スクウェア・エニックス初のNFTデジタルシール「LINE BITMAX Wallet NFTマーケット β」において本日より二次流通を開始

LINE Blockchainを採用した「資産性ミリオンアーサー」第二弾も発売

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、本日よりスクウェア・エニックス初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」が「LINE BITMAX Wallet NFTマーケット β」において二次流通を開始しましたのでお知らせします。

スクウェア・エニックス初となるNFTデジタルシール『資産性ミリオンアーサー 第一弾「-資産王、君臨-」』が2021年11月26日(金)よりNFTマーケット βにおいて二次流通開始となりました。これによりユーザーは、LINE BITMAX Wallet内で保有するNFTデジタルシールの出品、購入が可能となります。なお11月25日(木)より発売開始されたNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」第二弾の基盤技術にも、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用されています。

LINE Blockchainを基盤としたNFTアイテムの取引ができる「NFTマーケットβ」を通してNFTアイテムの二次流通市場を構築することにより、ユーザー間での取引の中でNFTアイテムの付加価値が高まっていく場を提供し、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指します。

【NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」第二弾 概要】
■タイトル:資産性ミリオンアーサー 第二弾「-邪神、暴走-」
■販売日時:2021年11月25日(木)
■購入方法:公式サイト(https://shisansei.million-arthurs.com/)にて提供
■価格:
・キャラクターシール初版※全10種…1枚500円(税込)
※1種につき700枚、計7,000枚限定発売
・4コママンガシール初版※全20種(5話×4コマ)…1枚500円(税込)
※1種につき500枚、計10,000枚限定発売
・4コマシールセット(各話の4コマ4枚セット)…2,000円(税込)
※1,000セット限定(各200セットx5話)
・ミリオンプレスセット(全30種×1枚の30枚セット)…15,000円(税込)
※500セット限定
計36,000枚

LINEでは、今後も「あなたの毎日につながるLINE Blockchain」をコンセプトに、ユーザーの日常生活に実際に適用できるブロックチェーンサービスおよび技術の提供を目指してまいります。

LINEは、2018年4月のLINE Blockchain Lab設立以降、様々なブロックチェーン事業に取り組んでいます。ブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」では、開発者が簡単にLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上でNFTアイテム等のトークンを発行し、サービス構築できる環境を提供しています。また、「LINE BITMAX Wallet」では、LINEアカウント一つで「LINE Blockchain」基盤のNFTアイテムを含むデジタルアセットの管理が可能となり、ユーザーは秘密鍵の管理なしにブロックチェーンサービスを利用することができます。IPホルダーやクリエイターは、「LINE Blockchain Developers」を通じて発行したトークンをLINEアカウントと紐づく「LINE BITMAX Wallet」で管理・連携させることで、LINEのユーザー基盤を活かしたサービスの構築が可能となります。

参考プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3385
・「LINE Blockchain」について:https://blockchain.line.me/ja/
・「LINE BITMAX Wallet」使い方の詳細: https://note.com/line_blockchain/n/n6aa0765fe51e
・「LINE BITMAX Wallet」登録方法の詳細:https://note.com/line_blockchain/n/n2e4753eb8a67

企業情報

企業名LINE株式会社
代表者名出澤 剛
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら