<strong>東京大学が「メタバース工学部」設立を発表</strong>

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、東京大学が「メタバース工学部」の設立を発表したことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

最近、Web3の盛り上がりと主にメタバースの需要が上がってきています。メタバースの需要が高まっていますが、それを学ぶ場の提供はまだまだ少なく、追いついていないように感じます。

そんな中、東京大学は7月21日、学生に新しい学習スタイルを提供するため、「メタバース工学部」の設立を発表しました。 

東京大学工学部サイト:
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/press/pr2022-07-21-001

メタバース工学部が提供する3つの教育プログラム

今回発表された「メタバース工学部」には、先端テクノロジーを活用した新しいバーチャル学習空間を誰もが体験できるように、大学生、中学生、高校生、社会人といったあらゆる層向けに、さまざまなコースが存在します。

そしてメタバース工学部が提供するものには、「ジュニア工学教育プログラム」、「リスキリング工学教育プログラム」、「工学キャリア総合情報サイト」といった3つの教育プログラムが用意されています。 

1つ目の「ジュニア工学教育プログラム」は、主に中高生とその保護者を対象としています。 

メタバース空間と対面の両方の授業が行われるハイブリッドシステムが利用されます。

このコースの目的は、学部および大学院の工学研究で学生を教育し、製品開発における実践的なスキルを身に付けることです。

2つ目の「リスキリング工学教育プログラム」は、社会人と学生を対象としています。 

工学の新しいキャリアのための学び直しを支援することが目的とされており、このプログラムは2022年の後期より開始されます。

3つ目は「工学キャリア総合情報サイト」です。

それぞれのプログラムはすべての人を対象としていますが、日本における工学や情報科学の専門科目プログラムの大半には主に男性が受講している事実が存在します。

そこで女性目線となって、女性が工学キャリアに関心を抱くことを促すことに特に重点を置いて設計されたプログラムが「工学キャリア総合情報サイト」です。

全国から受講可能のプログラム

従来のオンライン授業と同様に、これらのプログラムは、東京大学キャンパス内だけではなく全国どこからでも登録すれば参加可能になっています。

最後に

日本初となるこの取り組みは、年齢や性別、住まい関係なく受講でき、このプログラムによってDX人材の育成が期待されます。

これがどれほど学生や社会人のこれからのキャリア構築に影響するのか、今後が楽しみです。


▼詳しくはこちらから