NFT 取引の税金計算ツール(α版)を作りました

ChainChaser alphaChainChaser alphachainchaser.jp

画像

作ろうと思ったきっかけ

約一ヶ月前に、このツイートがタイムラインに流れてきました。

NFTについては確定申告対策で購入の度にこんな感じで履歴付けています。NFTは年末に全利確、とはなかなかいかないのでやっとかないとやばい。

今年の確定申告は医療費控除(妊娠出産のため盛沢山)/給与所得(育休中のため年末調整なし)/住宅ローン控除/仮想通貨/ふるさと納税等々盛りだくさんで白目 pic.twitter.com/0gdOwxse19— yu-san🏰💙 (@meshshinv) February 4, 2022

NFT は購入時は暗号通貨の売却益が、売却時は NFT そのものの売却益が課税対象になる可能性があります。また、売却益の計算のためには、取引時のレートで暗号通貨を日本円に換算しなければなりません。たしかに記録をつけていないと、いつどの通貨で何を買ったかわからなくなってしまいます。

時代の先端を行く Web3 のサービスを使うためには、エクセルでの手動管理が必要… というのもなんだか悲しいので、過去の取引履歴を検索して日本円に換算し、NFTの売却益と暗号通貨の売却益をそれぞれ出力するツールを作ろうと思い立ちました。

使い方

サービスURL: https://chainchaser.jp/

基本的な使い方

  1. MetaMask 等のウォレットアドレスを入力します。
  2. 「取引を集計」ボタンをクリックします。
  3. 2021年1月1日-2021年12月31日 の取引が表示されます。
  4. 必要に応じて、チェーンの絞り込みや、原価の入力を行います。
  5. 右上に NTF, 暗号通貨それぞれの売却益が表示されます。
  6. ご自身の職業, 収入に合った税区分の税率を売却益にかけると、2021年度の NFT 取引に関連する税金がわかります。

補足

  • 現在の対応チェーンは Ethereum, Polygon, Rinkeby, Mumbai のみです。
  • 現在は2021年1月1日〜2021年12月31日のデータのみが対象です。
  • NFT 購入時に発生する暗号通貨の売却益の計算のために、その暗号通貨の取得価格を入力する必要があります。入力方法にはトランザクションごとに入力する「個別入力」と、「一括入力」の2種類があります。
  • NFT 原価欄には2021年度に同じトークンアドレス、トークンIDの購入履歴が存在した場合、その金額が入力されており、存在しなかった場合は0円が入力されています。必要に応じて修正してください。
  • NFT 取引に関する税についてはこちらの記事にまとめています。あくまで素人の見解ですが、合わせてご利用ください。
    https://note.com/k_viledge/n/n11876addf0e6
  • PCでの利用を想定しているため、スマートフォンからアクセスした場合、表示が大きく崩れます。

使用上の注意

  • 暗号通貨と日本円の換算には Bitfinex の日次のデータを使用しています。日によっては日本円に対する暗号通貨の値動きが大きく、ChainChaser(以下、本ツール)で表示される換算価格と実際の換算価格に大きな乖離が発生することがあります。
  • 本ツールの動作は OpenSea と Rinkeby ネットワークを使用し確認を行なっておりますが、全てのケースについてテストを完全に網羅できているわけではございません。したがって、潜在的なバグを含んでいる可能性がありますので、計算結果はあくまで参考値としてご利用ください。おかしな挙動をした場合は、お問い合わせフォームからその内容をお送りいただけると幸いです。
  • 本ツールはアルファ版であり動作が不安定になることがあります。また、事前に予告なくサービスを停止することがあります。
  • 本ツールを利用したことにより損害などが発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。

今後の展開予定

少しでも反響があれば、継続的に開発を進める予定です。現時点では下記の機能を検討しています。

表示コンテンツの拡充
・他チェーンへの対応
・2022年以降の取引履歴にも対応
NFT アートの画像や、GAS 代、NFT の名前など、詳細情報の拡充
・日時から毎時、毎分のレートのデータを使用することで、暗号通貨と日本円の換算をより正確な値に

ユーザー入力データの保存
・ユーザー登録可能に
・ユーザー入力データを保存できるように

他サービスとの連携
・国内取引所の暗号通貨取引履歴のインポートして統合的に計算可能に
・様々な形式で本サービスの集計データを出力可能に

堅牢なシステムに
・せっかく作るなら 3/15 に間に合わせたいなという気持ちがあり、かなり突貫工事をしたため、堅牢なシステムにリプレイスします

その他に機能のご要望があればぜひお問い合わせフォームからお知らせください。

2021年度確定申告の期日まであと10日ですが、まだ準備ができていない方は今から急いで行いましょう!本ツールが多少なりともお役に立てば幸いです。

転載元:https://note.com/k_viledge/n/nec6190b5b82a

作者:https://twitter.com/T90125935

※本記事は、作者様に許可を取り転載しております。