1SEC、SNSなどで活躍するクリエイター向けにNFTなどのブロックチェーン技術を活用したファンコミュニティサービス『PEEEPS』β版を提供開始

ファン共創型のトークンエコノミーの実現に向けて、サービス開発とグローバル展開に注力

米国はロサンゼルスと日本は東京に本拠を持ち、XR事業のソフトウェア開発や、ブロックチェーンコンテンツの開発プロデュースを手掛ける株式会社1SEC(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:宮地洋州、以下「1SEC」)は、次世代型コミュニティで、 NFTなどのブロックチェーン技術を活用したファンコミュニティサービス『PEEEPS(ピープス)』β版の提供を開始したことを発表します。

 

 1SECでは、‘’世界中の人々や企業をエンパワーメントする‘’をミッションに掲げ、これまで日本初のバーチャルスニーカー等のNFTブロックチェーンコンテンツや、著名人の分身としてのバーチャルヒューマンの企画開発、バーチャルヒューマンにAIを搭載し、インタラクティブなコミュニケーションが可能になるONE AIのβ版のローンチ等、テクノロジーを通してブランドやクリエイターエコノミーの加速を支援してまいりました。

 この度、ローンチした次世代型コミュニティで、 NFTなどのブロックチェーン技術を活用したファンコミュニティサービス『PEEEPS(ピープス)』では、ファンコミュニティを形成する上で必要な従来型のソリューションを提供することはもちろん、これまで手がけてきたテクノロジーを用い、今までにないファン体験の創出とビジネスエコシステムを提供することで、ファンのエンゲージメント向上を実現します。

詳しくはこちら
https://www.top.peeeps.jp/
※なお、本日(2021年9月3日)からβ版のサービス提供を開始し、開設にあたっての初期費用は0円となっております。

 

1SECでは引き続き、「エンターテインメント領域」における経済や文化の流れを止めずに、3DCGとブロックチェーン 技術を中心としたテクノロジーで新しい体験価値を創出することで、ブランドやクリエイターエコノミーの加速を支援、業界の発展に貢献して参ります。

 

■株式会社1SECについて

 ''世界中の人々や企業をエンパワーメントする''をスローガンに、XR事業を中心としたソフトウェア開発、ブロックチェーンコンテンツの開発プロデュースを手掛ける。デジタルファッションレーベル1Blockを創設。レーベル第一弾、日本初のNFTバーチャルスニーカーが北米で発売後9分で5イーサリアム(約140万円)で完売する等、世界中で話題を集める。

<会社概要>

  • 社名         :株式会社1SEC
  • 代表者  :宮地洋州
  • 所在地    :【米国】1541 Ocean Avenue , Santa monica CA, US【日本】 東京都目黒区大橋1-6-13 6F
  • 設立         :2019年1月
  • 資本金  :2億7,746万円
  • URL         :https://www.1sec.world

企業情報

企業名株式会社1SEC
代表者名宮地洋州
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら