クリエイター必見!最新NFTの基礎知識とはじめ方

自分の作品をPR・販売できる場が、クリエイターには必要不可欠です。

ところがデジタル作品を扱っている場合、個展や画廊での展示が難しく、SNSやYouTubeなどで発信しても販路につながらない、という問題がありました。

このような問題を解決してくれるのがNFTです。

中には億単位で取引される作品も登場するなど、注目を浴びるNFT業界。

基礎知識や出品の仕方を、わかりやすくご紹介いたします。

デジタル作品のNFT化とは

NFTとは、ノンファジブルトークンの略語。

代替えできるという意味を持つファンジブル(Fungible)を否定した言葉で、クリエイターの生み出すデジタル作品が、絵画作品と同じように唯一無二であるという意味を持ちます。

一般的なデジタル作品は気軽にダウンロードできたり、コピー画像が多数出回っていたり、というのが現状です。

しかし自分の作品をNFT化すれば、ブロックチェーン技術によって所有者が明確化。

誰がデジタル作品の著作権を持っているのか、売買した場合の所有権は誰にあるかの記録を正確に記録出来ます。

さらに作品や記録の改ざんができないため、作品の価値が永続的に保たれます。

NFTがクリエイターにもたらすメリット

NFTはデジタル作品を生み出すクリエイターや、絵画作品をデジタル化できるクリエイターにとって、大きなチャンスの場です。

これまでは低価格で納品していたゲームキャラクターやアイテム、オリジナルのデジタルアート作品、漫画やアニメ作品などデジタル化できるものであれば、どんなものでも全世界に発信できます。

NFTはロイヤリティを設定できるため、作品の購入者がまた別の誰かに販売した場合、定めた手数料分を収入として得られるのもメリットです。

絵画やデジタル作品の販売は売って終わりのケースがほとんどですが、NFTの場合作品の価値が上がれば上がるほど、手元に入るお金が増えていきます。

日本ではあまり受けない作風のクリエイター、新しいチャレンジがしたいクリエイターにとっても大きな転機です。

日本のデジタル文化は、世界から高い評価を受けています。

そのため無名のクリエイターであっても、人気アーティストになれるチャンスが待っています。

「クリエイターとして活動の幅を広げたい」

「自分の価値をどんどん高めて、将来の収入へつなげたい」

それなら、世界が注目するNFTの世界へ飛び込んでみましょう。

NFT作品を出品する方法

NFT作品は、NFTアートの展覧会へ参加したり、NFT作品の売買サイトへ登録するなどの方法で公の場へ提供できます。

デジタルアートを求める相手へ確実に届けたいなら、売買サイトを選びましょう。

売買サイトには「Rarible」「Open Sea」「miime」といった世界的に有名なサイト、日本初の個人アーティストによるNFT発行、販売ができる「nanakusa」(事前審査あり)など、多くのマーケットが存在します。

サイトの雰囲気を確認の上、自分の作風や語学力に合ったサイトを利用してください。

それでは次に、デジタル作品を出品する方法をみてみましょう。

手順1 イーサリアムのウォレットを準備

NFT取引のほとんどが、イーサリアムを通じて行われます。

ウォレットは売買サイト登録時にかならず必要ですので、早めに準備しておきましょう。

NFT化の際手数料が必要なケースが多いため、事前に入金を済ませておくと安心です。

手順2 NFT売買サイトとウォレットを紐づける

登録したいNFT売買サイトを決定。

自分のウォレットと売買サイトを紐づけましょう。

手順3 デジタル作品を用意する

NFT化して販売したいデジタル作品を用意しましょう。

1作品から販売できますが、複数作品を同時販売するとより多くの人の目に留まりやすくなります。

手順4 デジタル作品のNFT化・販売

販売サイトへNFT作品を登録します。

作品のアップロードと合わせて、希望価格や説明、ロイヤリティなど必要事項を記載しましょう。

最後にMintingの作業を経て作品をNFT化。これで大切な作品の価値が守られます。

あとは制作した作品が売れるのを待ちながら、興味がある人へ向けて積極的に発信しましょう。

SNSやYouTubeなどのツールを併用すると、世界中へアピールできます。

まとめ

作品の著作権を守りながら、デジタル作品の売買ができる。

この近未来的な取り組みに多くのクリエイターやアーティスト、作品を求めるデジタルコレクターが夢中になっています。

集めたデジタルアートを自分のサイトで公開したり、展覧会を催したり、購入側の楽しみ方も自在なNFT。

クリエイターの立場や価値が正当に評価されるNFT化を通じて、アートの明るい未来に期待が高まっています。

自分の作品をもっと多くの人に届けるため、そしてデジタルアートの価値を今以上に高めるため、大切な作品をNFTマーケットで販売してみてください。