【クリエイター特集】フォロワー1.2万人超え人気イラストレーター時雨ひまり ~NFTを知ったきっかけから今後の関わり方まで~

Twitterフォロワー1.2万人超えの人気イラストレーターである時雨ひまり氏に、NFTを知ったきっかけや出品に至った経緯、出品してみて感じたこと、今後のNFTに対する考えなどをお伺いしました。

時雨ひまり氏について

Q.まずは自己紹介をお願いします。

イラストレーターの時雨ひまりです。今年の1月頃にフリーランスのイラストレーターとして独立しました。
主な活動としては、ウィクロスやゼクスといったTCG(トレーディングカードゲーム)のイラスト、Vtuberさんのイラスト及びライブ2Dのモデリング、YouTubeで活動されている方のキービジュアルやMVのイラストなどを担当しています。

Q.イラストレーターとしてはいつごろから活動されていたのですか?

独立するまでは普通に会社で働いていたのですが、イラストレーターとして仕事を受け始めたのは2019年頃です。その頃は、仕事をしながらココナラなどの仲介サービスで個人の方からご依頼を受けていました。

Q.独立された背景やきっかけはどのようなものでしたか?

もともと1.2歳くらいの頃から絵を描くのが好きで、将来はイラストレーターの道を目指していました。しかし、家庭の事情などもあり、普通に会社に入って働いていました。そこから3年経って、会社で働くのが嫌になってストレスも溜まってくるようになったので、このようなしんどさを味わうくらいならということで、一度フリーランスとして挑戦してみようと思い、独立してイラストレーターとして活動していくこと選びました。

Q.独立された時にはイラストで生計を立てられるくらい稼ぐことができていたのですか?

いえ、全然そんなことはありません。

上手くいく確信なんてなかったので、もしダメだったらアルバイトでもして稼いでやるという覚悟でした。

時雨ひまり氏 イラスト作品

NFTを知ったきっかけ

Q.どのようなきっかけでNFTを知られたのでしょうか?

私がTwitterでフォローしているイラストレーターの桜もよん先生がNFT作品を出品されていて、それがNHKで取材されたというのをTwitterで見て、そこで初めて知りました。

Q.その時はどのような印象を持たれましたか?

最初にそのツイートを見てからどのような物なのかとインターネットで調べたのですが、NFTに対しては、面白そうだなと思いました。クリエイターとしてはメリットが多いシステムだし、駆け出しのイラストレーターとしては一人でも多くの方に見てもらえる機会が欲しいので、そういったきっかけにもなるなと思いました。

Q.作品の出品に至った経緯を教えてください。

桜もよん先生が取材されたというツイートをNFTStudioさんのTwitterアカウントでツイートされていて、そのツイートにいいねをしたら企業様からお誘いのメールを頂いたんです。私自身も興味があったので「ぜひお願いします」とお答えして、出品に至りました。

Q.出品される際に不安なことはありませんでしたか?

特にありませんでした。権利的な面などで疑問はあったりしましたが、企業様からご説明を受けましたし、すでに何名ものイラストレーターの方が出品されていたので問題ないかなと思っていました。

出品してみての感想

Q.作品を出品をされてみてどのような感想を持たれましたか?

現状三点出品しており、そのうち一点は購入していただいたのですが、その作品は2万円で出品していました。今後の出品では、もう少し安価にしてもいいかな?と感じました。ただ、本物の証明、取引履歴などからなる価値付けという点では良い点だなと思いました。

Q出品されてからSNS等で告知などはされましたか?また、その反響はどうでしたか?

はい、何度かツイートしました。しかし反響はあまり良くなかったです。

普段イラストをTwitterに投稿すると5,000〜10,000いいねくらいされるのですが、「NFT を出品します!」という告知をしても、100いかないくらいしかいいねが来なかったんです。そもそもみなさんNFTがよくわからないから、反応しづらかったのかもしれないですね。

Q.周りのイラストレーターの方でNFT作品を出品されていたり、知られている人はどれくらいおられますか?

ほとんどいませんね。本当に知っているのは桜もよん先生くらいで、その他の方のTwitterなどを見ていてもNFTに関わるようなツイートは見たことがないです。

時雨ひまり氏 イラスト作品

今後のNFTに対する考え

Q.今後もNFT作品の出品を考えられていますか?

今後も、新しいイラストが完成するたびに出品していこうかなと思っています。

出品したNFTイラストを見ていただいた方から、それをきっかけにイラストのお仕事につながるかもしれませんし、何より少しでも多くの方に自分のイラストを見てもらえる機会が増えるなら、積極的にやっていきたいと思っています。

Q.NFTへ今後期待するものを教えてください。
NFTは、海外ではメジャーになりつつあるけど、日本ではまだ一部の人くらいしか知らないですし、クリエイターさんたちの中でも「何それ?」という方もいたので、もっと国内で広まってメジャーになるといいなと思います。

〈時雨ひまり関連URL〉
Twitterはこちらから

現在出品中のNFT作品はこちらから