熊本地震から6年。BRIDGE KUMAMOTOが、NFTアート「4.14の売り言葉」の販売を開始しました。

防災用品のように、その日に備える「言葉」を販売。

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、熊本地震をきっかけに設立されたソーシャルデザインカンパニーである一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOが、本日より、世界最大規模のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」にて、NFTアート「4.14の売り言葉」の販売を開始したことをお知らせいたします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

本日2022年4月14日(木)で、熊本地震の発生から6年を迎えます。

熊本地震をきっかけに設立されたソーシャルデザインカンパニーである一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO(所在地:熊本県熊本市、代表理事:佐藤かつあき)は、本日より、世界最大規模のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」にて、NFTアート「4.14の売り言葉」の販売を開始しました。

この言葉たちがNFTとしてインターネット上に存在し続けることで、 防災意識の向上に少しでも役立てられたら幸いです。

東日本大震災の風化が顕著だ。
10年を区切りとして、もうそれほど心配しなくてもいいんじゃないか的な空気で、世の中は覆われている。コロナへの関心でさえ、戦争に持っていかれた。

そんな状況のなかで迎える2022年4月14日。 熊本地震のことを思い出してくれる人は、熊本以外の場所にいったいどれくらいいるのだろう。
BRIDGE KUMAMOTOは、積極的に熊本地震を世の中に訴えかけていく。
あの夜を、決して風化させない。芽生えつつある油断に、警鐘を鳴らしていく。

「4.14の売り言葉」は0.0414ETHで販売「4.14の売り言葉」は0.0414ETHで販売

  • 今回のプロジェクトについて

NFT」とは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、データ管理にブロックチェーン技術を活用することで取引履歴を改ざんすることができなくなり、「唯一性を保証する証明書」を付けたデジタルデータです。その証明書の所有者を明らかにすることで、自由に売買する市場が生まれました。その結果、数十億円という高額で取引されるNFTアートも登場し、世界中で注目を集めています。

熊本地震から6年を迎えた今日公開した「4.14の売り言葉」は、売れなくても良いNFTです。

この言葉たちがNFTとしてインターネット上に存在し続けることで、 防災意識の向上に少しでも役立てられたら幸いです。

どなたかが購入してくださった場合、NFT販売で得た収益はすべて熊本城再建に寄付します。

■「4.14の売り言葉」の購入はこちら
https://opensea.io/bridgekumamoto 
 

  • 上田 浩和氏プロフィール

「売り言葉」を書いたのは、熊本出身の上田浩和さんと小山佳奈さんによる株式会社上田家が手がけました。

上田浩和/熊本出身。2000年株式会社電通に入社。2022年1月よりフリーに。小山佳奈とともに(株)上田家設立。コピーライターとして、宝島社「嘘つきは、戦争の始まり。」「敵は、嘘。」「君たちは腹が立たないのか。」「男でも、首相になれるの?」、静岡新聞SBS「超ドS。」「静岡新聞SBSは、マスコミをやめる。」「普通とは、奇跡だということ。」、SMBC「信じられないことは、信じることから生まれる。」、熊本市「新しい石垣になろう。」キリン、ソフトバンク、すき家、九州新幹線開業キャンペーンなどを手掛ける。

小山佳奈/2001年株式会社電通に入社。2022年1月よりフリーに。上田浩和とともに(株)上田家設立。コピーライターとして、ドコモdビデオ「少女はdビデオを見ていた」、宝島社「君たちは腹が立たないのか。」「男でも、首相になれるの?」、サントリー「金⻨」 「YAMAZAKI MOMENTS」 、SONY「CREATE THE BEYOND」、docomo「FUTURE EXPERIMENT」、 SEIKO「時はあなたが刻む」、 クラシエ「ゆく先は、自由。」、 DeNA「いい大人のモバゲー。」などを手掛ける。

  • 一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOについて

2016年熊本地震をきっかけに設立された一般社団法人。「クリエイティブの力で社会課題に挑む」をミッションとして、メンバーのそれぞれが本業を持ちながら、プロボノとして参加・運営をしています。

熊本地震の被災地の屋根を覆った、廃棄ブルーシートを回収・洗浄してトートバッグにアップサイクルし、売り上げの一部を被災地に寄付する「ブルーシードバッグ®」をはじめとして、ブルーシードアイテムはこれまでに15,000個を売り上げました。
「寄付文化の醸成」もミッションに掲げており、弊社がこれまでに行った寄付総額は2,300万円を超えています。

団体概要
団体名:一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO
設立:2016年5月10日
所在地:熊本市中央区新町2-2-23
代表理事:佐藤かつあき
WEB:https://bridgekumamoto.com/
Twitter:https://twitter.com/bridge_kumamoto
Facebook:https://www.facebook.com/bridgekumamoto

企業情報

企業名一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO
代表者名佐藤かつあき
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。