CryptoGames社が提供する「NFTStudio」、一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブの正規ウォレットパートナーとして認定

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行う、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、​​一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(以下、一般社団法人JCBI)の正規ウォレット認定パートナーとなりましたことをお知らせいたします。

JCBI正規ウォレット認定パートナー

<概要>
NFTを発行する自社のウォレット/コントラクトアドレスが正式に認定されることにより、認定を受けた情報が一般社団法人JCBIから提供され、NFTマーケットサービス内のNFTの販売ページにJCBI認定マークを表示する情報連携が今後可能となります。これにより消費者はNFTマーケットでJCBI認定マークを確認し、どれが特定のコンテンツ企業の正規品NFTか判断できるようになるため、将来的なNFTの信頼性向上に繋がります。

JCBI正規ウォレット認定パートナーとして、今後ともコンテンツ業界の発展ならびにNFT市場の健全な市場育成に貢献して参ります。

<JCBI正規ウォレット認定パートナー(五十音順)>
■CryptoGames株式会社:NFTStudio
■コインチェック株式会社:Coincheck NFT
■FORO株式会社(UUUMグループ会社):HABET

<一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ について>
ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブは、ブロックチェーン技術を活用した共同運営型のプラットフォームにより、日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションを業界横断で加速するための企業連合として、昨年2月に7社共同で任意団体として発足したのち、多くの業界各社に入会いただき、会員企業は1年半で3倍の以下の23社にまで拡大しました。日本のメディア・コンテンツ産業の成長に寄与することを目指し、幅広い公益的な活動を行なっています。

【会員企業】
朝日新聞社、エイトリンクス、エイベックス・テクノロジーズ 、クオラス、ケンタウロスワークス、原本、シヤチハタ、C-POT、SingulaNet、セプテーニ・インキュベート、電通、電通グループ、電通国際情報サービス、凸版印刷、トランス、博報堂、Hashpalette、ピクスタ、PocketRD、三井住友海上火災保険、ユナイテッド、Ridgelinez、Recika

<NFTStudioとは>

「NFTStudio」のイメージ

「NFTStudio」は作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できるNFTプラットフォームです。 ブロックチェーンには高騰するトランザクション手数料(ガス代)の解決策としてMatic Network社が提供するL2ソリューション、polygon(Matic Network)を採用しており、NFTはクレジットカードにて購入を行うことが可能です。

<会社概要>

CryptoGames株式会社のロゴ

NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。

2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

社名: CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp

企業情報

企業名CryptoGames株式会社
代表者名小澤孝太
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら