中国発SF短編小説『流浪地球』のNFTを「Rakuten NFT Art Gallery」にて発売決定

- 海外作品初のNFTとして、作品を象徴する名シーンをイメージしたイラストNFTを販売 -

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、「Rakuten NFT」が、中国発のSF短編小説『流浪地球』のNFTを、オリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」にて、9月7日(水)17:00より発売することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」は、中国発のSF短編小説『流浪地球』のNFTを、オリジナルNFTアート作品を集めた「Rakuten NFT Art Gallery」にて、9月7日(水)17:00より発売することを決定しました。

 「Rakuten NFT」は、スポーツや、音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービスです。このたび、世界中で人気を博した中国発SF小説『三体』の著者である劉 慈欣氏による短編集『流浪地球』の邦訳版発売を記念し、海外作品初のNFTとして、作品の名シーンをイメージしたイラストNFTを「Rakuten NFT Art Gallery」第2弾として販売します。イラストを手掛けたのは、宇宙空間をイメージした作品で知られる中国の若手クリエイターの陳 濱氏です。決済には楽天IDを使用でき、「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることが可能です。購入したNFTは、「Rakuten NFT」のマイページにコレクションすることができ、さらにマーケットプレイスに出品し、販売することもできます。

 販売するパックは、短編集の表題作である短編小説『流浪地球』を象徴する名シーンをイメージして描かれたイラストのモーメント(注)が入ったパック全7種です。それぞれのイラストは、クリエイターの陳 濱氏が手掛ける作品の特徴である、多様なタッチによるアートスタイルと色彩を用いて描かれています。また、パックを購入したユーザー向けの特典として、抽選で劉 慈欣氏の直筆サインが施された短編集『流浪地球』(邦訳版)が入手できるキャンペーンの実施を予定しています。詳細は販売ページにてお知らせします。今後、本作品をはじめ、海外のIPホルダーが保有するNFTの発行およびグローバルを含むマーケットへの展開の推進を目指します。

 なお、「Rakuten NFT Art Gallery」第3弾として、映画『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌『世界のつづき/Ado』のミュージックビデオに登場するイラスト等、様々な作品を世に送り出しているイラストレーター・すとレ氏と、音楽ユニットYOASOBIのミュージックビデオ『優しい彗星』を担当したアニメーション作家・門脇 康平氏によるデジタルNFTアート作品を9月29日(木)17:00より販売予定です。最新情報は、「Rakuten NFT」公式Twitter(https://twitter.com/RakutenNFT)より随時発信します。

 「Rakuten NFT」は、今後も魅力的で新しいエンターテインメント体験の提供とサービスの利便性向上を図り、幅広いユーザーに向けて満足度の高いサービス提供を実現してまいります。

(注)画像や動画など、各NFTコンテンツを指す呼称


■「Rakuten NFT Art Gallery」第2弾 『流浪地球』NFT販売概要
概要: 中国発のSF短編集『流浪地球』の表題作『流浪地球』の象徴的な名シーンをイメージして描かれたイラストのモーメントが入ったパック全7種を販売
販売単位: 1パック(パック内容: 1モーメント)
販売パック内容・価格およびパック数:
・「劉慈欣SF・流浪地球・地球と木星の会合点」
・「劉慈欣SF・流浪地球・地下都市」
・「劉慈欣SF・流浪地球・旅立つ」
・「劉慈欣SF・流浪地球・木星から逃れる」
・「劉慈欣SF・流浪地球・日の出を見た」
・「劉慈欣SF・流浪地球・巨大な隻眼」
6種/各30,000円(税込)・各12パック(計72パック)
※各パック内のイラストには、陳 濱氏のサインが施されています。

・「劉慈欣SF・流浪地球・巨大な隻眼(特殊版)」1種/100,000円(税込)・1パック
※パック内のイラストには、陳 濱氏と劉 慈欣氏のサインが施されています。

販売ページ: https://artgallery.nft.rakuten.co.jp/
※商品は9月7日(水)17:00より確認できます。


■『流浪地球』について
世界累計発行部数2900万部の『三体』、中国SF作家・劉 慈欣の短編集。
「流浪地球」、「ミクロ紀元」、「呑食者」、「呪い5・0」、「中国太陽」、「山」が含まれる。
表題作『流浪地球』のあらすじ: 太陽内部の水素がヘリウムに転換する速度が、突然加速したのを発見した。人類は太陽系で生き続けることはできない。唯一の道は、別の星系に移住すること。連合政府は地球エンジンを構築し、地球を太陽系から脱出させる計画を立案、実行に移す。こうして、悠久の旅が始まった。それがどんな結末を迎えるのか、誰にも知る由もなかった。

2019年に『流浪地球』の実写映画(邦題は『流転の地球』)が公開され、中国映画史上初のSFブロックバスター映画となった。中国国内の興行収入は46億人民元を超え、歴代興行収入上位となった。


■「Rakuten NFT」概要
・ユーザー向け/スポーツやエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイス
・IPホルダー向け/ワンストップでNFTの発行、および販売サイトを構築することのできる独自のプラットフォーム
公式HP: https://nft.rakuten.co.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/RakutenNFT
事業に関する問い合わせ先: rakuten-nft-pr@mail.rakuten.com

企業情報

企業名楽天グループ株式会社
代表者名三木谷浩史
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!