NFTアートのバーチャル展覧会第2弾は写真家・吉村和敏さんの『錦鯉ーNishikigoi』

「oncyber」「OpenSea」での展示・販売をロイヤリティバンクがサポート

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社ロイヤリティバンクが、「バーチャル展覧会」で写真家・吉村和敏さんのデジタルアート『錦鯉ーNishikigoi』を展示・販売することをお知らせいたします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社ロイヤリティバンク(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木隆一)は、コロナ禍の影響によりリアルな展覧会が激減している中、アート作品の鑑賞・購入を活性化するプロジェクト「バーチャル展覧会」を展開しています。
バーチャル展覧会の第2弾は、写真家・吉村和敏さんのデジタルアート『錦鯉ーNishikigoi』。海外のNFTアート鑑賞サイト「oncyber」で展示、NFTアート販売No.1サイト「OpenSea」で販売します。今回販売するのは『錦鯉ーNishikigoi』7作品となり、決済はすべて暗号資産Eth(イーサ)で行います。

吉村和敏さんの特設ページ:https://m4web3.com/kazutoshi-yoshimura/
oncyber:https://oncyber.io/kazyoshimura
OpenSea:https://opensea.io/collection/sense-of-japan

『錦鯉ーNishikigoi』

 日本の風景『錦鯉―Nishikigoi』の写真を暗号資産Eth(イーサ)で販売
写真家・吉村和敏さんは、20代の頃に行ったカナダでの暮らしをきっかけに写真家としてデビューしました。現在は、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、風景、人物、構造物、ドキュメンタリーをテーマに、意欲的な撮影活動を行っています。中でも、8×10や4×5の大型フィルムカメラを使って、日本の風景をユニークな視点で切り取った作品の人気が高く、定期的に開催している個展で作品の販売も行われてきました。
『Nishikigoi』は、日本文化の象徴とも言える「錦鯉」がテーマになります。全国各地の庭園や水路で泳ぐ色鮮やかな鯉の姿を叙情的にとらえ、また、新潟や広島にある錦鯉の養鯉場では、ハウジングに入れたデジタルカメラを使って、絵画を彷彿とさせるユニークな錦鯉の作品を生み出すことに成功しています。
今回の販売では特に海外での注目度が高い、日本の伝統色とも言える色鮮やかな「錦鯉」の写真データを、あえて海外サイトである「oncyber」で展示、「OpenSea」で販売します。これは日本の優れたアート作品を広く海外にも紹介していくためです。また、決済は日本円で行わず、暗号資産のEth(イーサ)で行うことで世界的には敷居の低いものとなります。今回販売するのは錦鯉Nishikigoi04~錦鯉Nishikigoi10の7点です。

吉村和敏さんのプロフィール
1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビュー。東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、自ら決めたテーマを長い年月にわたって丹念に取材し、作品集として発表し続けている。光や影や風を繊細に捉えた風景作品、地元の人の息づかいや感情が伝わってくる人物写真は人気が高く、全国各地で開催されている個展には、多くのファンが足を運ぶ。近年は雑誌の連載やエッセイ集の出版など、文章による表現の幅も広げている。
・2003年カナダメディア賞大賞受賞
・2007年日本写真協会新人賞受賞
・2015年東川賞特別作家賞受賞

【販売の詳細】
■NFTデジタルアート展示場 バーチャルギャラリー「oncyber」 
展示内容:バーチャル空間でのNFTデジタルアート展示
展示作品:20点
URL:https://oncyber.io/kazyoshimura
※販売サイト「OpenSea」 へ移動いたします。
※「oncyber」での操作方法
矢印キーとマウス操作で移動、作品の前で「E」のキーを押すと、OpenSeaへの画面が表示されます。「Esc」キーを押すと仮想空間表示が終了します。

■NFTデジタル・アート販売所「OpenSea」
展示内容:バーチャル空間でのNFTデジタルアート販売
販売作品:錦鯉Nishikigoi04~錦鯉Nishikigoi10(それ以外の展示もございます)
URL:https://opensea.io/collection/sense-of-japan
決済:暗号資産Eth(イーサ)
販売価格:0.05Eth(イーサ)

※入場料無料、展示料無料の国内向けのオンライン美術館「バーチャル・ミュージアム」で写真パネルの展示・販売も予定しています。
詳細は https://twitter.com/RoyaltyBankJP にて随時発信します。

【会社概要】
会社名:株式会社ロイヤリティバンク
所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-5-4 加藤ビル2階
代表者:佐々木隆一
設 立:2021年1月18日
URL:https://royaltybank.co.jp事業内容:コンテンツの価値が正しく評価され、コンテンツ制作者や利用者がその価値を最大限に享受できる、web3.0時代の文化・エンタテインメント市場の在り方をデザインし、アーティストとファン&投資家のコミュニティを創造します。

株式会社ロイヤリティバンクのロゴ

企業情報

企業名株式会社ロイヤリティバンク
代表者名佐々木隆一
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。