NFTはなぜ話題に!?NFTが話題になった理由とは

NFTは2021年2,3月ごろから国内でも話題となってきたと思います。
しかし、NFT自体が初めて出てきたのは2017年です。

本記事では、国内でNFTが話題となっていった取引事例を紹介していきたいと思います。

なぜ急にNFTが話題になったのか

1. NBA Top Shot

「NBA TOP SHOT」公式HP
引用:「NBA TOP SHOT」公式HP

2021年2月22日に、NBA Top Shotで当たるレブロン・ジェームスによるスラムダンク・シュートの映像などが付属したNFTトレーディングカードが約2270万円で取引されました。

NBA Top Shotは、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)から公式ライセンスを受けているNFTトレーディングカードです。
購入者はNBAの試合のハイライト動画や写真、試合データが付属したNFTを入手できます。

また、NBA Top Shotを運営しているDapper Labsは、同年3月末にバスケットボール界のレジェンドであるマイケル・ジョーダンや、ケビン・デュラントなどの多くの著名人やVCなどに、評価額26億ドルで3億500万ドル(約340億円)超の資金調達をしています。

2.Beeple

BeepleのNFT作品
引用:美術手帖「BeepleのNFT作品が約75億円で落札。現存アーティストのオークション記録第3位に」

2021年3月11日(現地時間)に、デジタルアーティストであるBeeple(本名:マイク・ヴィンケルマン)が5000日間(約13年間)かけて制作したデジタルアート作品「Everydays - The First 5000 Days」がオークションハウスChristie’sにて約75億円で取引されました。

この取引で「NFT」を知った人は多いかと思います。
また、この取引によりNFT×アートの可能性が可視化され、多くのアーティストがNFT作品を出品するようになりました。

3.ジャック・ドーシー氏 ツイート

TwitterのドーシーCEOの初ツイート
引用:ITmedia NEWS「TwitterのドーシーCEOの初ツイートNFT、3億円超で落札 全額寄付」

2021年3月22日(現地時間)に、米Twitterと米SquareのCEOを務めるジャック・ドーシー氏が、Twitter上で史上初となるツイートをNFTとしてNFTマーケットプレイスのValuableに出品し、約3億1640万円で取引されました。
※この売り上げは、アフリカ地域支援の非営利団体GiveDirectlyに全額寄付したそうです。

この取引がされる前まではアートやトレーディングカードなどが高額取引で話題となっており、NFTとはなんだ!?と思う人が多かったと思います。
また、このジャック・ドーシー氏のツイートが高額で取引されたことによって、なぜこんなものが高額で取引されるのか、どんな価値があるのか、と大衆からNFTというワードがさらに注目され、日本でも話題となったのです。

終わりに

今回は、NFTが話題となった取引を3つあげましたが、他にも話題となった取引はあります。
その他の取引は、以下の記事で書いておりますのでぜひご覧ください。