AIが描くNFTアート作品の個展が羽田イノベーションシティにて開催。人間の仕事を奪うのではなく、「人間の創造力を拡張するAIの可能性」を発信

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社クリエイターズネクストが、2022年4月22日(金)から4月24日(日)まで、羽田みらい開発株式会社が開催するイベント「イノベーションEXPO2022春」にて、『題名のないAI絵画展』を出展することをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社クリエイターズネクスト(本社:東京都港区、代表取締役:窪田望)は2022年4月22日(金)から4月24日(日)まで、羽田みらい開発株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山口皓章)が開催するイベント「イノベーションEXPO2022春」にて、『題名のないAI絵画展』を出展いたします。本絵画展では、AIの技術を使って描かれた絵画作品を多数展示、会場の参加者が考えたテーマをもとにAIが絵を描く様子をご覧いただくライブペインティングや、プロデューサーの窪田望と、NFTアート、DXの専門家との対談なども開催予定です。

  • ただ作品を見るだけではなく、『題名のない絵画』にタイトルをつけながら鑑賞する。観覧者 参加型の作品展示で、 「人間の創造力を拡張するAIの可能性」を体感
AIの技術を使って描かれた絵画作品

AIの技術を使って描かれた絵画作品将来、人間の仕事を奪うことを懸念されることもあるAIですが、人間の創造力を拡張してくれるAIの素晴らしさをお伝えすることが本絵画展のコンセプトです。展示されている作品には題名がつけられていません。固定観念や知覚、身体的な限界を持たないAIは、何をテーマに、この作品を描いたのか?観覧者の方々には、絵画の題名を考えながら作品を鑑賞いただくことで、創造力を拡張してくれるAIの可能性を感じていただきます。

  • 『3つのAI』による創作プロセスも鑑賞できる、ライブペインティングも実施

作品を創るために①言葉から絵画を探し出すAI、②絵画を生成するAI、③その絵画の良さを審査するAIの3つが使われています。これらのAIは戦うかのように作用しながら習作を行い、作業を繰り返しながら徐々に作品を完成させていきます。本個展ではそのAIによる創作プロセスについても映像化して展示。ライブペインティングセッションでは、参加者が考えたテーマをもとに、AIが作品を創ります。

AIが絵画を描くプロセスの一部

AIが絵画を描くプロセスの一部

  • プロデューサーの窪田望と、NFTアート、DXの専門家との対談なども開催予定

本絵画展の開催期間中は、プロデューサーの窪田望と、NFTアートやAI、DXの専門家との対談を開催予定です。最新のAI技術はどこまで進歩しているのか、私たちがAIをどのように活用すべきなのか、NFTアートの出現によって、クリエイターに求められている変化などについて語られる予定です。

AIの技術を使って描かれた絵画作品


【窪⽥ 望(くぼた のぞむ)について】
・株式会社クリエイターズネクスト 代表取締役
・大正大学 招聘教授
・デジタルハリウッド大学大学院 客員准教授
米国NY州生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。15歳の時に初めてプログラミング開発を行い、ユーザージェネレーテッドメディアを構築。大学在学中の19歳の時に起業し、現在17年目。2019年、2020年には4万5000名の中から日本一のウェブ解析士(Best of the Best)として2年連続で選出し、2021年には初の殿堂入りを果たす。

■「イノベーションEXPO2022春」開催概要
日程:2022年4月22日(金)11:00~17:00、
4月23日(土) 10:00~17:00、4月24日(日)10:00~17:00
場所:羽田イノベーションシティ HICity square café/bar
主催:羽田みらい開発 協賛:城南信用金庫 後援:大田区
詳細は別紙、HP、チラシをご確認ください。
https://haneda-innovation-city.com/

企業情報

企業名株式会社Creator’s NEXT
代表者名窪田 望
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。