Web3人材はここで見つかる!NFT・メタバース領域の人材が見つかるサービス 4選

NFT・メタバース領域の人材が見つかるサービス 4選

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)

引用:メタバース領域のスキル出品を開始

ランサーズとは、仕事を依頼したいと企業と、仕事の受注を受けたいワーカーをマッチングさせることのできる、クラウドソーシングサイトです。全国35万社以上の大手企業も利用しており、国内最大級のクラウドソーシングサービスとなっています。

個人のスキルに基づいた商品が作れる「パッケージ方式」において、メタバース領域のスキル出品がスタートしました。VRやNFT、ブロックチェーン、3Dデザイン等、メタバースに関連する特集ページが公開が可能です。

■Lancers「パッケージ方式」について

ビジネススキルカテゴリは国内最大級の350種類以上

ビジネス利用で選択しやすく、マッチングの精度向上のため、350種類以上のスキルに細分化しています。ShopifyやWordPressなどをはじめとした、中小企業のDX化ニーズに対応したカテゴリーがあり、要件定義済みの商品のため、何をいくらまで頼めるのかが明確です。また、出品商品には画像だけではなく動画や音声などの設定が可能なため、動画制作やナレーションといった商品の魅力を表現しやすくなっています。

▼公式HPはこちらから
https://www.lancers.jp/

▼プレスリリースはこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000010407.html

MetaWorks(メタワークス)

MetaWorks(メタワークス)

引用:メタバース・NFT特化型のクラウドソーシングプラットフォーム”MetaWorks(メタワークス)”を8/1に公開予定

MetaWorks(メタワークス)は、メタバースやNFTに関わるクリエイティブ制作のプロが集うプラットフォームです。

メタバース開発を行いたいがスキルやノウハウがないクライアントはMetaWorksに集うクリエイターに仕事を依頼することで簡単にメタバース関連のクリエイティブ制作が行えます。

対応案件についても、アバター制作・メタバース開発・VR制作・NFTアート・3Dモデリング・メタバース内でのアルバイトなど幅広く対応可能なサービスとなっています。

本サービスは、2022年8月1日に公開予定となっています。

▼公式HPはこちらから
https://meta-works-app.com/

▼プレスリリースはこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000103429.html

CREATORS ASSIST(クリエイターズアシスト)

CREATORS ASSIST(クリエイターズアシスト)

引用:プロジェクトとピッタリなクリエイターに依頼し放題。クリエイティブ人材をマッチング度に沿って表示するSaaS型クリエイターマッチングシステム「CREATORS ASSIST」β版の事前登録受付を開始

「CREATORS ASSIST(クリエイターズアシスト)」は、映像制作、アニメーション制作、MV制作、イラスト制作、漫画制作、各種デザインなどの制作が可能なクリエイティブ人材をお探しの企業・チーム向けに、依頼者の創りたいクリエイティブイメージとマッチング率の高いクリエイターを精査・依頼・管理できるSaaS型クリエイターマッチングシステムです。

β版の事前登録受付を2022年5月12日より開始しており、サービスのβ版リリースは2022年夏〜秋頃を予定しております。

CREATORS ASSISTβ版法人向け事前登録申し込みフォーム:https://creatorsassist.nokid.jp/

▼公式HPはこちらから(※7月3日時点)
https://creatorsassist.nokid.jp/

▼プレスリリースの詳細はこちらからhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000101119.html

Citrus App

Citrus App

引用:合同会社Citrus AppはWeb3.0に特化したエンジニアマッチングサービスの開発を開始。それに先駆けWeb3.0オウンドメディア「Three Web」をリリース。

合同会社Citrus Appは、日本のWeb3.0業界の市場価値を高めることに貢献するWeb3.0に特化したエンジニアマッチングサービスを立ち上げ予定です。

今後一層増加すると予想されるWeb3.0関連のサービス。現在は金融や不動産やゲーム関連を中心に需要が伸びていますが、今後あらゆる分野に広がっていくことが想定されます。

そんな中、ブロックチェーン、NFT、スマートコントラクトなどの技術を支えるエンジニアの存在が不可欠になります。

現在は開発中となっており7月中にはベータ版がリリース予定です。

▼プレスリリースはこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000098108.html