HashPortがブロックチェーンゲームスタジオ部門「HashGames」設立

2022年春-夏にかけてPlay to Earnゲーム3タイトルをリリースし、国内規制に完全に準拠した日本初のPlay to Earnゲームエコシステムの構築を目指す

株式会社HashPort(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉田世博、以下HashPort)は、ブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」を設立し、2022年春-夏にかけて3本のPlay to Earnゲームをリリースすることをお知らせします。

HashPortがブロックチェーンゲームスタジオ部門「HashGames」設立

「HashGames」における各ゲームは、HashPortのNFT事業子会社である株式会社HashPalette(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉田 世博、以下HashPalette)が開発するブロックチェーン「Palette(パレット)」上のサービスとしてリリースされます。

各ゲーム内の共通するトークンとして「パレットトークン(以下PLT)」が使用され、将来的にはIEO(Initial Exchange Offering)を通じてPLTと併存した独自トークンの発行も目指します。

HashGamesは、パレットチェーン上でのPlay to Earnゲームの設計・開発、パレットチェーンのクロスチェーンハブ機能を活かしたマルチチェーン対応、海外ユーザーへのマーケティング支援をサポートいたします。
なお、ゲームNFTの販売は3月にリリース予定のHashPaletteのNFTマーケットプレイスにおいて行われる予定です。NFTマーケットプレイスではPLTおよびクレジットカード決済に対応予定です。

リリース予定の各タイトルの概要は以下の通りです。

『 De:Lithe Φ (ディライズ ファイ)』 (仮)

『 De:Lithe Φ (ディライズ ファイ)』 (仮)

・タイトル名(仮):De:Lithe Φ (ディライズ ファイ)
・ジャンル:ドラマチック共闘オンラインRPG型ブロックチェーンゲーム
・対応チェーン:パレットチェーン
・対応端末:Android/iPhone(一部ブラウザ推奨)
・提供元:株式会社enish(TYO:3667)

■株式会社enish 代表取締役社長 安徳 孝平氏からのメッセージ

株式会社enish のロゴ

本プロジェクトは、累計777万DLのスマートフォン向けオンラインRPG『De:Lithe』をベースに、パレットチェーンを活用した「Play to Earn」モデルの新タイトルとして開発を進めています。従来の「Free to Play」とは違う新しいプレイ体験を提供できるよう、HashGamesと連携した開発に取り組んでまいります。https://delithe-fi.enish.comより発信してまいりますので、お見逃し無いようぜひチェックしてください。

『CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)』

『CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)』

・タイトル名:CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)
・ジャンル:対戦型ソーシャルP2Eブロックチェーンゲーム
・対応チェーン:パレットチェーン
・対応端末:Android/iPhone(一部ブラウザ推奨)
・提供元:HashGames(株式会社HashPort)

■NFTコレクション「CryptoNinja」クリエイター イケダハヤト氏からのメッセージ

イケダハヤト氏のアイコン

日本有数のWeb3プロジェクトであるパレットチェーンに「CryptoNinja」が選ばれたことを誇りに思います。
「GameFi」は大きなトレンドですが、日本からはまだ存在感のあるタイトルは出ていません。
私たちのDAOは、現在1万人を超える参加者がいます。
DAOメンバーの力を結集し、世界に通用するタイトルを作っていきたいと思います。

『ELF Masters(エルフマスターズ)』

『ELF Masters(エルフマスターズ)』

・タイトル名:ELF Masters(エルフマスターズ)
・ジャンル:ファンタジーアドベンチャー型P2Eブロックチェーンゲーム
・対応チェーン:パレットチェーン
・対応端末:Android/iPhone(一部ブラウザ推奨)
・提供元:HashGames(株式会社HashPort)

■HashGames 「ELF Masters」企画担当 赤石 智哉からのメッセージ

HashGames 「ELF Masters」企画担当 赤石 智哉のアイコン

「日本発のGameFiを世界へ」という目標を掲げ、本プロジェクトを企画し、様々な困難を乗り越え、本日こうしたリリースを皆様へ届けられる事を大変嬉しく存じます。
日本におけるP2E型のブロックチェーンゲームは、法規制や言語の壁もあり、日本のユーザーがPlayしにくい環境にありました。本作品は魅力的なキャラクターやゲーム設計はもちろんのこと、日本の法規制を遵守した、日本のユーザーが安心して遊べるゲームになっております。勿論、話題のスカラーシップやメタバースの要素もありますので、今後の続報にも是非ご期待ください。

■株式会社HashPort代表取締役CEO・株式会社HashPalette代表取締役CEO 吉田 世博のコメント
パレットチェーンを基盤とした日本発ブロックチェーンゲームの世界への発信基地として、HashPort内ブロックチェーンゲームスタジオ「HashGames」を立ち上げました。
長い間準備が進められてきた本プロジェクトにおいて、本日パートナーの皆様と共に2022年の春-夏に3タイトルをリリースすることを発表できたことを、大変嬉しく思っております。
『 De:Lithe Φ (ディライズ ファイ)』 (仮) は、東証一部に上場する株式会社enish様の累計777万DLを誇る人気タイトル『 De:Lithe(ディライズ)』をPlay to Earnゲーム化した新タイトルであり、日本ゲーム業界のWeb3化の先駆けとなるタイトルになると考えております。enish様の勇気ある挑戦をHashPort及びHashPaletteとして全力でサポートして参ります。
『CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)』は、日本を代表する大人気NFTコレクションであるCryptoNinjaの対戦型パーティーゲームです。1万人を超えるCryptoNinja DAOコミュニティのパワーによって世界に届く人気ゲームになると期待をしております。
『ELF Masters(エルフマスターズ)』は、HashGamesオリジナルのゲームであり、多くの実験的な取り組みを行っていく予定です。国内Play to Earn領域の開拓者として、日本を代表するブロックチェーンゲームを目指していきます。
ぜひ各タイトルにご期待ください。

■「Palette(パレット)」について
「Palette(パレット)」は、NFT(Non-Fungible Token)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークであり、日本発コンテンツのNFTを通じた流通強化を目的にしています。異なるブロックチェーン同士をまたぐNFTのクロスチェーン技術を実装していることも大きな特徴であり、パレットで発行したNFTを、イーサリアム(Ethereum)を始めとする他のブロックチェーンネットワークに転送することも可能です。「PLT(パレットトークン)」は、パレットエコシステムにおけるコンセンサスノード運営報酬の支払い、スマートコントラクトの発行手数料(GAS)の支払い、NFT売買の決済などの用途で使用されます。
「Palette」及び「PLT」の詳細情報については、以下ホワイトペーパーをご確認ください。
Palette White Paper:https://document.hashpalette.com/HashpalettePaper.pdf

■会社概要
<HashPort>
会社名:株式会社HashPort
所在地:東京都港区芝4-5-10 EDGE芝4丁目ビル10階
代表者:代表取締役CEO 吉田 世博
設 立:2018年7月13日
事業概要:
・ブロックチェーンに関するコンサルティング事業
・暗号資産交換業向けウォレットシステム開発事業
・NFTシステム開発事業
URL:https://hashport.io/

<HashPalette>
会社名:株式会社HashPalette
所在地:東京都港区芝4-5-10 EDGE芝4丁目ビル10階
代表者:代表取締役CEO 吉田 世博
設 立:2020年3月2日
事業概要:
NFT形式での流通に最適化されたブロックチェーンネットワーク「Palette(パレット)」の開発およびNFT関連システムの開発・販売・コンサルティング
URL:https://hashpalette.com/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社HashPort 広報
E-mail:pr@hashport.io

企業情報

企業名株式会社HashPort
代表者名吉田世博
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら