日本初!結婚証明書をNFTアート化。結婚の誓いを半永久的に残るデジタル証明書に。

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社FUWARIが、自社が運営するNFTプラットフォーム「HINATA」にて、日本で初めて結婚証明書をNFTアート化したことをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社FUWARI(本社:東京都千代田区、以下、FUWARI)は、自社が運営するNFTプラットフォーム「HINATA」にて、日本で初めて結婚証明書をNFTアート化しました。

  • 企画概要

2022年3月20日に横浜の結婚式場(ザ コンチネンタル横浜)で開かれた結婚式にて、新郎新婦が署名した結婚証明書をNFTアート化しました。日本国内では結婚証明書をNFTアート化した実例は発表されておらず、日本初のNFTアート化された結婚証明書となります。

挙式・披露宴の中で、参列者がそれぞれ一筆自由に描いて作った1枚のウェディングキャンバス。そこに新郎新婦が署名して完成した結婚証明書は、参列者の祝福の気持ちと新郎新婦の誓いが組み合わさった、まさに世界で一つだけのアートです。

日本初!結婚証明書をNFTアート化。結婚の誓いを半永久的に残るデジタル証明書に。


そのアートを「HINATA」では、2種類のNFTにしました。1つは、新郎新婦の二人だけが保有する二人の誓いの証として、もう1つは、参列者だけが保有する二人の誓いの証人となった証明書として配布しています。

  • NFTアートとは

NFTとは、ブロックチェーン技術を使った、改竄不可能で本物であるという証明がされたデジタルデータのことを言います。思い出デジタルデータをNFTアート化することで、世界に一つしかない、その時にしか残せない、一緒にいた思い出や絆を、時が経っても誰にも手を加えられることのない、色褪せないデジタルデータとして残すことが可能になります。

また、NFTプラットフォーム「HINATA」の仕組みでは、限られた人数、特定の人にのみNFTを発行することができ、共通の思い出をNFTアートとして共有し合うことができます。

  • 今後の展開

「HINATA」では結婚証明書をNFTアート化することで、新郎新婦の誓いを半永久的に思い出として残せるだけでなく、参列した人たちの祝福の気持ちも関わった人たち色褪せることない形に残すことができると考えており、本格的なサービス化を進めています。

本サービスに興味がある・取り扱いたい、一緒にサービス化したい、という事業者の方は、ぜひお問合せください。

また、記念日をNFTアートにするアニバーサリーNFTというサービスも提供しています。結婚式や卒業式などの思い出をNFTアート化したい方は、下記の記事をご確認ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093068.html

  • NFTマーケットプレイス「HINATA」とは?

「HINATA」は、すべてのアーティスト・クリエイターたちが輝ける、デジタルという陽の当たる場所を目指します。デジタル化が進み、更には新型コロナウイルス蔓延も重なり、人の関わりが薄くなる一方の昨今、アーティストやクリエイターたちが輝ける場が減ってしまっているのが実情です。新しい技術を使って彼ら、彼女らのことをより知ってもらえる場になって欲しい。そういう想いから「HINATA」というサービスを立ち上げました。どんな作品やサービスにも想いがあって、伝えたいものがあって、変えたいものがあって、ストーリーがあります。「思い出」をアートとして残せるのではないかと考え、今回の取り組みに至りました。

企業情報

企業名株式会社FUWARI
代表者名石井寛人
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。