MetaMask(メタマスク)とは?スマホ・PCでの使い方や登録方法、入金・送金手順を解説
引用:https://metamask.io/

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアムを中心とした暗号資産や、NFTなどのデジタルアセットを管理できる暗号資産ウォレットです。ブラウザの拡張機能やスマホアプリとして手軽に利用できるため、世界的に注目を集めています。

また、MetaMaskを活用すれば、分散型アプリケーション(DApps)へのアクセスも可能になるため、幅広いWeb3関連のコンテンツを楽しむことが可能です。

とはいえ「MetaMaskの登録方法や使い方がわからない。スマホでも使えるの?」と思っている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、MetaMask(メタマスク)の特徴と、登録方法から入金・送金などの実際の使い方までを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask Blockchain-Wallet
引用:MetaMask

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアムを中心とした暗号資産や、NFTなどのデジタルアセットを管理できる暗号資産ウォレットです。海外プラットフォームのアプリですが、日本語にも対応しているため、初心者でも扱いやすい設計となっています。

MetaMask(メタマスク)には、
・Google Chromeの拡張機能等で利用できるWebブラウザ版
・スマホにアプリをインストールして利用できるスマホ版
の2つの種類があります。

ユーザーの用途に合わせて使い分けることができます。

また、 DApps(分散型アプリケーション)や、ブロックチェーンゲームなどと連携して使うことも可能です。DAppsの利用料金やブロックチェーンゲームのアイテム購入代金などは、MetaMaskを使用し、決済ができます。

さらに、イーサリアム系のNFTを保管できる点も大きな特徴です。MetaMask(メタマスク)を使ってNFTの取引、保管を行っているユーザーも多く、これからNFTを始めたいユーザーにおすすめのウォレットといえます。

【PC版】MetaMask(メタマスク)の登録方法・始め方

ここからは、PCでMetaMask(メタマスク)のアカウントを登録する方法・始め方について解説していきます。

メタマスクアカウント作成

初めにMetaMaskの公式サイトにアクセスし、お使いのブラウザを選択します。

今回はGoogle Chromeを例に進めていきます。

メタマスクアカウント作成

続いて、赤枠の「Chromeに追加」をクリックしましょう。

メタマスクアカウント作成

利用規約を確認し、「新規ウォレットを作成」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

青文字で記載されるプライバシーポリシーを確認した後、「同意します」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

MetaMaskにアクセスする際に必要となるパスワードを作成します。

パスワードは最低8文字以上で、誕生日など推測されやすいものはパスワードに入れないようにしましょう。

パスワードを入力できたら、「私はMetaMaskがこのパスワードを復元できないことを理解しています。」にチェックを入れます。そして、「新規ウォレットを作成」をクリックしましょう。

メタマスクアカウント作成

次に、シークレットリカバリーフレーズとセキュリティを維持する方法についての動画を視聴します。

動画を視聴した後、「ウォレットの安全を確保(推奨)」をクリックします。

シークレットリカバリーフレーズとは?
12個の英単語で構成されるパスワードのことであり、MetaMaskのアカウントを復元する際に必要となるものです。
他人に知られてしまうと、MetaMask内にある暗号資産を盗まれるリスクがあるため、十分に注意する必要があります。
メタマスクアカウント作成

「シークレットリカバリーフレーズを公開」をクリックし、シークレットリカバリーフレーズを確認します。

メタマスクアカウント作成

シークレットリカバリーフレーズを構成する12個の英単語が表示されます。

次の画面では、指定された番号の英単語を入力する必要があるため、英単語は番号順にメモしておきましょう。

メタマスクアカウント作成

先ほど確認した番号に記載されていた英単語を入力しましょう。上記の画像で言えば、3、4、8の英単語を入力します。

英単語を入力できたら、「確認」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

以上でMetaMaskウォレットの作成が完了です。

「了解」をクリックし、実際に使ってみましょう。

【スマホ版】MetaMask(メタマスク)の登録方法・始め方

続いて、スマホでのMetaMaskアカウントの登録方法・始め方について解説します。

メタマスクアカウント作成

初めに、MetaMaskのスマホアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロードできたら、起動し「開始」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

プライバシーポリシーを確認し、「I agree」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

「I agree to the Terms of Use(利用規約に同意します)」にチェックをいれ、「Accept」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

パスワードを作成します。

パスワードを入力できたら、「MetaMaskがこのパスワードを復元できないことを理解しています。」にチェックを入れます。次に「パスワードを作成」をクリックしましょう。

メタマスクアカウント作成

「開始」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

シークレットリカバリーフレーズを確認します。

シークレットリカバリーフレーズは、MetaMaskウォレットを管理する上で非常に重要なものですので、厳重に管理しましょう。

「開始」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

先ほど登録したしたパスワードを入力し、「確認」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

「表示」をクリックしましょう。

メタマスクアカウント作成

シークレットリカバリーフレーズを構成する12個の英単語が表示されます。

上記の画像にもあるように、次の画面では12個の英単語を順番通りに入力していきます。そのため、メモして保管する場合も順番通りにメモしておきましょう。

「続行」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

先ほどメモした12個の英単語が、赤枠にランダムで表示されます。

メモした順番通りに選択していきましょう。

すべて選択できたら、「バックアップを完了する」をクリックします。

メタマスクアカウント作成

以上でMetaMaskの登録が完了です。

MetaMask(メタマスク)の秘密鍵(プライベートキー)の保存方法

MetaMaskには、先述したアカウントを復元させるための「シークレットリカバリフレーズ」とは別に、ウォレット用の秘密鍵(プライベートキー)が割り当てられています。両者は混同されてしまいがちですが、それぞれ目的が異なるので違いを覚える必要があります。

シークレットリカバリフレーズ…アカウントを復元させるために必要です。

ウォレットの秘密鍵…アカウントにウォレットをインポートするために必要です。

MetaMaskは、複数のアドレスを作成することで、複数のアカウントを所有できます。そして、作成した各アカウントに個別のウォレットをインポートする際に必要になるのが、ウォレットの秘密鍵になります。

ウォレットの秘密鍵を保存するには、まずメイン画面右上の「︙」マークをクリックし、「アカウント詳細」を選択します。

以下のような画面が表示されるので、「秘密鍵のエクスポート」をクリックします。

アカウントを作成する際に設定したパスワードを入力して、「確認」を押します。

秘密鍵が表示されます。文字列をクリックするとコピーされるので、パスワード管理ソフトなどを使って大切に管理しましょう。

この秘密鍵を紛失してしまうと、ウォレットに保管していた通貨は取り出せなくなってしまうので注意が必要です。また、ハッキングなどが原因で悪意ある第三者に漏洩した場合も、ウォレットの中の通貨を盗まれてしまう危険があります。

どうしても紛失や盗難が不安だという方は、ウォレットの秘密鍵を記載したテキストファイルをプリントアウトするなどして、秘密鍵をオフラインで管理することをおすすめします。

MetaMask(メタマスク)にウォレットをインポートする方法

続いて、MetaMaskのアカウントに別のウォレットをインポートする方法をご紹介します。

まず、アカウントのアイコンをクリックして、「アカウントのインポート」を選択します。

先ほど保存したウォレットの秘密鍵を入力し、「追加」をクリックします。以上でウォレットのインポートは完了です。

MetaMask(メタマスク)に入金する方法

続いて、MetaMaskに仮想通貨を入金する方法について解説していきます。ここでは、例としてイーサリアム(ETH)の入金方法を紹介します。

MetaMaskに入金するには、まずメイン画面上部に表示されているアカウント名の箇所にマウスオーバーします。そして、「クリップボードへコピー」という文言をクリックをしてください。

すると、MetaMaskのウォレットアドレスがクリップボードにコピーされます。あとは、コピーしたアドレス宛に取引所などからイーサリアムを送金すれば、作業は完了です。

しばらくするとMetaMaskにイーサリアムが着金し、ETHの数量が入金分だけ増加します。以上でMetaMaskへの入金は完了です。

MetaMask(メタマスク)から送金する方法

続いて、MetaMaskから取引所などへ仮想通貨を送金する方法について解説します。

まず、メイン画面から送金したい通貨を選んでクリックします。

画面が切り替わったら、「送金」をクリックしてください。

「受取人追加」の欄に、送金先のアドレスを入力してください。

送金したいアセット(通貨)と金額、Transaction Fee(取引手数料)を選んで「次へ」をクリックします。

送金内容に間違いがないようなら、「確認」をクリックします。以上で送金完了です。

MetaMask(メタマスク)のアカウント復元方法

MetaMaskをインストールしたPCが故障して新しいPCに買い換えた場合や、誤ってMetaMaskの拡張機能を削除してしまった場合は、MetaMaskのアカウントを復元する必要があります。

アカウントの復元には、先述した12個の英単語で構成された「シークレットリカバリフレーズ」を使用します。まずはMetaMaskをインストールして、ログイン画面に移動します。そして、「Import using account seed phrase(シークレットリカバリフレーズから復元する)」をクリックしてください。

すると以下のような画面が表示されるので、「シークレットリカバリフレーズ」と記載された欄にシークレットリカバリフレーズを入力してください。続いて、「新規パスワード」と「パスワードの確認」の欄に新しいパスワードを入力してください。

すべて入力したら、「Restore」をクリックします。以上でアカウントの復元は完了です。

MetaMask(メタマスク)の登録方法・使い方まとめ

本記事では、MetaMask(メタマスク)のインストール方法や入金・送金方法、アカウントの復元方法などについて解説しました。

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系のトークンを保管するのに非常に便利なウォレットです。また、DApps(分散型アプリケーション)やブロックチェーンゲームなどと連携できる汎用性の高さも、大きな魅力です。

登録したMetaMask(メタマスク)を使ってNFTを始めてみたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。