【Listen to Earn】音楽を聞いて稼ぐ!PENTA(ペンタ)の仕組みや始め方は?

PENTAとは:音楽を聞くと稼げる

近年、○○するだけで暗号資産(仮想通貨)が獲得できる、稼げるNFTゲームが人気を博しています。

PENTA(ペンタ)はその中でも「音楽を聴くこと」に着目したゲームであり、その手軽さから注目を集めています。

中でもPENTAを利用するなら以下の3つのポイントは非常に重要です。

  1. 音楽を聴いてお金を稼ぐ
  2. ヘッドホンNFTを育てることでより稼げるように
  3. Aster Networkを活用している

それぞれどういったことなのか掘り下げて解説します。

①音楽を聴いてお金を稼ぐ

PENTA(ペンタ)は音楽を聴くことで暗号資産を獲得しお金を稼げるゲームです。

音楽が好きな人にとっては、至福の時間を過ごしながらお金を稼げるのですから、たまりませんよね。

その仕組みは非常に簡単で、ストリーミングサービスで有名な「Spotify」のアカウントと仮想通貨のウォレットを連携させるだけ。後は音楽の再生時間に応じてトークンが付与されます。

PENTAの良いところはそれだけではなく、他のNFTゲームとも併用できる点にあります。

例えば、音楽を聴いている人の生活スケジュールの中に「移動中にも音楽を聴く」というシーンはほぼ間違いなくあるでしょう。

そんな時に、STEPENのようなMove to Earn系のアプリ(歩くだけでお金が稼げる)を併用することで、ダブルでお金を稼げてしまうのです。

普段の生活を何も変えずに、ただ音楽を聴いてお金を稼ぐ。

PENTAはそんな誰もが送っている日常生活に彩りを加えてくれるアプリなのです。

②ヘッドホンNFTを育てることでより稼げるように

PENTAでは「ヘッドホンNFT」を購入し育てることでより稼げるようになっています。

そもそもな話にはなりますが、PENTAを始めるにはまずヘッドホンNFTを購入しなければなりません。

ヘッドホンNFTにはレベルが設定されており、音楽を聞くことで得られるトークンを使用してレベルを上げたりリペアしたりして育成してきます。

単純にレベルを上げるだけにも思えますが、レベルを上げることで効率的にトークンが獲得できるため、レベル上げは非常に重要です。

この点は非常にゲームらしい仕組みとなっています。

更にヘッドホンNFTにはレア度が設定されており、再生した音楽のジャンルや時間によってもトークンの獲得量が変わります。

2022年6月13日現在ではまだスタートしていないため今後変更される可能性はありますが、効率を求めるとシステムチックに音楽を聴いたりする場面が増えるかもしれません。

またヘッドホンNFTは非常に安く、日本円にして3,000円程度です。現実のヘッドホンより安い金額で購入できます。

金額の安さもあって、気軽に始められるNFTゲームと言って良いでしょう。

③Aster Networkを活用している

Aster Networkとは何かと言うと、2022年1月17日に立ち上げられた日本国内初・発の、パブリックブロックチェーンです。

注目したいのが、Aster Networkを開発したのは渡辺創太氏が代表を務めているステイクテクノロジーズであるという点にあります。

つまり、日本初のブロックチェーンなわけです。

Aster Networkは異なるチェーン同士を接続できるpolkadit(ポルカドット)を利用しています。

polkaditには相互運用性があるため、例えばこれまでのブロックチェーンでは常識だった「互換性がない

」状態を解決してくれます。

ビットコインをイーサリアムに変換するために、わざわざ取引所を通じて変換する必要がないのです。

polkaditはそれがないため、完全に分散型Webとして期待されています。

Aster Networkを活用することで、PENTAはこれまでのサービスよりも高いユーザビリティを提供してくれるでしょう。

PENTAでお金が稼げる仕組みは

PENTAはなぜ音楽を聴くだけでお金が稼げるのでしょうか?

使う側にとっては非常に嬉しいのですが、音楽を聴くだけで稼げるとなると警戒してしまう方もいるでしょう。

しかし実際は誰もが納得できるちゃんとした仕組みとなっているので、安心してください。

どのような仕組みとなっているのか、詳しく見てみましょう。

PENTAの仕組みとは

PENTAでお金を稼ぐ仕組みのカギとなっているのは、ヘッドホンNFTです。

このヘッドホンNFTを通じてお金が生まれていると言っても過言ではありません。

先述したようにPENTAを始めるにはまずヘッドホンNFTを購入数する必要があります。

現実世界と同じくPENTAでもヘッドホンNFTをSpotifyに接続して楽曲を楽しみます。

ここにPENTAの収益が生まれます。

PENTAが実際に公開している収益は以下の2つです。

  • NFTの作成/販売/レンタル/修理
  • NFTの取引手数料

上記の部分でPENTAは運営費を得ているわけです。

注目したいのが、ヘッドホンNFTには修理が必要な点。現実のヘッドホンが断線などで修理が必要になるのと同じく、PENTA上でも修理費用が発生します。

更にNFTであるヘッドホンはユーザー同士で売買が行われるため、PENTA上で充分に経済が回る仕組みとなっています。

売上の一部はSpotifyにも入るようになっているため、PENTA・Spotify・ユーザーそれぞれがしっかりとお金を稼げるのです。

PENTAの始め方は

PENTAはまだ正式にサービスがスタートしていません。

ロードマップは既に公開されており、2022年5月7日~30日までプロトタイプ版が公開されていました。

プロトタイプ版の終了と同時にβ版の開始もアナウンスされましたが、実施の開始時期は未定です。

PENTAに興味がある方は、サービスが開始された際にすぐに始められるように今の内から準備しておくと良いでしょう。

とはいえ、基本的な使い方はSTEPNと同じような流れです。

  1. ASTRを購入する
  2. PENTAのアカウントを作成する
  3. ウォレットを作成し接続する
  4. Spotifyアカウントを作成し接続する
  5. ヘッドホンNFTを購入する(ミント)
  6. Spotifyで音楽を聴く

以上のようなプロセスとなることが予想できます。

サービス開始までに準備しておきたいものとしては、「コインチェックなどの仮想通貨取引所に登録する」「ウォレットを作成する」「Spotifyのアカウントを作成する」になるでしょう。

これらは利用可能なサービスのため、今からアカウントを作成しておくことでPENTAスタート後の作業数が減ります。

興味のある方は今のうちに登録しておくと良いでしょう。

PENTAのロードマップと将来性は

PENTAのロードマップ

引用:https://twitter.com/penta_web3/status/1518426001461878784

PENTAはロードマップを公開しています。

2022年6月13日現在において、「Listen to Earn」が注目されていますが、今後は音楽そのものを作成して稼ぐことも注力すると発表しています。

2022年中には音に関するNFTマーケットプレイスを開発するそうなので、音楽関係のジャンルに強いマーケットプレイスになるでしょう。

PENTAに関してはアナウンスされている情報では、β版が2022年の夏頃にローンチする予定ということしかわかっていません。

しかしながらプロトタイプ版の招待キャンペーンで7,000人以上が参加したとという点から見ても、高い興味を持たれているのがわかります。

STEPNのような「to earn」系のNFTゲームとして普及していくでしょう。

今から準備ししておくことで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなるでしょうし、正式スタートに向けて準備しておくことをオススメします。

PENTAの最新情報を追うには

PENTAは将来性もあり、音楽を聴きながらお金を稼げるという気楽さから、注目を集めています。

初期費用も安価で済む上に、「Move to Earn」と一緒に遊べることからダブルでお金を稼げるメリットがあります。

まだプロバンしかサービス提供されていませんが、β版を経て正式スタートをすれば人気になるのは間違いないでしょう。

その中で初期ユーザーとして先行者利益を得るためにも、PENTAの最新情報を追跡することをオススメします。

ディスコードやTwitterで不定期に最新情報を配信しているので、下記リンクから確認してくださいね。

ツイッター:19,148人:https://twitter.com/penta_web3
ディスコード:4,762人:https://discord.com/invite/zeyT5HmxrH