コーポレートベンチャーキャピタルファンド「阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合」が3DアバターとブロックチェーンでXRビジネスを推進する「Pocket RD」に出資しました

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合が発展途上国のアーティストの作品を販売することを発表しました。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

阪急阪神ホールディングスが2021年4月に設立したコーポレートベンチャーキャピタルファンド「阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合(以下「本ファンド」)」は、自身のアバターを自動生成できるメタバース向けアバターのプラットフォーム「AVATARIUM(アバタリウム)」や、ブロックチェーン技術を活用してNFT (非代替性トークン)化した3DCG作品などを売買できるマーケットプレイス「Pocket Collection」の開発・運営を行う「株式会社Pocket RD(ポケットアールディー)」に出資しましたので、お知らせします。

コーポレートベンチャーキャピタルファンド「阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合」が3DアバターとブロックチェーンでXRビジネスを推進する「Pocket RD」に出資しました

当社は、デジタル甲子園などお客様にアバターをご利用いただくメタバース(インターネット上の仮想空間)事業に着手していますが、今後も、こうしたDXへの取組をさらに推進していきたいと考えております。そのための取組の一つとして、メタバース向けアバターの制作・編集技術やブロックチェーン技術などを持つ同社と協業・共創を行い、それを通じてXR(クロスリアリティ)技術等を活用しながら、新たな付加価値の創出に取り組んでいくことといたします。

阪急阪神ホールディングスグループでは、これからも本ファンドからの出資等を通じて、スタートアップ企業をはじめとする外部の優れた知見や先端技術を取り入れ、当社グループとの事業シナジーの創出や新しい事業の創造を推進してまいります。

■株式会社Pocket RDの概要


■阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合の概要

阪急阪神ホールディングス https://www.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/810055fead6a96915b37d577b8c5a34c9ada74ce.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業情報

企業名阪急阪神ホールディングス株式会社
代表者名杉山健博
業種倉庫・運輸関連業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!