総合格闘技連盟 RIZIN が提供するスポーツ NFT に IOST ブロックチェーンを採用

NFTマーケットプレイス「RIZIN FIGHTING COLLECTION」の公式サイトで事前登録キャンペーンを開始

2021年8月23日、NFT-Japan 株式会社(本社:東京都文京区、代表:合原和也)とRIZIN FIGHTING FEDERATION(運営会社:株式会社ドリームファクトリーワールドワイド、本社:東京都港区、代表:榊原信行)は、IOSTブロックチェーンで管理する、RIZINのデジタルコンテンツを売買できるNFTマーケットプレイス「RIZIN FIGHTING COLLECTION」のウェブサイトを公開したことを発表しました。

RIZIN FIGHTING COLLECTION

RIZIN FIGHTING COLLECTIONは、試合のハイライトやベストショットを収録したNFTを購入し、コレクションやトレーディングを楽しむことができるデジタルトレーディングサービスです。本サービスでは、優れた処理能力と高速な環境により、今後の普及が期待されているIOSTプラットフォームを使用します。IOSTは、トランザクション手数料の優位性と低コスト開発でのNFT提供が可能であることがユーザーメリットであると考えています。

NFT-Japan CEOの合原氏は「RIZIN FIGHTING COLLECTION」のセールスポイントとして、「RIZIN FIGHTING COLLECTION限定のコンテンツを提供」と「デジタルデータだけではなくリアルなグッズやチケット等を特典とした、RIZINならではの新しいNFTの活用方法に積極的にチャレンジしたい」と話しています。

RIZIN公式サイトでの発表:https://jp.rizinff.com/_ct/17475466

事前登録キャンペーン

事前登録は、公式Twitterアカウントをフォローすることで参加できます。キャンペーンの詳細は公式サイトでご確認ください。 公式サイト:https://rizinfc.com

  • 5,000人登録:LIMITED NFTを全員プレゼント!
  • 10,000人登録:LIMITED NFT+500RCを全員プレゼント!
  • 30,000人登録:LIMITED NFT+500RCに加え、1000RCを抽選で1,000名にプレゼント!
  • 50,000人登録:LIMITED NFT+500RCに加え、1000RCを抽選で5,000名にプレゼント!​

RIZIN https://jp.rizinff.com について

RIZIN FIGHTING FEDERATION は、MMA(総合格闘技)、キックボクシングの試合を開催・運営するフェデレーション(競技会)です。RIZINという舞台は競技であり、文化であり、娯楽であり、そして観る者に勇気や感動を与え、ときに人の人生すら変えてしまうような感動と興奮をもたらす極上のエンターテインメントを目指しています。

RIZIN(ライジン)というタイトルには、日本古来より伝わる雷(いかずち)の神である「雷神」と、陽が昇る「rise(rising)」という意味が込められ、「最終」「究極」という意味を持つアルファベットの最後の文字「Z」を入れることで、「永遠に昇り続ける、輝き続ける舞台」という目標や意志をこのタイトルに掲げられています。

IOSTブロックチェーンについて

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超高速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを目指しています。ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け入れられます。

企業情報

企業名IOST / IOS Foundation Ltd.
代表者名Terrence Wang
業種財団法人・社団法人・宗教法人

▶︎プレスリリース詳細はこちら