NFTとは?仕組みや始め方を初心者向けにわかりやすく解説

最近、よく耳にする”NFT”という言葉ですが、「そもそもNFTが何なのか」「NFTがどこで買えるのか」わからない方がほとんどでしょう。

NFTは、デジタルデータでありながら、所有権の証明ができる点で大きな注目を集めています。LINEやNIKE、楽天など世界中の有名企業がNFT市場にこぞって参入してきています。

この記事では、NFTの特徴や注目NFTニュース、今後の将来性について解説していきます。

NFTという言葉を初めて聞いた方でも理解できるように解説していくので、興味のある方はぜひご覧ください。

NFTとは?わかりやすく解説

NFTとは、Non-Fungible-Tokenの略称であり、日本語では「代替不可能なトークン」「非代替性トークン」などと訳すことができます。「代替不可能」とは替えがきかない=唯一無二であることを意味します。

例えば、100円玉を他の100円玉と交換しても同じ価値を持ちます(替えがきく)。

これに対して、普通の野球ボールとプロ野球選手のホームランボールでは価値が大きく異なります(替えがきかない)。

このように、替えがきくことを「代替可能」、替えがきかないことを「代替不可能」と言います。

従来の動画や画像などのデジタルデータは、誰でもかんたんにコピーできるため、価値を持つことはありませんでした。ネット上の画像を保存し、LINEやTwitterなどSNSのアイコンに設定している方も多くいるでしょう。

一方で、NFTは同じデジタルデータでも、所有権を証明することができるため、唯一無二の価値を持ちます。これにより、1つのデジタルデータが数億円で取引されることもありました。

まとめると、NFTは「世界で唯一無二の価値を持つデジタルデータ」と言えます。

NFTの特徴や仕組み

続いて、NFTの特徴や仕組みを解説していきます。

今回紹介するのは以下の5つです。

  • ブロックチェーン技術を基盤にしている
  • プログラマビリティを持つ
  • 相互運用性を持つ
  • 破損のリスクが低い
  • 誰でもかんたんに作れる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

ブロックチェーン技術を基盤にしている

NFTは、ビットコインやイーサリアムなど暗号資産と同じブロックチェーン技術を基盤としています。

ブロックチェーンとは、分散型データベースの一種で、複数のブロックが1本の鎖のように繋げられて構成されています。ブロックチェーンは、ネットワークに参加する全員で管理され、同じ情報を共有することが可能です。

それに加えて、ブロックチェーン上での取引は暗号化されているため、信頼性が高く、改ざんが困難とされています。

NFTがこのブロックチェーン技術を基盤にすることで、以下3つの情報を誰でも確認できます。

  • 発行元
  • 所有者
  • 取引情報(いつ・誰が・いくらで売り・誰が買ったかなど)

上記3つの情報によって、「そのNFTが本物であるか」や「誰が所有しているか」などを誰でも確認することができます。

プログラマビリティを持つ

NFTは高いプログラマビリティを持っています。

NFTのプログラマビリティとは、スマートコントラクト機能によって、さまざまな付加価値をNFTにプログラムできる性質を意味します。

  • 二次流通の際に一定割合の手数料を発行者に付与する
  • 所有権を移転する
  • 流通量を制限する
  • 新たなNFTと交換する

一例として、上記の機能をNFTに付与することができます。

特に、手数料を発行者に付与する機能は、アート業界に大きな変革をもたらしました。これまで、作品が転売されたとしても制作者の収益は0でしたが、NFTでは二次流通した際に、売り上げの一部を作者が受け取ることができます。

NFTが高額かつ頻繁に取引されるほど、クリエイター側も大きな収益を得られるのです。

相互運用性を持つ

NFTは相互運用性を持つことができます。

従来のデジタルコンテンツは、それぞれのプラットフォームでしか使用できませんでした。一方で、NFTの多くにはERC-721やERC-1155などのERC規格(後述)が採用されています。

共通規格を採用するウォレットやマーケットプレイスなどであれば、1つのNFTを自由に取引することが可能です。

ERC規格とは?
ERC(Ethereum Request for Comments)は、イーサリアムブロックチェーン上でトークンを発行するための標準化された規格を指します。
・ERC-20
・ERC-720
・ERC-1155
上記のように、さまざまなERC規格がありますが、それぞれ異なる特徴や機能を持ちます。

破損のリスクが低い

NFTの特徴には破損のリスクが低いことも挙げられます。

現物のアートに考えられるリスクの一つは、事故や災害による破損です。いくら大事に扱っていたとしても、大規模な地震や火災が起これば、壊れる可能性が高いでしょう。

一方で、NFTはデジタルデータである上に、ブロックチェーン上で保管されているため、破損するリスクはかなり低いです。ただし、NFTの世界には盗難のリスクがあることに注意しましょう。

上述したように、NFTは億単位で取引されるものもあるため、盗もうとする詐欺師が多く存在します。これからNFTを始める方や保有するNFTの詐欺対策をしていない方は、下記の記事をぜひご覧ください。

参考:NFTの詐欺被害に遭わないために/遭ったらどうすべきか?
参考:NFTの詐欺(Scam:スキャム)、窃盗、乗っ取り事例とその防止方法

誰でもかんたんに作れる

NFTには複雑な技術が使われているため、自分で作るのは無理だと思う方もいるはずです。しかし、NFTはNFTマーケットプレイスを使えば、誰でもかんたんに作ることができます。

NFTマーケットプレイスは、NFTの作成に必要なスマートコントラクトを提供しているため、難しい知識がなくともSNSに投稿する感覚でNFTを作成できます。

実際に、「Zombie Zoo」や「Alien Addictoo」などの作品は小学生が作ったNFTアートであり、100万円以上で取引された事例も見られます。

このあと詳しく紹介しますが、OpenSeaやRaribleなどさまざまなNFTプラットフォームがあるため、一度自分で調べてみるのが良いでしょう。

NFTアートとは?

NFTアートとは、NFTとデジタルアートをかけ合わた作品のことです。ブロックチェーン技術を活用しているので、NFTアートは以下の特徴を備えています。

  • 改ざん不可能なデータを記載できる。
  • 作品に関わる記録データを証明できる。
  • 作成者や購入者などの情報を記載できる。
  • 唯一性をもたせて、各NFTを固有のものとして扱わせることができる。
  • 作品に希少性があるため、資産価値がある。
  • オンラインで売買できるため、一般的なアートオークションなどと異なり、誰でも気軽に売買できる。
  • 転売市場においても、一定報酬がアーティストに還元される仕組みを構築できる

NFTアートには、絵や音楽以外だけでなく、ゲームのアバターなど、さまざまな形があります。デジタルアートの市場規模が拡大すると、それに伴いNFTアート市場も拡大すると予想されています。

デジタルアートのクリエイターや愛好家などは、NFTについて詳しくなると、デジタルアートをより楽しむことができるかもしれません。

NFTアートの仕組み

NFTアートは、そのNFTアートにまつわる記録や情報などが改ざんできない形で記録されてます。それを担保しているのがブロックチェーンです。ブロックチェーンは、その取引履歴をインターネット上でコンピューターで相互監視しており、改ざんできない仕組みになっています。

NFTアートはブロックチェーンのアルゴリズムにより、そのNFTアートにまつわる記録が改ざんできない仕組みになってます。

NFTアートの購入方法

NFTアートを売買するには、まずは取り引きするマーケットプレイスを決めましょう。オススメは日本の大手仮想通貨取引所であるCoincheckです。NFTアートの購入方法は、以下の通りです。

1:NFTマーケットプレイスにログインする
2:仮想通貨のウォレットを作成する
3:ウォレットにNFTアートの購入に必要な仮想通貨を入金するか、取引所で購入する
4:希望のNFTアートをNFTマーケットプレイスで購入する

ウォレットに入金する通貨は、イーサリアムがおすすめです。なぜならイーサリアムはOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで、一般的な通貨として採用されているからです。ただ、イーサリアムを採用しているオープンマーケットでは、ガス代(送金手数料)がかかります。作成するウォレットは、日本語に対応しているメタマスクがおすすめです。

NFTアートの販売方法

NFTマーケットプレイスにNFTアートを出品する手順
1:NFTマーケットプレイスにログインする
2:仮想通貨のウォレットを作成する
3:販売したいNFTアートの販売条件をマーケットプレイスに入力する
4:販売したいNFTアートをマーケットプレイスにアップロードする

NFTアートを作成して販売したい方は、デジタルアートと同じ方法で作成しましょう。画像の場合は、Adobe社のPhotoshopなどを活用します。

NFTアートの例

NFTアートには以下の例があります。

シヤチハタの電子印鑑「NFT印鑑」

※シヤチハタ株式会社 プレスリリースより

シヤチハタ株式会社は、株式会社ケンタウロスワークスおよび早稲田リーガルコモンズ法律事務所とデジタル時代の電子契約に使えるNFT印鑑を共同開発することを、2021年8月に発表しました。従来の電子印鑑にあった印影の偽造リスクを、ブロックチェーン技術で解決するとしています。

NFT鳴門美術館

NFT鳴門美術館より

2021年8月12日に徳島県にある鳴門ガレの森美術館は、名称がNFT鳴門美術館に変わりました。このNFT鳴門美術館は、NFTの販売および流通に特化した日本初の美術館になりました。

アート×NFTの記事一覧

NFTゲームとは?

NFTゲームとは、NFTにまつわるブロックチェーン技術を応用して作られたゲームのことです。一般的なゲームとは異なり、ゲーム内で収益化できたり、オリジナルキャラクターを作れるなど、様々な特徴があります。

NFTゲームの特徴

NFTゲームには以下の特徴があります。

収益化ができる

NFTゲームでは収益化できます。なぜならゲーム内のアイテムや土地は、NFTのブロックチェーン技術により、その希少価値や唯一性が担保されているからです。ゲーム内のアイテムは、NFTマーケットプレイスにおいては資産とみなされて、仮想通貨と換金できます。

高額取引された例として、人気ゲーム「Axie Infinity」において、ゲーム内の土地が150万ドル(約1.6億円)で売却されものがあります。

有名ゲームのタイトル名のみならず、ゲーム内のアイテムや土地、あるいはアーティストやYoutuberに価値があるとみなされ、各プレーヤーが収益を得られる環境が整いつつあるとも言えます。

オリジナルキャラクターが作れる

従来のゲームでは、ゲームのアバターをそのまま使うことがほとんどでした。

しかしNFTゲームにおいては、自分でオリジナルキャラクターを作ることができます。ブロックチェーンを使用しているため、元データを複製して偽物キャラクターが生まれる心配はありません。

作成したキャラクターやアイテムはNFTなので、キャラクターに価値があるとみなされた場合には、売却できる可能性もあります。

チート対策が強い

従来のゲームでは、チート行為(プログラミングなどを活用した不正な裏技やイタズラ)が業界にとって大きな課題でした。しかしNFTゲームには、このチート行為が難しいという特徴があります。なぜなら、ブロックチェーン上でなされるゲームの記録がブロックチェーン上に存在し、プレイヤーが不正にプログラムを改ざんすることが基本的にできないからです。

NFTゲームランキング

以下の3タイトルは、NFTゲームとして有名です。

Sorare

SorareはサッカーをモチーフにしたNFTゲームです。

現実のサッカーの試合の戦績がゲームのスコアに反映される、入手したNFTカードをNFTプラットフォームで売買できるなどユニークな特徴があります。2021年にはSorareのデジタルカード取引額が1.5億万ドル、登録ユーザーは60万人以上に到達しました。しきん6.8億万ドル(約744億円)の資金調達も行い、さらなる盛り上がりを見せるかもしれません。

Axie Infinity

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)とは、モンスターを育てて戦わせるNFTゲームです。Axie(アクシー)とはゲーム内のモンスターのことで、Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、いわばポケモンのようなゲームだとも言えます。

Axie InfinityはNFTゲームの中でも非常に人気が高いといえます。ゲーム内のNFT仮想通貨「AXS」は時価総額8億円以上にも登ります。また、毎日平均25万人以上がゲームを楽しんでいます。

バトルに勝利するとトークンがもらえます。新しいAxieを生み出して売却すると収益化できます。ただ、ゲームを始めるにあたっては Axie3体を購入せねばならず、初期費用として約10万円かかります。

Crypto Spells

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は対戦型トレーディングカードゲームです。

ウォレットやイーサリアムなしでも遊べて、スマホ(iOS/Android)で遊べるようにデザインされているのが特徴です。ゲーム内で入手したカードは、NFTプラットフォーム内で売買できます。

オリジナルカードを作成できたり、カードのパラメータ調整についてプレーヤーが賛否を投票できるなどの特徴があります。

ゲーム内でお金を稼いだり、ルールについて影響力を及ぼせるなど、ユニークな試行錯誤がなされているゲームだと言えます。

NFTゲームの始め方

NFTゲームを始めるには、以下の手順でするとよいでしょう。

1:NFTのアイテムをゲーム内外でやり取りする準備をする

まずはマーケットプレイスでNFTを売買できる準備をしましょう。NFTを売買するには、以下のコンテンツが必要です。

・イーサリアムに対応したウォレット(MetaMaskなど)
・NFTカードを入庫するNFTプラットフォームのアカウント

NFTプラットフォームとしては、国内プラットフォームのCoincheckNFT(β版)がオススメです。海外プラットフォームが好みの方は「OpenSea」や「Rarible」を検討してもよいでしょう。

2:どのNFTゲームをどんな形で参加したいか考える

自分がなぜNFTゲームに関わりたいのか考えましょう。

・NFTを転売して儲けたい場合:値上がりしそうなNFTを調べて購入する
・NFTゲームで稼ぎたい:どのNFTゲームが儲かりやすいか考える
・NFTゲームを楽しみたい:興味あるNFTゲームについて調べる

The Sandbox や Axie Infinity といった有名タイトルで遊ぶのが、最初はいいかもしれません。これらのNFTゲームは人気なだけでなく、うまく遊ぶと稼げる可能性があります。

3:NFTゲームをプレイする

NFTの売買だけでなく、プレイヤーとしてゲームを楽しむことで、ゲーム内の通貨やアイテムをコツコツ入手できます。具体的には以下の手段などがあります。

・クエストやミニゲームの報酬
・PvP(Player versus player。人対人の対戦ゲーム)の勝利報酬
・大会の優勝商品あるいは成績上位者の報酬

ここで、NFTゲームを始める方法そのものは終わりです。以下は、入手したNFTを売買する方法になります。

4:NFTを売買する準備を整える

次に、NFTを売買する段取りを整えましょう。今回は一般的なケースとして、ウォレットにはMetaMaskを、NFTプラットフォームにはCoincheck NFT(β版) を使用することにします。まずはMetaMaskと Coincheck NFT(β) を連動させましょう。

次にNFTアイテムを入手したら、NFTプラットフォーム(Coincheck NFTなど)に入庫して、出品しましょう。

5:NFTプラットフォームでNFTのアイテムを販売する

NFTを出品する際には、受け取り通貨(NFTが購入されたときに支払いを受け取る通貨の種類)と出品金額を決めましょう。一般的には、イーサリアムなどを使うことが多いです。

6:仮想通貨を日本円に変える

NFTが購入されると、仮想通貨で支払いを受け取る事ができます。入手した仮想通貨を日本円やドルなどに換金して、NFTをマネタイズしましょう

ゲーム×NFTの記事一覧

NFTの取引ができるマーケットプレイス

NFTを取引するには、マーケットプレイスと呼ばれる場所に登録する必要があります。

マーケットプレイスとは?

NFTマーケットプレイスとは、NFTの取引市場のことです。企業やクリエイターがNFTを売買できたり、ユーザー同士がNFTを転売あるいは取引できるプラットフォームをさします。仮想通貨のトレーダー、コンテンツを売買する企業、絵や音楽のクリエイターや愛好家、それらにまつわる情報が集まったエコシステムです。

国内のマーケットプレイス

国内には以下のマーケットプレイスがあります。

Coincheck

nanakusa

さらに多くのNFTマーケットプレイスを知りたい方は、以下記事も参考にしてください。

海外のマーケットプレイス

海外には、以下のマーケットプレイスがあります。

OpenSea

Rarible

海外にあるNFTマーケットプレイスについてもっと知りたい方は、以下記事も参考にしてください。

海外NFTマーケットプレイス一覧

NFTが有名になった理由

Googleトレンドを見ると、NFTが特に話題になったのは2021年2月からといえそうです。

引用:Googleトレンド

世界で初めてNFTの作品を扱ったオークションハウスは、クリスティーズです。落札価格は6900万ドルを超え、サザビーズでも、デジタルアーティストPakの作品が1680万ドルで落札されています。

リアルタイムの金額は以下をご覧ください。

NFT市場は急拡大しています。この背景には、仮想通貨の高騰があると言われています。NFTの主な取引場であるイーサリアムは昨年度から約10倍に高騰しており、新しい投資先としてNFTアートやコレクションが主に選ばれました。

一方、マスユーザー向けのヒットタイトル創出の期待感、テック業界の著名人のNFTプロジェクト参画による注目も挙げられています。

年始から連続的に起きた高額取引も、ますます注目が高まるきっかけでした。非常に高額なものの、仮想通貨を所有するトレーダーの資産が膨れ上がっていることが背景にあるとされています。

【最新情報】NFTに関する話題のニュース

NFT界では日々新たなニュースが飛び交っています。数多くのニュースの中から、NFT Media編集部が厳選した事例をわかりやすく紹介します。

NFTの今後や将来性

NFTに関するさまざまなことを解説してきましたが、NFTに将来性はあるのでしょうか。

NFTの今後や将来性について、以下3つの観点から解説していきます。

  • 市場規模の拡大
  • ビジネスの拡大
  • 現実世界との結びつき

市場規模の拡大

NFTの市場規模はここ数年で急激な拡大を見せています。

インドに拠点をおき、世界の市場調査を行うMarketsandMarketsによると、NFTの市場規模は2022年の30億ドルから2027年までに約136億ドルに成長すると予測しています。

実際に、最近では海外だけでなく、国内でもNFTに対する認知度が高まっています。

また、ネットに目を向けると、NFTを活用したサービス・取り組みが次々と発表されているため、NFTの市場規模が今後も拡大することが予想できます。

ビジネスの拡大

NFTの市場規模が拡大しているのは、ビジネスシーンでの活用が増えていることが大きな要因でしょう。NFTが高額で取引されることを知った人・企業が、ビジネスで活かそうと参入しています。

実際に、NFTをビジネスに活用する場合、以下のメリットがあります。

  • 参入ハードルが低く、始めやすい
  • 国内外問わず、世界市場をターゲットにできる
  • あらゆる分野とのコラボレーションが可能

上述したように、NFTはかんたんに作成・出品できるため、他のビジネスより参入ハードルが低いです。

また、NFTは国内以上に海外での人気度が高いため、売れるNFTを作れれば、世界中で取引され大きな収益を得られる可能性があります。

現実世界との結びつき

NFTが流行り始めた頃は、ネット上で完結するものという印象が強くありました。しかし、現在のNFTは現実との結びつきが強くなっています。

例えば、新潟県の旧山古志村では、地域の活性化を目的としたNFTプロジェクトを行っています。本プロジェクトでは、山古志特産の錦鯉をシンボルにした「Nishikigoi NFT」が発行されました。

Nishikigoi NFTには電子住民票の機能が備わっており、保有することで山古志の「デジタル村民」として迎えられます。

上記はあくまで一例にすぎず、他にもNFTがコンサートのチケットや不動産の契約書として活用されている事例もあります。

このように、今後もNFTが現実世界との結びつきが一層強くなれば、NFTの将来性が明るくなることが予想できます。

NFTの仕組みや始め方・将来性まとめ

今回は、NFTの仕組みや始め方・将来性を紹介しました。

NFTは、所有権の証明ができるデジタルデータとして大きな注目を集めています。市場規模はここ数年で急拡大し、スターバックスやLINEなど数々の有名企業が参入しています。

今後もますます活用場面が増えることが予想され、多くの人がNFTを持つようになるでしょう。

NFTを購入したい、販売したい方はぜひ以下の記事もご覧ください。

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例