Ginco、Polygon Studiosとの開発パートナーシップを締結

豊富なブロックチェーンに対応したインフラで企業のPolygon活用を支援

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社Gincoが、Polygon Studiosとのパートナーシップを締結したことをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

より早く、より安全に、より高い費用対効果でブロックチェーンを活用できるクラウド型ブロックチェーンインフラを提供する株式会社Ginco(本社:東京都中央区、代表取締役:森川夢佑斗、以下当社)は、ブロックチェーンプロトコル「Polygon」の普及を推進するPolygon Studiosとのパートナーシップを締結いたしました。これにより、Polygon(MATIC)の通貨対応やPolygonブロックチェーンを用いたWeb3サービスの開発に取り組むお客様へのサポート体制を強化してまいります。

Ginco、Polygon Studiosとの開発パートナーシップを締結
  • 概要

当社は、企業がブロックチェーンをより早く、より安全に、より高い費用対効果で活用するためのクラウド型ブロックチェーンインフラを提供しております。

国内最多のブロックチェーンプロトコルに対応する当社のインフラは、多様化する企業のブロックチェーン活用ニーズにお応えしてまいりました。

そのなかで、Polygon(MATIC)の取り扱いを検討する事業者様や、NFT活用、Web3サービス開発に取り組むお客様から、Polygonブロックチェーンに関するご相談が増加しています。

これらのご相談に対するサポート体制を強化するため、Polygonブロックチェーンの普及促進に取り組む公式チームであるPolygon Studiosとのパートナーシップを締結いたします。

Polygon Studiosとのパートナーシップを通じ両社の知見共有と開発連携を図ることで、技術力のさらなる向上とインフラサービスの強化を実現し、Polygonブロックチェーンの利用を検討されるお客様へのサポートを充実してまいります。

  • パートナーシップの背景

Polygonブロックチェーンはスケーラビリティの向上や手数料の低廉化を実現したイーサリアムブロックチェーンのレイヤー2ソリューションです。

イーサリアムブロックチェーンとの互換性を有し高い信頼性を持ちながら、低い手数料で多数の取引を処理することができることから、Web3サービス開発やNFT活用でも多数利用されており、Polygon(MATIC)の暗号資産としてのニーズも高まりを見せています。

当社でも楽曲作品NFTマーケットプレイスの「.mura(ドットミューラ)」をはじめとする様々なユースケースにおいて、Polygonを活用したサービスを開発してまいりました。

これらの開発実績と当社のインフラの信頼性・利便性について、Polygonブロックチェーンの普及促進に取り組むPolygon Studiosから高く評価され、今回のパートナーシップを締結するに至りました。

  • 株式会社Ginco 採用情報

Gincoは「経済のめぐりを変えていく」というビジョンのもとで、価値ある情報の流通を円滑化するブロックチェーン技術の社会実装に取り組んでおります。

提供するクラウド型ブロックチェーンインフラのシェア及び活用領域の拡大に伴い、エンジニアを始めとするあらゆる職種で採用活動を強化しています。

ブロックチェーンノードやウォレットといった、ブロックチェーンサービスに不可欠な領域に直接触れ、ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアを形成できるGincoでの働き方にご興味をお持ちの方は以下より、エントリーをお待ちしております。

https://herp.careers/v1/ginco

  • 株式会社Ginco 会社概要

所在地:〒104−0032  東京都中央区八丁堀三丁目27-4
代表者:森川夢佑斗
設 立:2017年12月21日
事業内容:クラウド型ブロックチェーンインフラおよび、同インフラを利用した各種エンタープライズサービスの開発・運営・提供
企業URL:https://ginco.co.jp/

企業情報

企業名株式会社Ginco
代表者名森川夢佑斗
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。