香港の Web3.0 企業「Animoca Brands」、日本に戦略的子会社設立シードラウンドで約 11 億円調達
  • 〜マンガ、アニメ、ゲーム、アートなど、日本が誇るコンテンツの世界進出をサポート〜

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、香港を拠点とする Web3.0 企業 Animoca Brands が日本における戦略的子会社「Animoca Brands 株式会社」を設立したこと、また同社がシードラウンドで約 11 億円の資金調達を完了したことをお伝えします 。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

香港を拠点とする Web3.0 企業「Animoca Brands Corporation Limited」(香港特別行政区)は2021 年 10 月 25 日、日本における戦略的子会社「Animoca Brands 株式会社」(東京都港区・代表取締役 谷 元樹、以下 Animoca Brands KK)を設立したことをお知らせします。また、Animoca Brands 株式会社は 2022 年 1 月に、シードラウンドで約 11 億円の資金調達を完了いたしました。

Animoca Brands KK 設立の趣旨
Animoca Brands KK は、大手出版社、ブランド、教育、スポーツ競技団体、アスリート、アーティスト、ゲーム会社といった、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーが世界に直接コミュニティを作り、グローバルでファンを獲得し、トラフィックを創生することを支援する目的で設立されました。具体的には、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームを構築・提供し、日本の知財・IP ホルダーが Web3.0 のエコシステムの中で自ら NFTやトークンを発行できる仕組みを提供。それによって、ファンとのコミュニティを構築し成熟化させていくことを支援します。
Facebook が Meta へ社名変更したことに伴い、日本でもメタバースや NFT 事業への参入が急増しています。しかしその多くが、マーケットプレイスの創生と NFT の国内向けの販売を主眼においたものです。国内に一定の市場規模があることから、テクノロジーが独自の進化を遂げやすい反面、グローバルのプラットフォームに取り残される事例も少なくありません。Animoca Brands KK はグローバルで活躍するプロフェッショナルと共に、日本の知財・IP ホルダーの世界進出をサポートします。2021 年 10 月に、国際金融都市構想を掲げる福岡市に日本進出準備会社を登記。2022 年 1 月には、シードラウンドとして MCP アセット・マネジメント(東京都千代田区・代表取締役社長 田中 徹也)が組成した IPX1 号ファンドから 500 万 USD、Animoca Brands から 500 万 USD の資金調達を完了しました。IPX1 号ファンドには、株式会社講談社、西日本鉄道株式会社、三井住友信託銀行株式会社などが参画しています。このシードラウンド完了を経て、今後 Animoca Brands KK は東京都港区を拠点に、日本における事業拡大に取り組む所存です。来たるWeb3.0 時代に、日本と世界を直接つなげることを使命としてビジネスを展開して参ります。

Animoca Brands Corporation Limited とは
Animoca Brands KK の親会社となる Animoca Brands は、香港を拠点とする Web3.0 企業で、世界各国で 150 以上のメタバースや NFT 企業・プロジェクトなどに関する投資を実行し、350 以上の人気グローバルブランドと提携。ブロックチェーン/NFT に関連したブロックチェーンゲーム・メタバース・DeFi・仮想通貨
ウォレットなど様々な分野への投資を行ない、独自の Web3.0 のエコシステムを構築しています。2022 年 1月には 3 億 5900 万ドル(約 410 億円)の資金調達を完了。企業評価額およそ 50 億ドル超(約5700 億円)のユニコーンとして成長を続けています。

【主な投資先及びプロジェクト】
Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)、OpenSea(オープンシー)、The Sandbox(ザ・サンドボックス)、Star Atlas(スター・アトラス)、Blowfish Studios(ブローフィッシュ・スタジオ)、NBA Top Shot(NBA トップショット)

【主な提携グローバルブランド】
Formula 1®、Disney、WWE、Power Rangers、MotoGP™、Doraemon ほか

【Animoca Brands の主なビジネス拠点】
香港・韓国・アメリカ・カナダ・アルゼンチン・オーストラリア・フランス・ドイツ・チェコ・フィンランド・エストニア

■Animoca Brands Chairman of the Board :Yat Siu(ヤット・シウ)
オーストリアのウィーンで生まれ育った香港を拠点とする起業家。Animoca Brands の共同創設者であり、Web3.0 を牽引するテクノロジー業界の起業家として名をはせている。世界経済フォーラム、ヤング・グローバル・リーダーほか受賞歴多数。ウィーンの音楽芸術大学で学び、アジアユースオーケストラのディレクターでもある。

■Yat Siu(ヤット・シウ)のコメント
高品質で魅力的な知財やコンテンツが豊富にある日本に、この度 Animoca Brands Japan を設立することに大変興奮しています。また講談社などグローバルにおけるジャパンカルチャーに影響力のある世界的な企業から出資を受けられることを大変光栄に思っています。Animoca Brands Japan は、日本の IP オーナーの皆様がオープンメタバースで Web3.0 の新しい製品やサービスを提供できるよう、パートナーとして活動していきます。

■Animoca Brands 株式会社 :谷 元樹
1996 年コーネル大学卒業後、米国プライスウォーターハウスにリスクマネジメントコンサルタントとして就職。その後、複数の米系金融機関を経て JP モルガンの円貨債券トレーディングヘッドに就任。 2013 年に香港へ渡り、Millennium Capital Management 社の Managing Director、Senior Portfolio Manager、 Japan Macro Strategy 投資を担当する。ドン・ペリニヨン第五代シェフ・ド・カーヴのRichard Geoffroy 氏が富山県で始めた日本酒「IWA5」で知られる白岩社にモエ・ヘネシー社と共同出資し、取締役就任。
日本の IP の世界進出支援を志し、2021 年 10 月 Animoca Brands 株式会社の代表取締役に就任。

■谷 元樹のコメント

長く父の仕事の関係で幼少期から海外で育った私は、日本の文化が持つパワーを身近に感じてきました。漫画やアニメ、ゲーム、アート、芸術、スポーツといった日本が誇る文化・コンテンツは世界中のファンから愛されています。そうした日本の IP、アスリート、クリエイター、制作者と世界のファンを直接繋げる一助となるべく、Animoca Brands KK の代表取締役に着任しました。

Animoca Brands は、世界各地に 150 社以上のポートフォリオを有する世界一多様なコミュニティ群を形成しております。関連サービスの利用者は 1 億人を超え「アニモカエコシステム」と呼ばれる Web3.0の開かれた、共有する、共感する世界を広げています。
Animoca Brands KK は、その日本における戦略的子会社として設立されました。開かれたWeb3.0 の世界へ、日本の IP・知財ホルダー・アスリートの皆様を全力でご支援します。

■企業概要

Animoca Brands 株式会社
Web:https://www.animocabrands.co.jp
Twitter:@Animocabrandskk
業務内容:WEB3.0 に関するブロックチェーン・NFT を活用したプラットフォーム構築のサービス提供
設立年月日:2021 年 10 月 25 日
代表取締役:谷 元樹
連絡先:pr-abkk@animocabrands.com 

企業情報

企業名Animoca Brands 株式会社
代表者名谷 元樹
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!