NFTアーティスト・Zombie Zoo Keeperの新作をフィジカルアートに

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社アマナがZonbie Zoo Keeper氏と共同制作した作品を展示・販売することを発表しました。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

コミュニケーション変革をクリエイティブで実現する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信、以下「アマナ」)はこの度、NFTアーティスト・Zombie Zoo Keeper氏と作品を共同制作し、今回制作した作品は、2022年2月16日(水)から日本橋三越本店および三越伊勢丹オンラインストアにて展示・販売されます。*店頭は展示のみ

Zombie Zoo Cats作品(左:アクリルマウント/右上:アクリルキューブ/右下:ギャラクシーフレーム)

Zombie Zoo Cats作品(左:アクリルマウント/右上:アクリルキューブ/右下:ギャラクシーフレーム)


NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)ブームが盛り上がりを見せる中で、昨年一躍話題になった、8歳の小学生NFTアーティスト・Zombie Zoo Keeper氏(@ZombieZooArt)。夏休みの自由研究として無料アプリで描きはじめたデジタルアートがNFTマーケットプレイス「OpenSea」で次々と高額取引されて注目を集め、NFTアートの概念を国内に広める大きなきっかけにもなりました。

日本橋三越本店による企画のもと、描いたデジタルアートをフィジカルアートやグッズにすることは初の試み。興味があるという本人の思いから、母親で自身もアーティストとして活動する草野絵美氏(@emikusano)がサポートするかたちで今回の取り組みがスタートしています。

Zombie Zoo Keeper氏が描いた新作シリーズ「Zombie Zoo Cats」は、アマナの美術プリント工房「FLAT LABO」で3種のフォトアクリルに仕上げます。共同制作によるこれらの作品は、日本橋三越本店にて展示、三越伊勢丹オンラインストアにて受注販売。さらに、スタートバーン株式会社が提供する、アート作品の価値継承を支えるインフラ「Startrail」※に発行されたICタグ付きブロックチェーン証明書によって作品の真正性を担保します。
 

「Startrail」


※「Startrail」とは:スタートバーン株式会社が構築する、アート作品の信頼性と真正性の担保、ひいては価値継承を支える持続可能なブロックチェーンインフラ。ギャラリー、オークションハウス、ECサービス、美術館、アートコレクションなど、アート作品の流通・管理に関わる事業者は、ブロックチェーン証明書を発行・移転できる。今回の取り組みでは、「Startrail」に接続するサービスとして同社が提供する「Startbahn Cert.」を活用し、ブロックチェーン証明書をZombie Zoo Keeper氏が発行。アート作品の所有者は、作品に貼付されたICタグをスマートフォン等で読み込むことにより、証明書の情報を閲覧することができる。
 

  • 作品詳細作品詳細

2月22日(猫大好き大集合in 日本橋三越)にあわせて描かれた新作シリーズ「Zombie Zoo Cats」計10作品を、ギャラクシーフレーム、アクリルマウント、アクリルキューブの3種のフォトアクリルにプリント・加工して制作。

▼ 新作シリーズ「Zombie Zoo Cats」10作品

新作シリーズ「Zombie Zoo Cats」10作品


▼ フォトアクリル3種展開イメージ

フォトアクリル3種展開イメージ
  • 展示・販売について

▼展示場所
日本橋三越本店(中央区日本橋室町1-4-1) 本館2階イベントスペース

▼販売
三越伊勢丹オンラインストア
https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/zombiezoo_w.html

▼期間
2022年2月16日(水)〜2月22日(火)
※三越伊勢丹オンラインストアでは3月31日(木)まで販売

▼商品
「Zombie Zoo Cats」シリーズ10作品につき、3種それぞれ以下数量・価格にて販売
ギャラクシーフレーム(10作品×各5点) 132,000円(税込)/1点
アクリルマウント(10作品×各10点)      88,000円(税込)/1点
アクリルキューブ(※数量制限なし)      13,200円(税込)/1点

  • アマナのプリンティングスタジオ「FLAT LABO」について

美術館クオリティのプリント出力から、オリジナル作品の制作にいたるまで、アマナ専属のプリンティングディレクターがクライアントの様々なニーズにお応えし、幅広いソリューションを提供。

アクリルプリント、特殊素材へのプリント、美術館級の大型プリント、またスキャニングや額装までを手掛けるFLAT LABOのプリンティング技術やさまざまなクリエイティブ・アウトプットは、昨年、創業450年以上のフランス老舗製紙メーカーであるキャンソン社の国際認定プログラム「キャンソン・インフィニティ認定プリントラボ(Canson? Infinity Certified Print Lab)」の日本第2号の公認を受け、同社が求める世界最高品質のプリントサービスが提供できるラボとしても正式に認められています。

FLAT LABO

FLAT LABO

FLAT LABO:https://flatlabo.com/

株式会社アマナ 会社概要
代表者  : 代表取締役社長 兼 グループCEO 進藤博信
所在地  : 東京都品川区東品川2-2-43
設 立  : 1979年4月
資本金  : 100百万円
証券コード: 東証マザーズ2402
売上高  : (連結)17,268百万円  ※2020年度12月期実績
従業員数 : (連結)933名 ※2022年1月1日現在
事業内容 : ビジュアルコミュニケーション事業(コミュニケーション領域における戦略・企画立案、ブランドデザイン&アクティベーション、インナーコミュニケーション、コンテンツマーケティング、コンテンツ制作・編集、プロトタイピング、ムービー/グラフィック制作、WEB制作、その他各種プロモーション施策の立案など)
URL   : https://amana.jp/

 

アマナ

企業情報

企業名株式会社アマナ
代表者名進藤 博信
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!