メディアドゥ、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET」をリリース/ミオヤマザキ、Eggs、シンカ、アイスクライムなどが参画

株式会社メディアドゥ(東証第一部 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田恭嗣、以下「メディアドゥ」)は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの‟公式映像”を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞できるソーシャル映像視聴アプリ「GREET」(グリート)の提供を開始いたしました。

GREETパートナーとして、ロックバンド「ミオヤマザキ」、無料のインディーズミュージックプラットフォーム「Eggs」、映画配給会社の株式会社シンカ、映像制作プロダクションの株式会社アイスクライムなどが参画します。

GREETのロゴ

距離が遠くリアルの場に集まるのが難しい‟友達同士”、過去のライブ映像を語り合いたい‟アーティストと大勢のファン”、あの頃の作品の裏話を語りたい‟制作者と視聴者”、名場面の感想を伝え合いたい‟インフルエンサーとフォロワー”などの語り合いを支援し、オンライン空間でかけがえのない時間を誰かと過ごす中で、多様なコンテンツの新たな魅力に出合えるサービスです。コンテンツへの愛を分かち合う仕組みをオンラインで実現し、映像作品のファンの増加、新たな価値創出、そしてマネタイズの最大化を目指します。

GREET 公式サイト/アプリダウンロードはこちら
https://greet.fan/



■GREETについて
GREETは、一般のユーザーから著名人まで誰もが、いわゆる‟公式”の映像作品を一緒に観て語り合うオンライン上映会を開催できます。上映会開催に掛かる費用は映像提供元のコンテンツホルダーにも還元されます。さらに、アーティストなどの著名人が主催する場合は、価格を設定して上映会チケットを販売したり、ファン向けに新作やグッズの告知、SNS誘導など幅広いコミュニケーションに加え、メディアドゥのNFTマーケットプレイス「FanTop」との連携で”チケットの半券”やグッズのようなコレクション向きNFTアイテム「Memorable Fan Item」の配布も可能です。

GREETについて

■GREETに賛同・参画いただく主なアーティスト・企業・団体
GREETの実現したい世界に共感いただき、パートナーとして参画してくださるアーティスト・企業・団体が今後開催予定のキャンペーン、GREETER上映会などの主な情報は以下の通り(2021年12月13日時点)。今後も新たなパートナーが登場し、続々とキャンペーンや上映会などを発表します。

ミオヤマザキ

ミオヤマザキのイメージ

mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)の4人組ロックバンド。”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的ライブパフォーマンスで「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。ゲームアプリ「マヂヤミ彼女」は500万DLを突破。10代~20代の女性を中心に支持を広げている。

<キャンペーン情報>
GREETの機能に惚れ込んだミオヤマザキが新曲「有ルモノネダリ」をGREETのために書き下ろし!
そしてGREET×ミオヤマザキ主催の視聴イベントを3本開催決定。このうち2022年1月4日(火)までの期間の視聴イベントとして、ライブ映像と厳選したミュージックビデオをGREETの上映会コンテンツとして無料公開します。

それぞれのイベントに参加すると、もれなくGREET×ミオヤマザキ限定デジタルグッズのNFT特典「Memorable Fan Item」をプレゼント。今までのオンライン配信とは違う「繋がり」を体験しに、ぜひご参加ください。詳細はGREETピックアップページ(https://greet.fan/pickup/mioyamazaki/)。2021年12月21日(火)の無料上映会、2022年1月6日(木)の上映会は、それぞれGREETのアプリ内で新規会員登録、上映会チケットの購入が必要です(12月21日はチケット購入無料)。

【本キャンペーンでもらえるNFT特典「Memorable Fan Item」】

本キャンペーンでもらえるNFT特典「Memorable Fan Item」

第1弾:あなたのスマホにメンちゃん出現?!「立体デジタルメンちゃん」
第2弾:GREET限定公開!!「有ルモノネダリ」歌詞カード
第3弾:メンバーから皆様へ感謝の気持ちを込めて…「メンバーからの手書きメッセージ付きサンクスカード」
※NFTのアイテム入手には別途FanTop(https://fantop.jp)のアカウント作成が必要です。

Eggs

Eggsのロゴ

インディーズを中心とした2万5千組以上のアーティストと40万人以上のリスナーが登録する国内No.1の無料音楽プラットフォーム「Eggs」が、まだ見ぬ才能の原石を発掘し、リコメンドします。

<キャンペーン情報>
2022年初旬より、インディーズアーティストへ向けたGREETイベント開催希望者を募集・選定し、キュレーター等を伴ってイベントを開催。アーティスト主催のミュージックビデオの先行試写会、ライブ未公開映像鑑賞会、新作音源視聴会などの開催を予定。

株式会社 シンカ

株式会社 シンカのロゴ

映像の力で“衝撃”と“高揚”を創造し、日常を色彩る上質なエンターテイメントを届ける映画配給会社。国内外の映画配給・宣伝、日本映画の企画・制作、スポーツイベントの企画・制作運営、スポーツクライミングをはじめとするスポーツ映像の企画制作・運用管理などを手がける。

<キャンペーン情報>
上映会でシンカ提供映像作品の上映費用割引を実施。2022年1月31日までキャンペーン価格として1本当たり税込550円(キャンペーン終了後、通常価格880円)。GREET導入作品にいずれも映画で『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』、『PLAY 25年分のラストシーン』、『この世界に残されて』など。

株式会社アイスクライム

株式会社アイスクライムのロゴ

映画・PV・WEBCM・動画・ショートフィルム・ブランデッドムービー制作プロダクション。映画製作のほか動画制作受託、クリエイティブコンサルティングを手がけ、エンタメ志向のインディペンデント映画や映像作品を提供する。

<キャンペーン情報>
上映会でアイスクライム提供映像作品の上映費用を、2022年1月31日まで期間指定で無料提供。GREET導入作品にいずれも映画で『サムライオペラ』、『水戸黄門Z』など。

上記のほか、さまざまなミュージックビデオやライフスタイル映像も期間に制限なく無料解放します。

GREET概要

サービス名GREET(グリート)
対応OSiOS、Android(アプリ)
対応言語日本語
配信国日本
課金種別ダウンロード無料(アプリ内課金)
URLhttps://greet.fan/
GREETのイメージ

■GREETのコンセプト
「誰かと一緒に」映像を共同視聴し、作品への思いを語り合う空間の創造
メディアドゥは電子書籍流通事業を主軸に「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ」届け、素晴らしい作品を人々が知るきっかけづくりに貢献しています。映像配信サービスの需要増大に伴って注目を集める、ユーザー同士で映像を共同視聴する楽しみ方に着目したサービスがGREETです。GREETは自宅に友人を招いてライブDVDの鑑賞会をするように、「誰かと映像を視聴し、誰かに思いや魅力を語ってもらう」ことで、多くの人がコンテンツを深く知り、ファンが増えていく仕組みをオンラインで提供します。

映像コンテンツ保護と収益還元で「著作物の健全なる創造サイクル」を実現
素晴らしい作品を世に広めたい思いなどから、昨今世界規模で違法アップロードなどのネガティブな問題が頻発しています。そこで、GREETでは、著作権などの問題からファンにとっては利用・共有することが難しかった公式の映像コンテンツを共同視聴する「上映会」を、誰もが適正に開催できる仕組みを提供します。GREETのサーバーに配置されるコンテンツはDRM処理で保護され、上映会開催にあたって支払われる各費用はコンテンツホルダーにも還元されます。コンテンツホルダーにとってGREETは、サブスクリプションモデルや広告収入モデルと競合することのない、さらなる収益源につながります。

■参考:関連プレスリリース
①2021年12月7日(火)配信

『メディアドゥ、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET」(グリート)を12月13日提供開始』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000009027.html

②2021年12月7日(火)配信
『メディアドゥ「GREET」第1弾上映会、ロックバンド・ミオヤマザキが開催!』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000009027.html

③2021年10月12日(火)配信
『メディアドゥ、NFTマーケットプレイス「FanTop」サービス開始』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000009027.html

企業情報

企業名株式会社メディアドゥ
代表者名藤田恭嗣
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら