ISID、電通グループ2社などと、Web3ビジネス推進するグループ「web3 club」を発足

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社電通国際情報サービスと、株式会社電通、株式会社セプテーニ・インキュベート、電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」が共同で、Web3領域における顧客企業のビジネスを統合的に支援するグループ横断組織「web3 club(ウェブスリークラブ)」を本日発足したことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)と、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)、株式会社セプテーニ・インキュベート(本社:東京都新宿区、社長:松田 忠洋)、電通ジャパンネットワーク※1傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」は共同で、Web3領域における顧客企業のビジネスを統合的に支援するグループ横断組織「web3 club(ウェブスリークラブ)」を本日発足しました。
顧客企業が持つアニメやスポーツなどのIP(Intellectual Property:知的財産)活用および新規IP開発などのNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)施策やWeb3関連ソリューションの開発・提供を通じ、顧客企業の事業成長を支援すると共に、Web3がもたらす新しい経済の形成にも貢献していきます。

Web3とは、現在のWeb2時代の次の世代のインターネットと呼ばれ、その大きな特徴の一つがブロックチェーン技術の活用です。中でも、ブロックチェーン技術を基盤とするNFT、暗号資産などへの注目は急速に高まり続け、2030年にはWeb3の市場は815億米ドル(約11兆円)を超える規模※2になると予測されています。Web3は応用範囲が広く、分散型自律組織(DAO)、分散型アイデンティティ(DID)、分散型金融(DeFi)、分散型アプリケーション(dApps)など、既に幅広い領域で市場が形成され始めています。しかしながら、このように注目が高まる一方で、Web3領域のビジネスに新規参入を図る事業者には、テクノロジーへの理解、法的対応や税務・財務上の取り扱い、商習慣や文化の違いなど、対処する分野が多岐にわたる点がハードルとなるケースが多く見受けられます。

今回発足した「web3 club」は、ビジネスデザイナー、クリエイター、コンテンツディレクター、データサイエンティスト、エンジニア、法務や税務などのプロフェッショナルが結集し、Web3領域の広範な課題解決を支援するとともに、Web3領域のビジネスに新規参入を図る顧客企業やパートナー企業の事業成長を支援します。また、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network(アスターネットワーク)を開発するStake Technologies(ステイクテクノロジーズ)Pte. Ltd.のCEO渡辺 創太氏らをアドバイザーに迎えるほか、Astar Japan Lab※3といったWeb3の研究を行う外部団体にも参画するなど産官学連携を通した研究活動を推進することにより、「web3 club」の取り組みを加速していきます。

 ISIDは、金融、教育、農業等の分野におけるブロックチェーン技術の活用研究やソリューション開発で培った知見と技術、スタートアップ企業等とのパートナーネットワークを生かし、今後大きな期待が寄せられるWeb3市場の発展と顧客企業の事業成長に貢献していきます。

※1 電通ジャパンネットワーク:「電通ジャパンネットワーク(DJN)」は、純粋持株会社(株式会社 電通グループ)の社内カンパニーであり、国内に展開する事業会社約160社を統括・支援しています。またDJNは、それらグループ会社で構成されるネットワークそのものを指します。なお、当リリースにおけるDJNは、前者を意味します。詳細は公式WEBサイト(https://www.japan.dentsu.com/jp/)をご覧ください。
※2 出典: “Web 3.0 Market Size, Share, Trends, By Type, Blockchain Type (Public, Private, Hybrid, and Others), By Organization Size (Small and Medium-Sized Enterprises, Large Enterprises), By Application, By Vertical, and By Region Forecast to 2030,” Emergen Research, May 2022(参考:https://www.emergenresearch.com/industry-report/web-3-market
※3 Astar Japan Lab:ブロックチェーン(Astar Network)を利用したサービス開発やビジネス創出に関わる事業者が、Web3の調査、研究、知見の集約などを行うことを目的に設立されたコンソーシアムです。

  • 電通国際情報サービス(ISID)について

ISIDは、「HUMANOLOGY for the future~人とテクノロジーで、その先をつくる。~」をビジョンに、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支援しています。金融、製造、ビジネスソリューション、コミュニケーションITの4領域で培ったソリューションの提供に加え、テクノロジーや業界、企業、地域の枠を超えた「X Innovation(クロスイノベーション)」を推進し、顧客、生活者、社会の進化と共存に寄与するソリューションを生み出し続けます。詳細は、公式WEBサイト(https://www.isid.co.jp/)をご覧ください。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

企業情報

企業名株式会社電通国際情報サービス
代表者名名和亮一
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。