日本発のP2Eブロックチェーンゲーム「ELF Masters」がホワイトペーパーを発表

ゲームNFTの初回プレセールを4月1日より開始予定

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社HashPortにおけるブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」が、Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」のホワイトペーパーを、本日公表したことをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社HashPort(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉田世博、以下HashPort)におけるブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」は、Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」のホワイトペーパーを、2022年3月16日に公表したことをお知らせいたします。

株式会社HashPort(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉田世博、以下HashPort)におけるブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」は、Play to Earnブロックチェーンゲーム「ELF Masters」のホワイトペーパーを、2022年3月16日に公表したことをお知らせいたします。

ホワイトペーパーは以下のURLから確認可能です。
https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

併せて、ゲーム内で使用されるNFTの初回プレセールが、2022年4月1日にHashPalette公式マーケットプレイス「PLT Place」で実施することをお知らせします。

「ELF Masters」は、HashPortのNFT事業子会社である株式会社HashPalette(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉田 世博、以下HashPalette)が開発するブロックチェーン「Palette(パレット)」上のサービスとしてリリースされます。

ゲーム内の共通するトークンとして「パレットトークン(以下PLT)」を使用し、将来的にはゲーム内独自トークンの発行も検討します。

ゲーム内で使用されるNFTの販売は、2022年4月1日にリリース予定のHashPaletteのNFTマーケットプレイス「PLT Place」において行われる予定です。PLT Placeでは、PLTおよびクレジットカード決済に対応予定です。

また、ゲームの概要及びゲームに使用されるNFTの概要、初回プレセールについての概要は以下の通りです。

1. ゲーム概要

  • タイトル名:ELF Masters(エルフマスターズ)
  • ジャンル:ファンタジーアドベンチャー型P2Eブロックチェーンゲーム
  • 対応チェーン:パレットチェーン
  • 対応端末:Android/iPhone
  • 提供元:HashGames(株式会社HashPort)
  • 公式ホームページhttps://elfmasters.com/
  • ゲームリリース時期:2022年6月上旬予定


2. キャラクターNFTについて
(1) エルフマスター

■ 役割

エルフマスターは、バトルにおいてメインキャラクターとして機能します。

ゲームプレイ時は、3体のマスターNFTと後述のエルフNFT3体が必要です。

■ 属性
エルフマスターは、水・炎・雷・木・光・闇の6つの属性の中から1つの属性を持っています。

■ パーツ
パーツには5つの部位(アクセサリー、武器、体、髪型、顔)が存在し、自由に組み合わせることが可能です。
各パーツの属性は部位によって6種類ずつあり、無数の組み合わせが存在します。


(2) エルフ

■ 役割
エルフはマスターのサポートとして役割を果たす他、レベルによって形態が変わります。最終形態である第三形態では、マスターNFTとともに敵への攻撃をすることが可能になります。ゲームプレイ時は、前述のマスターNFT3体と3体のエルフNFTが必要です。


■ レアリティ
エルフNFT、マスターNFTにはレアリティが存在します。
レアリティが高いほど見た目やバトル時の演出が豪華なものになり、デイリークエストでのゲームプレイの速度が早くなります。
ELF Mastersのレア度は以下の5種類が存在します。

【MR - マスターレア】


【UR - ウルトラレア】


【SR - スーパーレア】

【R - レア】

【N - ノーマル】

※レア以上のレアリティはゲームプレイによって報酬が発生します
※ノーマルは無料でプレイすることが可能です

3. NFT初回プレセール概要

  • 販売日:2022年4月1日
  • 価格 ※PLT・クレジットカード両方での決済に対応
    • MR(マスターレア)パック:30,000円(3月16日時点PLT換算:約1,111PLT)
    • UR(ウルトラレア)パック:15,000円(3月16日時点PLT換算:約555PLT)
  • 販売数量
    •  MR(マスターレア)パック:限定500点
    •  UR(ウルトラレア)パック:限定1,000点
  • 販売サイト :  2022年3月17日プレオープン及び事前登録受付開始
  • 備考:
    • 二次流通の開始時期は4月中旬を予定しています。
    • パックの中身がオープンするのは4月下旬を予定しています。



■「Palette(パレット)」について
「Palette(パレット)」は、NFT(Non-Fungible Token)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークであり、日本発コンテンツのNFTを通じた流通強化を目的にしています。異なるブロックチェーン同士をまたぐNFTのクロスチェーン技術を実装していることも大きな特徴であり、パレットで発行したNFTを、イーサリアム(Ethereum)を始めとする他のブロックチェーンネットワークに転送することも可能です。「PLT(パレットトークン)」は、パレットエコシステムにおけるコンセンサスノード運営報酬の支払い、スマートコントラクトの発行手数料(GAS)の支払い、NFT売買の決済などの用途で使用されます。
「Palette」及び「PLT」の詳細情報については、以下ホワイトペーパーをご確認ください。
Palette White Paper:https://document.hashpalette.com/HashpalettePaper.pdf

■ 会社概要
<HashPort>
会社名:株式会社HashPort
所在地:東京都港区芝4-5-10 EDGE芝4丁目ビル10階
代表者:代表取締役CEO 吉田 世博
設 立:2018年7月13日
事業概要:
・ブロックチェーンに関するコンサルティング事業
・暗号資産交換業向けウォレットシステム開発事業
・NFTシステム開発事業
URL:https://hashport.io/

<HashPalette>
会社名:株式会社HashPalette
所在地:東京都港区芝4-5-10 EDGE芝4丁目ビル10階
代表者:代表取締役CEO 吉田 世博
設 立:2020年3月2日
事業概要:
NFT形式での流通に最適化されたブロックチェーンネットワーク「Palette(パレット)」の開発およびNFT関連システムの開発・販売・コンサルティング
URL:https://hashpalette.com/

■ 本件に関するお問い合わせ先
Hash Games ELF Masters専用窓口
E-mail:elfmasters@hashgames.io

企業情報

企業名株式会社HashPort
代表者名吉田 世博
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください