HTC傘下のVIVE Arts、グローバルアート取引プラットフォームをローンチ

HTC(台湾)傘下のVIVE Artsは、12月9日(木)、新規プラットフォームをローンチし、デジタルアートのエコシステム構築を目指します。まず12月17日(金)から、オープン記念セール「Timeless Mucha(みんなのミュシャ)」として、ミュシャ財団と提携し、アルフォンス・ミュシャが描いたアールヌーヴォーの代表作を世界市場向けにNFTとして販売します。またセールと同時にミュシャ財団による展示会「Mucha to Manga – The Magic of the Line(ミュシャからマンガへ ― 線の魔術)」が台湾の台北で開催されます。展示会期間中は毎月新しいNFTを販売し、最終の2022年4月にはスペシャルオークションを実施します。

HTC傘下のVIVE Arts、グローバルアート取引プラットフォームをローンチ

VIVE Artsは、12月9日(木)、アートおよびカルチャー分野向けの新しいグローバルアート取引プラットフォームを発表、公開いたしました。このプラットフォームはVIVE Artsを次のステージへと発展させるものであり、デジタルアートの完全なエコシステムを構築し、アーティストや団体が革新的なアートワークや作品を創作、展示、販売できるように支援する最新技術を活用しており、物理的な世界とオンラインの両面でグローバルなオーディエンスにリーチします。オープン記念セールを12月17日(金)から実施し、チェコ出身の著名な画家、アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)によるアールヌーヴォーを代表する名作のNFTを、ミュシャ財団との長期的な提携企画の一環として販売します。「Timeless Mucha(みんなのミュシャ)」セールは台湾の台北でミュシャ財団が開催する展示会「Mucha to Manga – The Magic of the Line(ミュシャからマンガへ ― 線の魔術)」の開始とともに行われ、展示会の期間中、月ごとに新しいNFTシリーズが公開され、最終月にはスペシャルオークションが実施されます。

アルフォンス・ミュシャ「四芸術:音楽、詩、絵画、ダンス」、ミュシャ財団の厚意による
アルフォンス・ミュシャ「四芸術:音楽、詩、絵画、ダンス」、ミュシャ財団の厚意による
  • VIVE Artsのエグゼクティブ・ディレクター、セリーナ・イェからのコメント
  • ミュシャ財団のエグゼクティブ・ディレクター、マーカス・ミュシャ氏からのコメント
  • VIVE Artsプラットフォームについて

「新しいグローバルアート取引プラットフォームを開始できることをうれしく思います。ここからVIVE Artsは次のステージへと進み、包括的なエコシステムを構築して、成長を続ける豊かなデジタルアートの世界を発展させます。このプラットフォームで私たちはブロックチェーン技術を用いて、デジタルクリエーション、イノベーション、そしてつながりの新しい可能性を切り開き、アーティストや団体へのサポートを強化したいと考えています。VIVE Artsの一連の試みのスタートとなるミュシャ財団とのコラボレーションを継続し、世界中の人々が財団の所有する素晴らしいコレクションに出会い、多くの人に愛されるアルフォンス・ミュシャの絵画をNFTのかたちで手に入れることができるようにします」「私の祖父、アルフォンス・ミュシャは真のイノベーターでした。本当の世界的なデザイン運動という意味で歴史上初であったアールヌーヴォーを生み出しただけでなく、生涯を通じてアートとテクノロジーが交わる分野に関わり、パリのスタジオでは映画に関するリュミエール兄弟の初期の実験の面倒も見ていました。VIVE Artsとの提携を継続し、先見の明のあるチームと協力できることを喜ばしく思います。この協働により、祖父の遺したアートを新しい芸術のかたちで存続させられます。この可能性に彼は間違いなくわくわくしているでしょう」新たなデジタルアート取引プラットフォームであり、VIVE Artsのカルチャー分野におけるこれまでの経験に加え、HTCのブロックチェーン技術と専門知識が結集する場となります。2017年に生まれたVIVE Artsは、この5年間、アートおよびテクノロジープログラムとして、世界をリードするアーティストや団体と連携し、アートとカルチャーを届ける方法を変革してきました。新しいデジタルクリエーションの手法を利用して、アート表現の境界線を押し広げ、世界中の新たなファンとのつながりが生まれています。この新たなプラットフォームを通じて、VIVE Artsはアーティストやクリエイターへの支援をさらに強化し、彼らがブロックチェーン技術の無限の可能性を活用し、変化に富みますます複雑になるデジタルアートの世界の利用において、個々人が権利を行使できるようにします。VIVE Artsは今後、新たなアート形式による試みから、美術館・カルチャーイベント・オンラインでの最先端の表現の展示、ブロックチェーンにおける作品の保護と販売に至るまで、クリエーションのあらゆる過程でパートナーの方々をサポートしたいと考えています。このVIVE Artsの新たなステージでの発展は、エグゼクティブ・ディレクター、セリーナ・イェが、新たにメンバーに選ばれたキュレーターのヴィクトリア・イヴァノヴァ、グローバル・パートナーシップ長のリー・ターナーとともに先導します。

VIVE Artsのプラットフォームは直観的で使いやすいデザインが特徴で、アートファンや長年コレクターをしている人、そして新しい購買層に訴求し、アーティストの知名度に縛られることなく選ばれた多様なデジタル作品に出会える場となります。プラハのミュシャ財団、ロンドンのサーペンタインギャラリー(開催予定のドミニク・ゴンザレス・フェルステル氏の展示をVIVE Artsがサポート)、台北のチーウェンギャラリー、プラットフォームのdslcollectionPhotography of ChinaRadiance VRなどの著名な団体と提携し、特別なコラボレーションや新しいコミッション、NFTアートに注力します。パートナーは今後も増える予定です。VIVE Artsはアーティストと団体のサポートに尽力し、カルチャー分野における外してはならない重要事項や要求に応えるプラットフォームをはぐくんできました。社内専属のアーティスト担当者、アートアドバイザー、テクニカルチームによる独自のエンドツーエンドのサポートを提供し、新しいものを育て、デジタルアートを充実させるための長期的な関係の構築を目指します。

VIVE Artsの高度な技術インフラと社内専門知識に基づき、プラットフォームにはカスタマイズ可能な非常に柔軟なオプションが用意されており、クリエイターと購買者の双方にとって取っつきやすいデジタルアートマーケットとなっています。プラットフォームでは、VR、AR、XRと、あらゆる形のデジタルアート作品を扱うことが可能で、クリエイターはNFTエディションの数と販売形式を規定でき、支払い手段として通常の通貨と暗号通貨の両方に対応しています。イーサリアムだけでなく、VIVE Artsもまた、持続的なデジタルアートの未来のために、より供給側に配慮したPoS(プルーフ・オブ・ステーク)およびPoSA(プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ)ブロックチェーンを提供します。アーティストと団体は個々の取引で利益を得られ、業界最先端の暗号化・セキュリティ・認証システムを備えたVIVE Artsのサービスを享受できます。VIVE Artsは進化しつづけます。今後プラットフォームのメタバースへとの統合が進み、ユーザーはこのVRの世界に入り込んでアーティストや作品、体験を探すことができるようになります。

  • 将来のNFT取引について

VIVE Artsのサイト経由で見られるこのプラットフォームでは、12月17日(金)から始まるオープン記念セール「Timeless Mucha(みんなのミュシャ)」のプレビューを確認できます。このセールはミュシャ財団とVIVE Artsの大規模なコラボレーション企画の一部であり、アールヌーヴォーのパイオニア、アルフォンス・ミュシャの絵画を、ミュシャ財団およびミュシャファミリーコレクションの協力により、新しい斬新な手法で世界中の人々に届けます。セールはリアルとバーチャルの企画を並行させる形で、今年の12月18日から来年の4月5日まで台北でミュシャ財団が開催する展示会「Mucha to Manga – The Magic of the Line(ミュシャからマンガへ ― 線の魔術)」の開始に合わせて行われます。この展示会では、アルフォンス・ミュシャの特徴的な線のスタイルの発展を紹介し、1960~70年代のサイケデリックアーティストや1970年代以降の日本のマンガ家、そして台湾のコンテンポラリーアーティストなどを取り上げ、彼のスタイルがその後の人々にどう影響したのかを見せます。最初は、アルフォンス・ミュシャの有名な絵画のNFTを2点、10点、および30点販売します。対象作品には、「椿姫」や連作「四芸術:音楽、詩、絵画、ダンス」が含まれます。

オープン記念セールのあとも展示会終了までの間、各月の始めに新しいNFT販売を行い、「黄道十二宮」、連作「月と星」、「ジョブ」や、当時もっとも有名であったパリの女優サラ・ベルナールを描いた演劇『ジスモンダ』のポスターなどの有名な作品を扱う予定です。2022年4月の最終販売は、1912年に第1作目が完成しプラハ市に寄贈されたミュシャの壮大な連作「スラヴ叙事詩」の110周年を記念して、2週間のスペシャルオークションとともに実施されます。ミュシャ財団とVIVE Artsのコミッションにより受賞歴のあるデジタルスタジオNexus Studiosが制作した没入型VRアート作品、『Slav Epic VR(スラヴ叙事詩VR)』(2019)のNFTが2点作成されています。このVRアート作品は、「スラヴ叙事詩」の最初の作品である「故郷のスラヴ人」の鮮やかな世界に命を吹き込み、2019年に台北の国立故宮博物院で初披露されたものです。観た人々は、ミュシャのイマジネーションの中に引き込まれ、心に響く彼の作品を文字通り体感できます。『Slav Epic VR(スラヴ叙事詩VR)』のNFTのうち1点はミュシャ財団がそのまま保管し、もう1点がVRヘッドセット付きで販売される予定です。NFT販売の利益はすべて、ミュシャ財団の使命の援助に充てられます。

プラットフォームではアルフォンス・ミュシャのNFT販売以外にも、カナダの有名な映像作家のマルコ・ブランビヤ氏、新鋭メディアアーティストのナンシー・ベイカー・ケイヒル氏、ロンドンとベルリンを基盤にするアート集団のKeiken、イタリアのコンテンポラリーアーティストのカローラ・ボンフィリ氏、中国のインターディシプリナリィ男性ソプラノアーティストJU-EH氏、ロンドンで活動するムービングイメージアーティストのスキ・チャン氏、台湾の新鋭メディアアーティストのムスキキ・チーイェン氏、英国アーティストのエリオット・ドッド氏、米国のコンテンポラリーアーティストのテッド・ローソン氏など、VIVE ArtsとともにNFT作品づくりに現在関わっているアーティストたちを紹介します。

詳細についてのお問い合わせ先:
Sophie Balfour-Lynn(Sutton) sophiebl@suttoncomms.com

  • VIVE Artsについて

VIVE Artsは最新技術を活用してデジタルアートとカルチャーの完全なエコシステムを構築し、世界をリードするアーティストや団体と連携し、パートナープログラムと新しいグローバルアート取引プラットフォームを通じて、革新的なデジタルアートや体験を創作・展示・販売します。ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館、テートモダン、パリにあるルーブル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館、プラハのミュシャ財団、ニューヨークのアメリカ自然史博物館、台北の国立故宮博物院、シンガポールのアートサイエンス・ミュージアム、ヴェネツィア・ビエンナーレなど、2017年の創設以来、VIVE Artsは著名な50以上の団体とパートナー関係を結び、新しく力強いストーリーテリングを提示して、コレクションの展示や企画を発展させてきました。VIVE Artsの使命は、デジタルイノベーションを通じて、アートとカルチャーの体験方法を変革し、創作活動において個々人が権利を行使できるようにして、世界中の文化遺産を保護することです。マリーナ・アブラモヴィッチ氏、アニッシュ・カプーア氏、ローリー・アンダーソン氏、シン・チェン・ファン氏、ドミニク・ゴンザレス・フェルステル氏、カイ・グオチャン氏などのコンテンポラリーアーティストと協力して、VIVE Artsはアーティストたちがさらなる試みに挑戦し、新しいかたちの創造表現を探求できるように取り組んでいます。専属のアーティストアドバイザーや、アーティスト担当者、テクニカルチームにより、VIVE Artsはパートナーたちのクリエーションの全過程をサポートし、ブロックチェーンと販売におけるあらゆる形式のデジタルアート作品も保護します。
ホームページ:https://www.vivearts.com/

  • ミュシャ財団について

ミュシャ財団は、チェコ共和国の独立非営利慈善団体です。画家アルフォンス・ミュシャの孫であるジョン・ミュシャ氏と、アルフォンスの義理の娘であるジェラルディーヌ・トムセン・ミュシャ氏により1992年に設立され、世界的に活動しています。ミュシャ財団の使命は、世界中にあるアルフォンス・ミュシャの作品群の中でも最大の包括的なコレクションであるミュシャファミリーコレクションの保護と保全、およびアルフォンス・ミュシャの文化遺産の振興です。何年もの活動の中、世界中で50を超える展示会を実施し、6,500,000以上の来場者にアルフォンス・ミュシャやチェコの文化を伝えてきました。ミュシャ財団は、アルフォンス・ミュシャの生涯や作品に関する知識の権威として国際的に認知されています。財団代表はジョン・ミュシャ氏です。
ホームページ:http://muchafoundation.org/

企業情報

企業名HTC NIPPON株式会社
代表者名児島 全克
業種製造業

▶︎プレスリリース詳細はこちら