ネットマーブルのブロックチェーン専門子会社「MARBLEX」、新たなパートナーシップ締結と投資によりブロックチェーンエコシステム「MBX」のさらなる強化へ

この記事では、ネットマーブルジャパン株式会社が、ブロックチェーン専門子会社のMARBLEXが新たなパートナーシップの締結と投資を実施したことをお知らせいたします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 ネットマーブルは、ブロックチェーン専門子会社であるMARBLEXが、新たなパートナーシップの締結と投資を実施したことをお知らせいたします。

ネットマーブルのブロックチェーン専門子会社「MARBLEX」、新たなパートナーシップ締結と投資によりブロックチェーンエコシステム「MBX」のさらなる強化へ

 MARBLEXは、今回のパートナーシップと投資を通じて、急速に変化するDeFi市場に対応した独自のブロックチェーン通貨「MBX」を強化することを目指します。

 MARBLEXは、「Wavebridge」(https://wavebridge.com/en)と戦略的覚書(MOU)を締結しました。「Wavebridge」は、量子アルゴリズムを活用した金融投資市場の自動化におけるFinTechのスタートアップ企業です。主要取引所からデータを収集し、デジタル最適化と地域標準のデジタル資産指標を作成する「Wavebridge Index」を提供しています。

 MARBLEXは、「Wavebridge」が得意とするITや量子技術と連携し、ブロックチェーン・アセットマネジメント能力を高める機会を探っていきます。

 また、MARBLEXは競争力のあるブロックチェーンコンテンツ開発者と提携することによるMBXエコシステム全体の充実を目標に、ブロックチェーンゲームプラットフォームの「Epic League」(https://www.epicleague.io/)への投資を行いました。
 オンラインRPGに特化したプラットフォームである「Epic League」は、ゲームプレイヤーやユーザーコミュニティ、ギルドなどのエコシステム参加者を、NFTマーケットプレイスやDeFiなどのブロックチェーンサービスに繋げる予定です。今年後半にリリースを計画している『DARK THRONE』と『SPACE MONSTERS』の2つのRPGをサービスする予定です。

 ネットマーブルは、『A3: Still Alive スティルアライブ』と『二ノ国:Cross Worlds』(グローバル版)への導入に続き、『モンスターアリーナ』や『ゲットリッチ:Meta World』など、独自のブロックチェーン技術を導入したゲームを順次リリースしていく予定です。

 MBXトークンは、MARBLEXが立ち上げたクレイトン(Klaytn)のメインネットをベースにしたブロックチェーンエコシステム「MBX」のユーティリティトークンであり、ステーキングやガバナンスなど、ユーザーの参加と合理的な報酬とが好循環するエコシステムを構築するのに活用されています。
 また、MBXトークンは現在、Huobi、Bitrue、Bithumb、Indodax、MEXCなど多くのグローバル暗号資産取引所に上場しており、世界中のファンが利用しています。

 MBXに関する詳細な情報は、公式サイトや公式テレグラム、公式SNSチャンネルにてご確認ください。

・「MBX」公式サイト
 https://www.marblex.io/ja
・「MBX」公式テレグラム
 https://t.me/MARBLEX_official_JP
・「MBX」公式Medium(英語)
 https://marblex.medium.com
・「MBX」公式Twitter(英語)
 https://twitter.com/MARBLEXofficial
・「MBX」公式Facebook(英語)
 https://www.facebook.com/MARBLEXplayground

◆「MARBLEX Wallet」アプリダウンロード
・App Store
 https://apps.apple.com/jp/app/id1611500182
・Google Play
 https://play.google.com/store/apps/details?id=io.marblex.wallet

◆MARBLEXについて◆
 MARBLEXは、ネットマーブルのブロックチェーン子会社で、ゲーム業界のベテランやブロックチェーン技術の専門家など、世界中から集まった6,000人以上の従業員を抱える企業です。最高品質のブロックチェーンゲームをAAAタイトルとして市場に投入することを目標に、ゲームをベースとしたブロックチェーンサービスを展開しています。
 MARBLEXは、暗号資産ウォレット、DEX(分散型取引所)、トークンステーキング、NFTマーケットプレイスなどのサービスを展開することで、ユーザーに最適なブロックチェーンベースのゲーム体験を提供しています。
 また、独自トークンの「MBX」は、暗号資産取引所のBithumb、Bitrue、Indodax、MEXC、Huobiに正式に上場しており、世界的なプレゼンスを高めています。

◆Netmarble Corp.(ネットマーブル)について◆
 2000年に韓国で設立されたネットマーブルは、『セブンナイツ2』、『二ノ国:Cross Worlds』、『マーベル・フューチャーレボリューション』、『リネージュ2 レボリューション』、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』、『ブレイドアンドソウル レボリューション』、『マーベル・フューチャーファイト』などの革新的な作品で、モバイルゲーム体験の限界を押し広げているトップデベロッパー兼パブリッシャーです。
 KabamとSpinX Gamesの親会社であり、Jam CityとHYBE(旧Big Hit Entertainment)の主要株主であるネットマーブルは、その強力なフランチャイズと世界中のIPホルダーとのコラボレーションに基づいた様々なモバイルゲームで、世界中の観客を楽しませることに努めています。詳細については、 https://company.netmarble.com/en をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 https://www.netmarble.co.jp をご覧ください。

情報の掲載及び画像掲載の際は、下記のコピーライトの表示をお願いいたします。
© Netmarble Corp. © MARBLEX Corp. 2022 All Rights Reserved.

記載されている会社名・製品及びサービス名は、各社の商標または登録商標です。

企業情報

企業名ネットマーブルジャパン株式会社
代表者名朴 宰勲
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。