日本初!NFTアート発、アニメ化プロジェクト始動!9歳の少年による「Zombie Zoo」×東映アニメーション

東映アニメーション株式会社は、9歳の少年によるNFTアートコレクション「Zombie Zoo」を原案にした新しいアニメプロジェクトを立ち上げました。NFTアートのアニメ化プロジェクトは日本初となります。今後の詳細情報はプロジェクト公式サイト(https://www.toei-anim.co.jp/zombie-zoo/)で、随時公開していきます。映像は2022年春公開予定!今後の展開にご期待ください。

■ プロジェクト概要

「子どもはみんなクリエイター」

子どもは既成概念に囚われない自由なクリエイティビティを持っています。
それは、大人になったら失われてしまう子ども時代の宝物です。
大人のクリエイターの手により多くのキッズアニメを世に送り出してきた当社ですが、本プロジェクトの主役クリエイターは子ども自身です。子どものクリエイティビティをそのままアニメ化するサポートをしたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

「子どものクリエイティビティ」×「テクノロジー&インターネット」×「コンテンツ製作」

この3つの要素の相乗効果を図りながら子ども達のクリエイティビティを応援します。テクノロジーやインターネットの発展により、今やプロアマ問わず個人でもイラストからその世界観を拡張し、多角的なコンテンツ展開をすることが可能な時代になりました。しかし、子ども達はどうでしょうか。ここにキッズアニメを作り続けてきた当社が貢献できる役割があると考えます。
その第一歩として、NFTアートコレクション「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」を生み出した9歳の少年・Zombie Zoo Keeper(ゾンビ・ズー・キーパー)と協業します。子どもの小さなクリエイティビティが、テクノロジー&インターネットによって翼を得て、当社が製作するコンテンツに乗せて世界に広がっていく驚きや喜びを皆様と共に分かち合えると嬉しいです。

公式HP:         https://www.toei-anim.co.jp/zombie-zoo/
Twitter:         https://twitter.com/ZombieZooAnime

■ 「Zombie Zoo」とは

「Zombie Zoo(ゾンビ・ズー)」とは、9歳の日本人の少年・Zombie Zoo Keeper(ゾンビ・ズー・キーパー)によるNFTアートプロジェクトです。2021年に夏休みの自由研究として、母親であるアーティストの草野絵美さんと共に始めました。累計209点にも及ぶピクセルアートは全てiPadで描かれており、NFTマーケットプレイスのOpenSeaで販売されています。

SNSで大きな評判を呼び、これまでの全作品が完売。「2021 Forbes JAPAN 100」にも選出され、一躍”日本のNFTアートシーン”の顔になりました。(2022年1月24日時点)

Zombie Zoo Keeper

 Zombie Zoo Keeperコメント
「ぼくが今考えたゾンビたちを捕まえるアニメを作りたいと毎日ママと話していたので夢がかないました。子どものうちに子どもの時にしかできないものを大人たちと作れるなんてワクワクします。」

OpenSea:         https://opensea.io/collection/zombiezoo
Twitter:             https://twitter.com/ZombieZooArt
公式HP:            https://www.zombiezookeeper.com/

■ NFTとは

Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略称。暗号資産と同じブロックチェーン上で発行されるトークンであることから、耐改ざん性及びトークン移転の来歴管理等の特徴を持ちます。このブロックチェーン技術により、従来希少性を表現できなかったデジタル表現に固有の値や属性を持たせることで希少性を表現することが可能になるため、アニメ業界のクリエイターやIPホルダーにとって製作、アニメビジネス、キャラクターマーチャンダイジング等の在り方を変えるだけでなく、アニメファンにとっても新しいファン体験を生み出すことが期待されています。

■ 企業のご担当者様へ

プロジェクトを一緒に育ててくださるパートナー企業の方を随時募集しております。

©Zombie Zoo Keeper
©東映アニメーション

企業情報

企業名東映アニメーション株式会社
代表者名高木勝裕
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら