香取慎吾さんが「NFTアートチャリティプロジェクト」を始動!NFTアートの基盤技術にLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「LINE」)とLINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、香取慎吾さんの「NFTアートチャリティプロジェクト」において、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」がNFTアートの基盤技術に採用されたことをお知らせいたします。

9月5日に、香取慎吾さんの日本財団パラリンピックサポートセンターへの全額寄付チャリティ企画「香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト」が発表されました。チャリティ企画に参加し、寄付を行なった方は、香取さんが2015年にパラサポの開設を記念し、“i enjoy !”をテーマに描いた壁画のNFTアートを受け取ることができます。

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を用いて発行された唯一無二で代替不可能なデジタルデータで、デジタルアイテムやコンテンツの固有性や保有していることを証明できる仕組みです。同企画において、香取さんが描いた壁画のNFTアートの基盤技術として、LINEが独自開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用されました。

NFTアート等のNFTアイテムは専用ウォレットで取り扱う必要がありますが、ウォレットの開設プロセスは複雑で煩雑な秘密鍵の管理が伴う等の課題がありました。「LINE Blockchain」基盤のNFTは、国内8,900万人が利用する「LINE」のアカウントですぐに登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」*1で保管ができるため、ユーザーは簡単にNFTアイテムを取り扱うことができます。同企画においてNFTアートが付与された方は、「LINE BITMAX Wallet」でNFTアートを受け取ります。

また、9月7日(火)21:00ごろより、香取慎吾さんが初めて「新しい地図」LINE公式アカウント(https://lin.ee/k3i7CYT )において生トークライブ配信を行うことが決定いたしました。同企画への取り組みについて語る予定です。さらに、生トーク配信ならではとして、視聴者からのコメントを読んだり、双方向のトークライブとして豪華な内容を予定しています。

配信は、「新しい地図」LINE公式アカウントまたは「LINE BITMAX Wallet」LINE公式アカウントを友だち登録後、視聴が可能となります。
・「新しい地図」LINE公式アカウント: https://lin.ee/k3i7CYT
・「LINE BITMAX Wallet」LINE公式アカウント:https://lin.ee/lEFIOGk

【番組概要】
■番組名:香取慎吾 初LINE LIVE「NFTってなんだ!?」
 「新しい地図」LINE公式アカウントより生配信
■配信日時:2021年9月7日(火)21:00~予定
■視聴方法:以下の2通りの方法で、ご視聴いただけます。
1)LINE公式アカウントから視聴
「新しい地図」LINE公式アカウントまたは「LINE BITMAX Wallet」LINE公式アカウントを友だち追加し、配信時間になると届く通知より視聴
※配信開始時間前に「友だち」追加をして、通知をお待ちください。
・「新しい地図」LINE公式アカウントURL:https://lin.ee/k3i7CYT
・「LINE BITMAX Wallet」LINE公式アカウントURL:https://lin.ee/lEFIOGk

2)「LINE LIVE」から視聴
番組チャンネルURL:https://live.line.me/channels/6413940/upcoming/17664513
※アーカイブ配信はありません。
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。

「香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト」の詳細は、新しい地図より発表されたプレスリリースをご覧ください。https://contents.atarashiichizu.com/?p=16403&post_type=chizu_topic

LINEは、2018年4月のLINE Blockchain Lab設立以降、様々なブロックチェーン事業に取り組んでいます。ブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」では、開発者が簡単にLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上でNFTアイテム等のトークンを発行し、サービス構築できる環境を提供しています。また、「LINE BITMAX Wallet」では、LINEアカウント一つで 「LINE Blockchain」基盤のNFTアイテムを含むデジタルアセットの管理が可能となり、ユーザーは秘密鍵の管理なしにブロックチェーンサービスを利用することができます。企業は、「LINE Blockchain Developers」を通じて発行したトークンをLINEアカウントと紐づく「LINE BITMAX Wallet」で管理・連携させることで、LINEのユーザー基盤を活かしたサービスの構築が可能となります。

LINEでは、今後も「あなたの毎日につながるLINE Blockchain」をコンセプトに、ユーザーの日常生活に実際に適用できるブロックチェーンサービスおよび技術の提供を目指してまいります。

*1参考プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3385
・「LINE Blockchain」について:https://blockchain.line.me/ja/
・「LINE BITMAX Wallet」使い方の詳細: https://note.com/line_blockchain/n/n6aa0765fe51e
・「LINE BITMAX Wallet」登録方法の詳細:https://note.com/line_blockchain/n/n2e4753eb8a67

企業情報

企業名LINE株式会社
代表者名出澤剛
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら