【國光DAOとは】FiNANCiE創業者である國光宏尚氏が設立したDAO組織について徹底解説!!

近年ますます話題となっているWeb3。

そんな中、ブロックチェーン技術を活用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」内にて、同サービス運営の代表取締役である國光宏尚氏により「國光DAO」が始動しました。

始動と同時に様々なメディアで注目された國光DAOですが、一体どんなものなのかまだわからない方も多いでしょう。

今回はそんな國光DAOについてわかりやすく解説します。

國光DAOとは

引用:フィナンシェCEOの國光宏尚が「FiNANCiE」のトークンを活用した「國光DAO」を創設。Web3とメタバース領域で日本発、世界で活躍するユニコーン誕生を支援!

國光DAOは、「Web3、メタバース領域で日本初、世界で活躍するユニコーンを増やす」というビジョンの下に集まったメンバーが活動を行う自立分散型組織(DAO)のことです。

そもそもDAOとは、「Decentrailized Autonomous Organization」の略であり、クラブのように志を同じくする人々が共同で管理し、その意思決定において各メンバーが同等の発言権を持つ集まりを指します。

しかし、日本国内では課題も多く、國光DAOでは以下の3点を挙げています。

  • 日本ならではの規制が多い
  • リアルタイムで世界の最前線の情報が取れない
  • 世界のコミュニティやエコシステムに入れていない

総じて、今の状況ではこの分野で勝ち抜くにはハードルが高い状態と言っていいでしょう。

國光DAOは、そんな情報を打破すべく、未来のユニコーン(評価額が10億ドルを超える設立10年以内の非上場のベンチャー企業)を支援するために設立されたDAOです。

Web3とは

國光DAOを語る際に必ず出てくるのがWeb3です。

Web3はWeb3.0とも呼ばれ、主にブロックチェーン技術によって実現されようとしている新しい分散型のWeb世界を指します。

何のこっちゃとなるかもしれませんが、簡単に言うとGAFAのようなデータとコンテンツを独占する超巨大企業の支配力を奪い、オンライン上のパワーを均等に分散することです。

提唱されたのは2014年ですが、近年になって多くの投資家や企業に関心を持たれているトピックでもあります。

メタバースとは

もう1つ関連するのがメタバースです。

メタバースは、ネットワークの中に構築された仮想空間などを指します。

Vtuberが好きな人なら馴染みのある世界かもしれません。

オンライン上で構築された3DCGの仮想空間で、世界中の人々が自身のアバターを使ってコミュニケーションや買い物を行うことが可能です。

将来的にインターネット環境が到達するであろう世界とも言われています。

國光DAOはFiNANCiEと連携している

引用:フィナンシェCEOの國光宏尚が「FiNANCiE」のトークンを活用した「國光DAO」を創設。Web3とメタバース領域で日本発、世界で活躍するユニコーン誕生を支援!

國光DAOはFiNANCiE(フィナンシェ)と連携しています。

そのためFiNANCiE(フィナンシェ)の仕組みを利用してDAOトークンを発行する形を取っています。

FiNANCiE(フィナンシェ)にはトークンを基盤としたコミュニティ機能があるため日本国内でDAOをやるにはうってつけのサービスだったためです。

  • トークン投票
  • トークン保有者限定のリワード

以上の機能から、國光DAOのコンセプトとマッチしているのがわかりますね。

ただ、現状ではFiNANCiE(フィナンシェ)で発行したDAOトークンをサービス外に持ち出せません。

将来的には海外で國光DAOを仮想通貨としてトークンの発行・連動を考えられていますが、現在海外で行われている本格的なトークンエコノミーはまだ難しいという点は覚えておいた方が良いでしょう。

國光DAOのコミュニティ活動とは?

國光DAOはコミュニティ活動も積極的に行うとしています。

しかし実際にどのようなものを想定しているのでしょうか。

これから國光DAOに参加するなら知っておきたいポイントです。

2022年4月現在、國光DAOで想定されているコミュニティ活動は以下になります。

  • 様々なチャンネル
  • DAOの意思決定は原則トークン投票
  • 國光氏も参加する

どういったものか詳しく見てみましょう。

様々なチャンネル

國光DAOでは、「Web3、メタバース領域で日本初、世界で活躍するユニコーンを増やす」ことを目的に、様々なチャンネルで構成されています。

例えば、Defiやweb3、metaverse(メタバース)や國光DAOマガジン部屋など、様々な分野の情報が飛び交うチャンネルがあります。

また、より良いDAO組織を目指すため、参加者の誰もが組織に関わっていけるよう、「改善提案」のようなチャンネルも存在します。

DAOの意思決定は原則トークン投票

國光DAOでの意思決定は、原則トークン投票で実施される予定です。

チャンネルないで検討・協議された議題に対してメンバーからの投票経過をもとに取り決めされていきます。

トークン投票のため偽装もなく、公平な投票が可能です。

意思決定と投票をくり返しながら、少しずつDAOの実現と設定したビジョンの達成を目指すのが、國光DAOが目指す姿となっています。

國光氏も参加する

引用:フィナンシェCEOの國光宏尚が「FiNANCiE」のトークンを活用した「國光DAO」を創設。Web3とメタバース領域で日本発、世界で活躍するユニコーン誕生を支援!

國光DAOの創始者である國光氏も情報発信やディスカッションに積極的に参加すると発表しています。

参加者(同志)と一緒にDAOを盛り上げていこうという意思がハッキリとわかります。

様々な知恵・ノウハウ・技術・ネットワークを使って全員がWin-WinになれるDAOとなる可能性を秘めているのです。

國光DAOへの参加方法とは?

國光DAOに参加する方法は簡単です。

原則として「FiNANCiE(フィナンシェ)」内でしか参加できないため、スマートフォンが必須となります。

スマートフォンはiPhone・AndroidどちらでもOKです。

それを踏まえた上で、以下の手順で行ってください。

  1. 任意のスマートフォンに「FiNANCiE」をインストール
  2. アプリを起動しログイン
  3. 下部メニューバーの「検索」より「國光DAO」と入力し、検索する
  4. 表示された案件をタップし、上部メニューの「マーケット」をタップ
  5. 「購入」をタップ
  6. メール・SNSを連携する
  7. 「ウォレットページ」でクレジットカードか銀行口座を登録
  8. FiNANCiEポイントを購入し、トークンを購入

以上で完了です。

難しい操作も必要ないため、5分程度あれば誰でも参加できます。

注意点として、トークンは無限に購入できるわけではなく、獲得できるトークン数が決まっています。

メニュー1口あたりに設定された購入金額(pt)÷トークン販売単価となるため、例えば販売単価10ptのトークンの場合、10,000ptのメニューを1口購入すると1,000のトークンを獲得できるわけです。

基本的にトークン単価・購入トークン数はリアルタイムで変動するため、あくまでも購入時の参考程度にお考えください。

ただ追加でトークンを購入する際は固定単価となるため、そこまで考えずともOKです。

國光DAOの会員数とは

國光DAOの現在の会員数はどれだけなのでしょうか?

2022年4月19日現在において、その数は2,555人となっています。

会員には支援コースに応じて限定特典である「メンバーNFT」が用意されています。

  • プレミアムメンバーNFT
  • ロイヤルメンバーNFT

それぞれ特典があり、入手できるNFTが違うのが特徴です。

また会員には國光DAOのアイコンNFTが提供され、世界に1つしかないアイコン画像をゲットできます。

まとめ

國光DAOはFiNANCiE(フィナンシェ)で提供されるDAOの1つです。

國光氏が立ち上げたこともあって國光DAOと呼ばれています。

Web3の時代を視野に入れて、様々な人々が集まって全員がWin-WinになれるDAOを目指して運用が開始されました。

FiNANCiE(フィナンシェ)と連携しているため、参加方法も非常に簡単で、スマートフォンにアプリをインストールすれば5分もあれば國光DAOに参加可能です。

これからの成長に期待できるサービスですので、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

〈Twitter URL〉

FiNANCiE:https://twitter.com/financie_jp

國光氏:https://twitter.com/hkunimitsu