渋谷にやってきた「ふわふわ生物」

【渋谷駅構内】NFT広告プロジェクト

ずらりと「NFTアイコン」が迎えてくれます

先日、渋谷駅地下にある「NFT広告」を現地でチェックしてきました。広い壁面に100点の NFT アイコンがびっしりと並ぶ、壮観な空間です。

応募者841名中、100人だけが掲載権を勝ち取った日本初のプロジェクトを、じっくりと堪能できました。

(※掲載期間2022年5月29日(日)まで)

残念ながら落選でした…

私も応募者としてプロジェクトに参加しましたが、残念ながら落選でした。

この広告プロジェクトは、新しい「NFTマーケットプレイス」である OWNERS による企画となっています。

「制作したNFT作品」や「保有しているNFT作品」の露出機会の提供を実現する一環として、今年の3月に公募が行われたとのことです。

PRTIMES 渋谷駅構内に日本初の参加型NFT広告が掲載開始されます!

敗因→「アイコンNFT」という条件を見落としていた

自分なりに落選の原因を分析してみました。もちろん、あらゆる要因が考えられますが、1点だけ致命的なミスがありました。

立ち絵からアイコンへの変遷

今回のプロジェクトは、アイコン仕様のNFTが応募対象となっていましたが、そこを認識しないまま、勢いで応募してしまったのです。

なんと、送った作品は「5等身くらいのキャラ」の全身像です。しかもファイルの比率も「縦長の画像」という、SNSアイコンとはかけ離れたものでした。

そもそも、世の中では「NFT=概ねアイコン仕様」というトレンドが存在することにすら無頓着だったのです。

あのイケハヤ氏も、現在のNFTアーティストを「アイコン職人」と呼んでいます。

Ikehaya-nft.eth「NFTを売りたい」クリエイターに伝えたいこと。

コレクションを「アイコン(PFP)仕様」へ急遽改良!

コレクション「Yokai Metropolis」より

落選したものの、今回の応募では多くを学べたので参加意義は大いにありました。早速、自分のコレクションを「アイコン仕様」に統一すべく、大幅改良を施しました。

突貫工事でしたが、ひとまず「アイコン職人」路線へと一気にシフトできた自負しています。

ちなみに「SNSアイコン」は、英語ではPFP (Profile Picture)と呼ぶのが主流のようです。

個人的にアイコンという呼び名に少し違和感があり、使うのを控えていましたが、やはり和製英語だったようです。

PFPを「Picture for proof」の略称とする場合もあり、ややこしいですが、日本における「アイコン」が英語では通じないかもしれないので注意しましょう。

今後もトレンドの動向に合わせつつ、日本から世界へ、NFTを発信していきたいと思います!