ERC1155ってなに⁉︎これを読めば簡単に理解できる‼︎

ERCとは、Ethereum Request for Commentsの略称で、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されるトークンのことです。
代表的なものとして、ERC20、ERC721、そしてERC1155というものがあります。

今回は、その中のERC1155について詳しく解説していきます。

ERC1155とは

ERC1155について説明する前に、簡単にERC20とERC721について説明したいと思います。

ERC20とは、イーサリアム上で構築されるトークンのルールや規格の一つです。一方、ERC721はNFTを発行するための規格として最初に誕生したトークン発行の規格で、に唯一無二の価値(代替不可能性)を持たせるという特徴があります。

そして今回紹介するERC1155は、ERC20が持つ特徴と、ERC721が持つ代替不可能性の両方を兼ね備えたトークン規格です。

ERC1155の特徴

これまで、ゲーム内アイテムをマーケットプレイスで取引するには、アイテム一つひとつを出品する必要がありました。そのため、ゲーム内の武器を10個出品したい場合、10個に分けて出品する必要があったのです。

しかし、ERC1155を活用することで、10個全てをまとめて出品することが可能になり、これによって取引の度にかかる手数料や手間がかなり削減されるようになりました。

最近、NFTトレカなどが増えてきましたが、カードパックなどはほとんどERC1155を活用することによって可能になっているのです。

ERC1155の活用例

川崎ブレイブサンダース公式HP
引用:川崎ブレイブサンダース公式HP

サービス名:PICKFIVE

会社名:川崎ブレイブサンダース

HP:https://pickfive.jp/

内容:カードパックで所有した選手のNFTカードの中から、活躍が予想される選手のカードを5枚選び、実際の試合のスタッツが反映されたあとのスコアで利用者間の順位を競う新しいカードゲームです。
本サービスを通して、お客様への新たな観戦体験の提供と新型コロナウィルス感染拡大の影響により増えているリモート観戦の新たな楽しみ方の提案を目指しているそうです。

特徴:予想上位者はサイン入りグッズなど、豪華景品を獲得することができ、コレクションしたNFTカードは「LINE BITMAX Wallet」にて出品・売買が可能です。

「NBA TOP SHOT」公式サイト
引用:「NBA TOP SHOT」公式サイト

サービス名:NBA Top Shot

会社名:Dapper Labs

HP:https://nbatopshot.com/

内容:選手カードが入ったカードパックが販売され、購入者はNBAの試合のハイライト動画や写真、および試合データが付属したNFTを入手することができます。

特徴:NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)から公式ライセンスを受けています。

今回はERC1155について解説していきました。ERC20とERC721について詳しく解説した記事もありますので、こちらもご覧いただくとより理解が深まると思います。