NFTを活用したビジネスモデルとは?具体例とともに解説

現代はもので溢れており、代替品も多く見られるようになりました。

ただ、そんな現代だからこそ代替不可能なものの価値が高まっています。

NFTとは代替不可能なトークンのことで、代わりのものがない唯一のデータを指しています。

そのNFTを活用したビジネスモデルが今、世界的に注目を集めています。

今回はNFTを活用したビジネスモデルに興味を持っている方に向け、NFTビジネスとは何なのか、更に具体的なNFTビジネスモデルとはどういったものなのか、解説します。

NFTを活用したビジネスモデルとは

デジタルの時代

アナログからデジタルへと時代が変わり、現代では多くの方が当たり前にデジタルデータを利用するようになりました。

デジタルデータというのは基本的に誰でも簡単にアクセスでき、コピーや複製も簡単にできてしまいます。

ただ、その一方でそんなデジタルデータだからこそオリジナルが不明になってしまうことも少なくありません。

そこにオリジナルの価値、1点ものの価値を見出したのがNFTです。

NFTの価値と発生するビジネス

NFTを活用したビジネスでは、デジタルで発行したものに対し「これはオリジナルだ」という証明ができるようになり、そこに価値が付与されます。

価値が付与されるということは、当然それを売買できるようにもなるわけです。

これがNFTを活用したビジネスモデルの大枠の仕組みになります。

NFTを活用したビジネスモデルは様々な分野で役に立つのですが、その中でも特に親和性が高いと言われているのが以下の分野です。

  • アート
  • スポーツ
  • 不動産
  • コミックや小説
  • 公的証明書

実際に、NFTを活用したビジネスモデルで、アーティストが自身の作品を高値で売ったという話も各種メディアで取り上げられています。

NFTを活用したビジネスモデルで何かを売った、買ったという話はどんどん身近なものになっているのです。

NFTを活用したビジネスモデルが盛り上がっている背景

NFTを活用したビジネスモデルが今まさに盛り上がっているわけですが、なぜここまでの盛り上がりを見せているのでしょうか?

その背景にも目を向けてみましょう。

NFTは唯一無二

まず挙げられるのが、NFTを活用したビジネスモデルが人間の持っている欲望を刺激するという部分です。

今はものに溢れた時代ですが、その世の中だからこそ人々は唯一無二のもの、世界にひとつしかないオリジナルのものへの所有欲を高めています。

さらに掘り下げていくと、代わりのないものを所有していることがステータスになるという部分や、代わりのないものを所有することが自分自身を特別な存在だと思える部分もあるのでしょう。

また、NFTを活用したビジネスモデルで実際に利益を得ているケースが増えているのも背景の一つです。

日本のニュース番組などでも無名のアーティストがNFTを活用したビジネスモデルで継続的に利益を得ているケースが紹介するようになり、そのアーティストの作品の購入者へのインタビューなども行われるようになりました。

各種メディアで取り上げられることによって、より身近に感じられるようになり、「自分もやってみよう」という気持ちを刺激するのではないでしょうか。

仮想通貨が一般的なものになったというのも、大きな影響がありそうです。

具体的なNFTビジネスモデル

NFTビジネスモデルを具体的に見ていきます。

1つ目は、NFTマーケットプレイスです。

NFTマーケットプレイスというのは、NFT化された商品の売買や交換をおこなうインターネット上のプラットフォームのことを指します。

オークションサイトやフリマアプリのNFT版のようなものです。

2つ目は、ゲーム関連のNFTビジネスモデルです。

代表的な例にNBAのTopShotがあります。このTopShotはデジタルトレーディングカードの事業をおこなっているものです。

デジタルトレーディングカードの販売機能やユーザー同士で購入できる機能など様々な機能があり、一般ユーザーにまでNFTビジネスモデルを浸透させた良い例と言えるでしょう。

他にもNFTビジネスモデルとしては、デジタルファッションブランドやクラウドファンディングなど様々なプロジェクトが立ち上がっています。

まとめ

代わりがない唯一のデータであるNFTに関する、さまざまなビジネスモデルができあがっています。

今のところ日本より海外に積極的な動きがありますが、国内企業でもNFTビジネスモデルに関する動きが少しずつ目立ってきました。

NFTを活用したビジネスモデルを考えているのであれば、今がチャンスかもしれません。