【ローソンチケット】2022年春より、チケット購入者に向けたNFTサービス「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始

コンサート・スポーツ・演劇などのチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売予定

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社ローソンエンタテインメントが、運営するローソンチケットにて、2022年春よりブロックチェーン技術を活用したNFTサービス「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始することをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社ローソンエンタテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 章仁、以下「ローソンエンタテインメント」)は、運営するローソンチケットにて、2022年春より、ブロックチェーン技術を活用したNFTサービス「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始いたします。

▶「LAWSON TICKET NFT」詳細ページ https://l-tike.com/lawsonticket-nft/

「LAWSON TICKET NFT」は、パブリックチェーンによるNFTマーケットプレイスを運営するSBINFT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高 長徳)協力のもと、ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-fungible Token:非代替性トークン)サービスの1つとして、ローソンチケットで販売しているコンサート・スポーツ・演劇などのイベントチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売するサービスです。

近年、チケットのデジタル化が加速しており、高い利便性がお客さまからご好評いただいている一方で、「思い入れのあるイベントチケットは、記念に手元に残しておきたい」というご要望も多くいただいております。そこで、このたび、ローソンチケットが扱うコンサート・スポーツ・演劇などの各種イベントチケットをNFT化し、デジタルデータとして記録、販売するサービスを開始いたします。NFT化したチケットには、実際の会場の座席情報などが記録されるため、イベント当日の思い出と共に"自分だけの/唯一の"記念チケットとして手元に残すことができます。本サービスは、2022年春に提供を開始する予定です。

また、今後、ローソンエンタテインメントの持つ各サービスやコンテンツホルダー各社とも連携し、希少性の高い画像や動画、楽曲等のデジタルコンテンツをNFT化するサービスの提供も予定しております。

今後も、ローソンエンタテインメントの企業理念である「私たちはエンタテインメントを通じて"みんなと暮らすマチ"を幸せにします。」の実現のため、お客さまに支持されるサービスの拡充に継続的に取り組んでまいります。

  • 「LAWSON TICKET NFT」サービス概要

■サービス名称:「LAWSON TICKET NFT」(ローソンチケット エヌエフティ―)
■サービス提供開始:2022年春予定
■サービス内容:ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-fungible Token:非代替性トークン)サービスの1つとして、ローソンチケットで販売しているコンサート・スポーツ・演劇などのイベントチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売するサービス。

NFTとは:
ブロックチェーン上に記録される代替不可能なデータ単位のことであり、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」として唯一性を証明することができます。


イベント主催者様など、サービスのご利用方法については、以下よりご確認ください。▶「LAWSON TICKET NFT」詳細ページ https://l-tike.com/lawsonticket-nft/

企業情報

企業名株式会社ローソンエンタテインメント
代表者名渡辺 章仁
業種商業(卸売業、小売業)

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください