【ゲーム業界のNFT活用】代表的なNFTゲームと共に紹介

NFT活用の場として国内でまず注目が集まり、認知されているのがゲームではないでしょうか。

ブロックチェーンを使ったゲーム内でアイテムを管理するなど、様々な場所でその技術を使われています。
この記事では、ゲーム業界での活用事例を紹介するとともに、NFT活用の今後の可能性を紹介します。

NFT×ゲーム活用事例

CryptoKitties

「CryptoKitties」は最も人気のあるブロックチェーンゲームの一つであり、NFT技術の発端となりました。運営会社は2018年3月に著名ベンチャーキャピタルより約12億円の資金調達をしています。

猫を育成し猫同士を組み合わせて新しい猫を作り出すゲームであり、ゲーム内にはコレクション機能もあります。全ての猫の組み合わせによる生まれる猫の仕組み、猫一匹一匹は全てブロックチェーン上にて管理・記録されています。売買可能であり、genesis blockと呼ばれる猫は10万ドルで売却されました。

CryptoKitties公式サイト
引用: CryptoKitties 公式サイト

My Crypto Heroes

国内でゲームのNFT活用、ブロックチェーン活用における認知が広がった要因として、「My Crypto Heroes」の登場があります。

このゲームはローンチからイーサリアム活用したブロックチェーンゲームとしてユーザー数・取引量・流通額で世界1位を獲得しました。加えて業界初のTVCM放映、ゲーム開発に関するノウハウをプログラムとして提供するなど、業界の成長へ大きく影響を与えました。

My Crypto Heroes 公式サイト
引用:My Crypto Heroes 公式サイト

終わりに

NFTのゲーム業界での活用事例として、CryptoKitties、MyCryptoHeroesの取り組みを紹介しました。

ゲーム内でNFTはキャラクター、アイテムの所有権を表すために用いられ、NFTマーケットプレイスで取引もされています。

引用:OpenSea

ブロックチェーンゲームのNFTは共通規格に添った実装となっている場合が多く、開発企業間での連携は不可欠なものの、異なるゲーム同士で同じNFTを使える場合があります。

今回紹介したようにブロックチェーンゲームが普及しつつある中、ゲームに限らず音楽、アート、スポーツなどの分野に関わる様々な団体・企業が動き始めています。

これから法律による整備や新しい活用事例が登場し世に浸透すれば、さらに今後もNFT活用の機会や可能性は増えることでしょう。