テキストをNFTにできるNFT発行サービス「Papyrus」リリース

株式会社Moblo(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田剛、以下Moblo)は、2021年11月16日にPapyrusをリリースしました。

価値あるデジタルデータはイラストや画像、アートだけに留まりません。日々の気持ちや決意、後世に残したい言葉など、テキストをNFTとして残すことで唯一性が生まれ、それがデジタル資産となります。

Mobloは、NFTをはじめとした Web 3.0 の社会実装に取り組んでいます。

テキストをNFTにできるNFT発行サービス「Papyrus」リリース

MobloはNFT発行や取引プラットフォームの開発を行なっております。

NFT(Non Fungible Token, 非代替性トークン)は、作者情報の鑑定書と所有者情報の証明書が付与されたデジタルデータのこと。偽造不可能で取引履歴の追跡が容易であるなどの特徴があり、コピーを作り出すことは出来ません。現在では、デジタル資産として、アートや音楽など様々な領域で活用されています。

Papyrusは、イラストや絵画・音楽を作り出すアーティストだけでなく、より多くの人にNFTを発行できる機会を提供します。

  • Papyrusとは
「Papyrus」のロゴ

256文字以内の短文テキストをブロックチェーンに書き込み、NFTを発行するサービス。
日々の気持ちや決意、後世に残したい言葉、未来予測など、日常生活で思い浮かべる言葉をNFTとして残すことで、唯一性を持ち資産となります。
NFT発行の基盤となるブロックチェーンには、Polygonを採用しNFT発行手数料として3.00 USドル (クレジットカード決済) を徴収しています。

発行されたNFTはPolygon対応マーケットプレイス (Openseaなど) で売買可能です。

  • 今後の展開

Papyrusは今後、NFT発行の基盤となるチェーンを複数のチェーンから選択可能にする予定です。

MobloではPapyrus以外にもNFTに関する事業を展開しています。
NFT事業を検討されている方はぜひお問合せください。

【お問合せ】
https://moblo.jp/contact/

【株式会社Moblo 会社概要】
所在地:東京都渋谷区代々木一丁目25-5-211
代表者:吉田 剛
設立:2019年5月
URL: https://moblo.jp/

企業情報

企業名株式会社Moblo
代表者名吉田 剛
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら