マクラーレン・レーシング、デジタルコレクターズプログラムの一環として、Tezos上に構築された「McLaren Racing Collective」プラットフォームの運用を開始
マクラーレン・レーシング、デジタルコレクターズプログラムの一環として、Tezos上に構築された「McLaren Racing Collective」プラットフォームの運用を開始

マクラーレン・レーシングは本日、ファンやコレクターがマクラーレン・レーシングのデジタルコレクターズアイテムや非代替性トークントークン(NFT)を購入できる新たなプラットフォーム「McLaren Racing Collective」を立ち上げることを発表しました。このプラットフォームは、マクラーレン・レーシングの公式なエリアとして、マクラーレン・レーシングの一部を長期的に所有するための数多くの機会を提供します。第一弾では、ファンやブロックチェーン愛好家が、マクラーレン・レーシングの公式CADで作られた2021年のF1レースカー「MCL35M」のさまざまなパーツを購入することができます。

デジタルパーツの第一弾は、プラットフォームに参加した最初の5,000人のファンに無料でプレゼントされます。その後、ひとつまたは複数のパーツを順次購入し、22個すべてを集めてMCL35Mレーシングカーのフルデジタル版を完成させることができます。グッズは5段階に分けて発売され、最初の4つのパーツは10月24日(日)に発売されます。

McLaren Racing Collectiveは、エネルギー効率に優れたブロックチェーンのTezos上に構築されており、McLaren Racingとともに公式テクニカルパートナーとして、ファンがチームの一部を購入できるよう、限定的なデジタル資産の作成を促進しています。

MCL35Mを最初に完成させた方には、2022年のF1グランプリへのVIPツアーをプレゼントします。これは、市場をマクラーレン・レーシングの長期的なファンエンゲージメント戦略に統合するために、多くのドロップやキャンペーンの最初の試みとなります。

マクラーレン・レーシングのライセンシング、eコマース、esports担当ディレクターのLindsey Eckhouse氏は、次のように述べています。

「McLaren Racing Collectiveは、新しい空間でファンとの交流を可能にするものです。私たちは、エネルギー効率の高いTezosブロックチェーン上に構築されたNFTを通じて、ファンエクスペリエンスを進化させる新たな方法を生み出しています。また、マクラーレン・レーシング専用のデジタルコレクターズマーケットプレイスは、私たちのチームとつながる全く新しい方法を提供します。

 NFTの第一弾は、パパイヤカラーのMCL35M F1カーです。これにより、ファンの皆様には、各コンポーネントをあらゆる角度から集めてご覧いただく素晴らしい機会を提供するとともに、素晴らしい体験や賞品を獲得していただくことができます。」

詳細については、下記までお問い合わせください。

●        Tim Bampton マクラーレン・レーシング チーフ・コミュニケーション・オフィサー
tim.bampton@mclaren.com / +44 (0) 7468 714614 
●        Kristina Kryriacou マクラーレン・レーシング コミュニケーション・ディレクターkristina.kyriacou@mclaren.com / +44 (0) 7557 157777
●        Siobhan Filsell マクラーレン・レーシング コミュニケーション・マネージャー
siobhan.filsell@mclaren.com / +44 (0) 7879 890 260
●        Curtis Nice マクラーレン・レーシング コミュニケーション・エグゼクティブ
curtis.nice@mclaren.com / +44 (0) 7765 742 300

マクラーレン・レーシングについて

マクラーレン・レーシングは、1963年にニュージーランドのレーシングドライバーBruce McLarenによって設立されました。1966年に初めてF1レースに参戦して以来、マクラーレンはF1世界選手権で20回、F1グランプリで180回以上、インディアナポリス500で3回、そして初めて挑戦したル・マン24時間レースで優勝しました。 マクラーレン・レーシングは現在、世界ではF1、米国ではINDYCARに参戦しています。

2021年のFIA F1世界選手権にはLando NorrisとDaniel Ricciardoで、2021年のINDYCARシリーズにはアロー・マクラーレンSPドライバーのPato O’Ward とFelix Rosenqvistで参戦しています。2022年、マクラーレン・レーシングは、電動SUVで争う新オフロード選手権「エクストリームE」にチームを投入し、モータースポーツの新しいカテゴリーに参入します。

Tezos について

Tezosは、デジタルでつながった世界で価値を持ち、交換することの意味を再定義するスマートマネーです。実績のある自己アップグレード可能でエネルギー効率の高いブロックチェーンであるTezosは、現在のネットワークを混乱させることなく、将来のイノベーションを実装できます。詳細については、tezos.comをご覧ください。

企業情報

企業名TZ APAC Pte Ltd
代表者名David Shin
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら