXILE」「シャングリ・ラ」他)

NFT
Non Fungible Tokenの略であり、代替不可能なトークンのことです。イーサリアムのERC721規格等で発行されるブロックチェーン上のトークンですが、暗号資産(仮想通貨)ではありません。
ブロックチェーン技術を活用する事で本物を証明するデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に譲渡することができます。

※ゴンゾによる「SAMURAI cryptos」発表(2021年7月4日)
http://www.gonzo.co.jp/news/2021/07/09/5040/

■ゴンゾについて

株式会社ゴンゾのロゴ

ゴンゾは次世代へ向けた映像文化を、国際的なネットワークで提供してゆく、グローバル企業です。ゴンゾは卓越したクリエイティブ・スタッフ、国際的なマーケティング力、そして「GONZO」のブランド力を活用して、次世代デジタル映像コンテンツにおけるリーディング・カンパニーとして革新的な挑戦をしてまいります。

会社名:株式会社ゴンゾ
所在地:東京都杉並区上荻1-10-6 荻窪福智ビル3階
代表者:代表取締役社長 石川真一郎
事業内容:アニメーションの企画、プロデュース、アニメーションの販売及び輸出入、コンテンツ投資、作品投資、版権管理 等
ホームページ:http://www.gonzo.co.jp/

■double jump.tokyoについて

double jump.tokyo株式会社のロゴ

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoSaga」などの人気ブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」及びNFT事業支援サービス「NFTPLUS」、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」の提供・開発を行っています。

会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/

企業情報

企業名double jump.tokyo株式会社
代表者名上野 広伸
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら