日本初 総合NFTマーケットプレイス開設へ ~デジタルデータから「リアル資産」まで幅広い分野をカバー~

First Currency Japan株式会社(東京:早瀬敏博社長)は、ブロックチェーン技術を活用したNFT(非代替性トークン)事業に参入する。デジタルデータだけではなく実体のある「リアル資産」の取引も扱う日本初の総合NFTマーケット「NFT JAPAN」 を2022年初に開設。これに先立ち、β版を2021年11月中にもリリースする。アニメなど日本が誇る有力コンテンツを世界に発信することを理念に、英語版、中国語版などサイトの多言語化も進める。将来的には株式上場も目指す。

日本初の総合NFTマーケット「NFT JAPAN」 のロゴ

【NFTマーケット市場参入の背景】既存のNFTマーケットは、暗号資産での決済が主であり、売買後の権利関係が分かりづらいなど、一般ユーザーにはハードルの高さが課題となっている。将来性あふれる分野でありながら「ハードルの高さ」が市場育成を阻む要因となっている現状などを背景に「将来性のある新市場のすそ野拡大をけん引したい」との思いから参入を決めた。

NFT JAPAN の主な特徴】
◆NFTマーケット利用初心者でも出品、購入が容易
 売買をサポートするため「エージェント制度」を採用。著作・利用権の取り扱いも明確。
◆デジタル、リアルの両資産を取り扱い
 アートなどのデジタル資産、不動産などのリアル資産等、幅広いカテゴリを取り扱い。
◆英語、中国語版サイトも開設
 漫画やキャラクターなど、世界的評価を得ている日本のコンテンツを世界に発信。

NFT JAPAN の主な特徴

【本件に関するお問い合わせ先】
(ファーストブレイングループ)
ファーストステイクス株式会社  NFT JAPANマーケティング担当
東京都新宿区新宿1丁目11番3号
URL  http://www.firstbrain.net/
TEL  03(5312)0271

NFT JAPAN 事業主体  First Currency Japan株式会社の概要】
所在地: 東京都新宿区新宿1丁目11番3号
設立:  2021年7月7日
資本金: 950万円
代表者: 早瀬敏博
事業内容:NFTマーケット「NFT JAPAN」の運営

ブロックチェーン技術を活用した幅広いサービスの提供を目指すスタートアップ企業。設立母体は、代表の早瀬敏博が同じく代表を務める「早瀬税理士事務所」(東京都新宿区)を中心とするファーストブレイングループ。グループは、このほか法人向けコンサルティングを手掛ける「ファーストブレイン株式会社」(同)や、ブロックチェーン技術を用いた決済サービスの開発等を行う「ファーストステイクス株式会社」(同)などで構成されている。First Currency Japanは、ベンチャーキャピタルからの資金調達をはじめ、株式上場も視野に入れている。

企業情報

企業名First Currency Japan株式会社
代表者名早瀬敏博
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら