手塚プロダクション初のデジタルアートNFT「鉄腕アトム」が120ETH(約5300万円)で落札!

double jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、同社のNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じてプロデュースする、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷孝征)初の公式NFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」( https://tezuka-art.nftplus.io )において、シリーズ第一弾「鉄腕アトム」のデジタルアートNFTが120ETH(約5300万円)で落札されたことを発表いたします。

「鉄腕アトム」のデジタルアートNFTのイメージ

手塚治虫氏の漫画原稿で構成されたモザイクアートNFT「鉄腕アトム」が、2021年12月18日にNFTマーケットプレイスOpenSeaで行われたオークションにおいて120ETH(約5300万円)で落札されました。

なお、手塚プロダクションは、本プロジェクトのデジタルアートNFT(モザイクアート・ジェネレーティブアート双方)の純売り上げをユニセフと日本の子供のための組織に各10%寄付することを決定しています。

また、シリーズ第一弾である同作品に続き、以降「火の鳥」「ブラック・ジャック」を展開予定。シリーズ第二弾の販売は2022年1月を予定しています。

  • 塚プロダクション 取締役 清水義裕氏のコメント

「手塚治虫の欠片たちが世界の人々に認めて頂き大変喜んでおります。手塚治虫もコロナ禍に苦しむ日本をはじめ世界の子供たちのお役に立てることを喜んでいることでしょう。」

  • double jump.tokyo 代表取締役 上野広伸のコメント

「NFTの認知度が一気に広がった2021年。世界に誇る手塚治虫先生のコンテンツを使用した初のアートNFT作品。その第一歩を踏み出す機会をdouble jump.tokyoがご協力できたことを光栄に思います」



■From the Fragments of Tezuka Osamuについて
日本漫画の礎を築いた手塚治虫のチャレンジャー精神を受け継ぎ、デジタルアートNFTという新たなジャンルで手塚作品やメッセージ性を魅力的に発信。手塚治虫の代表作品を題材に、「モザイクアートNFT」「ジェネレーティブアートNFT」の2形態でデジタルアートNFT作品を展開いたします。( https://tezuka-art.nftplus.io )

・コピーライト表記
© 2021 Tezuka Productions, All Rights Reserved.
Produced by double jump.tokyo Inc.


NFT
Non Fungible Tokenの略であり、 代替不可能なトークンのことです。 イーサリアムのERC721規格等で発行されるブロックチェーン上のトークンですが、 暗号資産(仮想通貨)ではありません。ブロックチェーン技術で生成したトークンをデジタルデータに活用することで、本物のデータであることを証明することができ、データの所有者は自由に譲渡を行うことができます。
<株式会社手塚プロダクション>

手塚プロダクションのロゴ

手塚プロダクションは手塚治虫作品、思想、業績の普及により、世界の子どもたちの健全な育成とその環境づくりに貢献し、地域社会から海外を含む人々との相互理解による世界平和の実現に努力します。( https://tezuka.co.jp/ )
 

<double jump.tokyo株式会社>
 

doublejump.tokyo株式会社のロゴ


NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。 「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などのブロックチェーンゲームの開発や、大手コンテンツホルダー向けにNFTの発行販売やゲーム、メタバース連携を支援するNFT事業支援サービス「NFTPLUS」の提供を行っております。( https://www.doublejump.tokyo/ )

企業情報

企業名doublejump.tokyo株式会社
代表者名上野 広伸
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら